SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
L.A.M.A(ラマ)
0

    【タイトル】L.A.M.A(ラマ)

    【プレイ人数】2人〜6人

    【年齢】8歳〜

    【プレイ時間】20分

    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★★★★☆

    今回紹介しますゲームは、ライナークニツィアさんの【L.A.M.A(ラマ)】です。

    ゲームの目的は、ラマに命じられましたプレイヤーたちはマイナスポイントを無くすためにカードをプレイするか、マイナスポイントを獲得するのかにと毎手番、決断しながらゲーム終了時に誰よりも少ないマイナスポイント所持者になることを目指します。


    ゲームで使用しますのは、1〜6の数字カード、ラマカード、1ポイントチップと10ポイントチップです。

    カードは各8枚ずつで、チップは白が1枚1ポイント、黒が1枚10ポイントになっています。

    ゲームの準備としましては、すべてのカードをよく混ぜて各プレイヤーに6枚ずつ配ります。

    配られましたカードは手札となり、他のプレイヤーには見られないようにして下さい。

    配られなかったカードは山札になります。

    山札の一番上のカードをめくりまして、山札の横に表向きで置いておき、チップを用意しましたら、準備完了です。

    山札の横にありますカードは捨て札になります。

    ゲームの流れとしましては、ゲームは数ラウンド行います。

    スタートプレイヤーを決めましたら、スタートプレイヤーから手番を行っていきます。

    手番では

    「カードを1枚プレイする」

    「カードを1枚引く」

    「降りる」

    の中から、どれか1つを選んで行います。


    「カードを1枚プレイする」では、捨て札にあります一番上のカードの上に手札から1枚を選んでプレイすることができます。

    プレイの仕方は、一番上のカードと同じ数字か1つ上の数字のカードならプレイできます。

    ラマカードは、6の上か他のラマカードの上にプレイでき、ラマカードの上には、他のラマカードか1のカードをプレイすることができます。

    「カードを1枚引く」では、カードをプレイしない変わりに山札の一番上からカードを1枚引き、手札に加えます。

    山札にカードが無い場合には、このアクションはできません。

    「降りる」では、カードをプレイしたくない、できない場合、カードを引けない、引きたくない場合には降りることになります。

    降りましたら、手札のカードを伏せて置き、現在のラウンドが終了するまでは手番は飛ばされます。

    3つのうち1つのアクションを選んで行いましたら、手番は左隣のプレイヤーに移ります。


    ラウンドは、順番に手番を行っていき

    「誰か1人が手札を無くす」

    「1人を除いて、他プレイヤーが降りる」

    とラウンドは終了します。


    1人だけになりましたら、そのプレイヤーは山札からカードを1枚引くアクションは行えなくなり、カードをプレイするか降りるかしかできません。

    ラウンド終了時にプレイできなかったカードは、数字がそのままマイナスポイントになり、ラマは10ポイントマイナスです。

    数字はそのままマイナスポイントになりますが、同じ数字カードやラマカードは複数枚あっても1枚としますので、この場合にはマイナス6ポイント(画像左側)になります。

    マイナスポイントを確認して、チップを受け取ります。


    手札を無くすことができましたプレイヤーは、マイナスポイントチップを「1枚」選んで戻すことができます。

    1枚なので、どの色を返すといいかは分かりやすいですね。

    最後に誰かが40マイナスポイント以上になっていないかを確認します。

    40マイナスポイント以上になっているプレイヤーがいましたら、ゲームを終了しマイナスポイントが少ないプレイヤーの勝ちになります。

    まだ、40マイナスポイント以上になっているプレイヤーがいないなら、次のラウンドを楽しんで下さいね。

    次のラウンドのスタートプレイヤーは、前ラウンドで最後に手番を行いましたプレイヤーになります。


    ゲームのほうルールを読んだときには「うん。分かりやすいね。」で、プレイ感は淡々となるのかなぁって思っていましたが、遊んでみましたらそんなことはなく、手札を無くしたいけど無くせない。でも、ここで降りたらマイナスポイントが大きい。降りない選択をしてカードを引いたら、これまた苦しいことになったりにとする。

    人数によって、自分の手番までに捨て札の数字カードがどのくらいまで変化するかは予想できますが、予想通りになるわけでもなく「あれ、出してよ(つд;*)」ってなることも。

    手札を無くせばチップを1枚返せるのが、10マイナスポイントのチップでもよく、うまく降りてマイナスポイント溜めるのも悪くないのがいいね。

    カード枚数が各8枚なので、どれぐらい捨て札になったかも数えやすいですが、場合に寄っては気づいてはいけないことに気づくかも(;・∀・)

    ラウンド準備もすぐですし、2人〜6人と何人で遊んでも楽しめますゲームです。

    ゲームシステムって、改めて大事だなって思わせてくれたゲーム【L.A.M.A(ラマ)】

    是非、遊んでみて下さいね(* ̄∇ ̄)ノ

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    エレベータ前では、ぎゅうぎゅうWALK
    0
      6月2日(日) 17時〜19時半
      京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
      この日は、知り合いの方にお届け物とそのまま遊んでいきました。

      【CRyPTID】
      3人でプレイ。説明はすぐにできたけど、簡単ルールでヒントの数字を一つずれて見てしまって一周間違えてた(´;ω;`)
      すぐに修正して、いるかもにしました。
      そのあとに普通に当ててしまった・・・。

      続けて2回目。今度はキチンと間違えずにできた。
      一番はじめの質問でクリティカルな質問ができて、未確認生物に近づく。
      他の人の質問や探険からも「これはあそこでは・・・」となり、探険じゃ(*´∀`*)

      どうやら手柄は頂きのようだなヽ(´▽`)/
      また、久しぶりに難しいヒントで楽しみたいね。


      【エレベータ前で】
      3人でプレイ。3人だと1色抜いて遊びますので、カフェルールならぬ対消滅が少しだけ起こりにくい。
      1ラウンド目で初プレイのお二人が「これは分かりやすい。」ってなりながら「あ〜」ってなりながら、並ぶ難しさと楽しみを感じて「こうなったなら、こうする?」と割り込んで並び合いました。
      自分の色のカードを1〜4番目に並べたいけど、人物によって割り込み方が違い、それは自分が担当する以外にも適用されます。手番では手札2枚から1枚を選んで、どこかの列に並べる。
      それがラウンド終了時、ゲーム終了時まで続くまで、熱いエレベータ前での並び会いは続く(早く乗ろ(*´ω`*)?)


      3人やと長い行列もできたし、並び方次第ではこうなるんやなぁ。
      あとは4人プレイでも楽しんでみたいところです。


      【BOXWALK】(初プレイ)
      3人でプレイ。4色あります色のうち、どれか1色を秘密裏に担当します。
      カードを配置していき、ゲーム終了時に自分の担当した色のマスがたくさんをあるとよいのですが、最後には誰がどの色を担当していたかの投票もあり、それにより得点が減ったりしますので、バレないようにしないといけませんね。
      はじめに配られたカードを半分捨て札にするのはゲーム時間の短縮とかかな?



      【ぎゅうぎゅうゴースト】(初プレイ)
      紙コップを積み重ねていく。紙コップには、ゴーストが描かれており積み重ねるには下にあるコップの色がどちらか一緒じゃないといけません。
      崩さないようにぎゅうぎゅうしながら積み上げていく。積み上げる時に3個の中心に積み重ねたりとかはよかったのかな?
      ルールは積み重ねていくだけだけど、最後のマイナスポイントは手元に残ったゴーストも含む?
      崩した時のチャートが結構多いので、これでよいかな?ってなりながら遊んでました。
      協力モードもあるので、そちらでも遊んでみようかな。




      二時間程でしたが、一緒に遊んで頂きましてありがとうございました。
      また、よろしくお願いします。
      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      テイルズオブタルトミィキングダム賽翁
      0
        5月31日(金) 14時〜18時
        大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました。
        着いてからは、カウンター席で中深煎りを飲みながら、カサネオさんのイチゴカスタードクレープ(崩れて悲しみ)、ミロワールさんのアメリカンチェリーのレモンタルトを頂いていました。
        ゆっくりしながら、最近手に入りましたボードゲームのルールを読んだりしていました。



        ルールも読み終わりましてから、いくつかゲームを遊びました(・ω・)ノ
        【リスのタルトやさん】(初プレイ)
        リスは、木にあるイチゴやミカン、グレープ等を獲得してタルトを焼く。
        材料の獲得は、リスワーカーを配置して獲得。大きなリスは木にある材料を全て獲得できて、小さなリスはどれか1つだけを獲得できる。
        タルトの材料を獲得して、タルトを焼くのに必要な材料が揃ったり揃いそうなら、タルトにリスワーカーを配置して、焼き上げます。
        ゲームのほうは、誰かがタルトを3個焼き上げたら勝ちになります。


        ルールの説明書もひらがなで分かりやすくしてありましたし、大きなリス、小さなリスの違いを無くしたら4才からでも遊べるのも納得。
        何度がワーカープレイスメントを遊んだことがあるなら、3人〜4人で遊ぶのをオススメするかも。2人だと阻止するのが難しい。ワーカープレイスメントをはじめて遊ぶのに楽しみやすいゲームでした。


        【テイルズオブグローリー】(初プレイ)
        何人で遊んでも同じラウンドで終わりますゲーム。
        ゲームとしましては、1〜6に配置されていますタイルのどれが欲しいかを同時に宣言して、被らなかったらコストを支払ったりパラメーターで支払う(パラメーターは減らない)。獲得したタイルは即座に配置して、マークがあるタイルが繋がるとお金や得点が手に入ったり、鍵のマークが繋がるとタイルに描かれています宝箱を開封することができ、それにより能力アップやお金を獲得したりできます。


        タイルも矛盾なければ自由度も高く配置できまして、能力アップか得点の獲得か、マジョリティ狙いかにと悩ましい。
        欲しいタイルの宣言が同じタイルならファーストプレイヤーが有利になりますが、同じなら次ラウンドはファーストプレイヤーも移るので、公平になっています。

        人数が増えたら、宣言が被ることも多くなりますが必ずタイルは獲得できますし、よほどバラバラに配置していかない限りは接戦にはなりそうです。
        また、遊びたいなぁってなりましたタイル配置ゲームでした。


        【ロンデルラミィ】(初プレイ)
        リングにロンデルを取り付けていきましはロンデルラミィ。
        マンカラシステムが採用されており、欲しい色のロンデルが、他プレイヤーから場に出てきたりもします。
        線対象にするかレインボーにするかで完成となり、何色使用したかにより得点が違います。
        7個だと結構早く完成しましたので、今度は9個で遊んでみます。
        完成はボクはできてないので次こそは。・゜゜(ノД`)



        コンポーネントから興味引かれますのもよいゲーム(*´ω`*)


        【ハックスタック】
        こちらを初プレイの2人に遊んで頂いている間に別のゲームのルール確認。
        箱ver.と瓶ver.があるのですが、瓶ver.を気に入られていました。
        お互いに相手を先に動けなくしようとして、自分も厳しくなりながら遊ばれていました。
        最後は「あっ(´・ω・`)」となる決着でした。


        【カエルの王国】(初プレイ)
        3人で基本ルールで遊びました。
        カエルを配置するか広げるか。広げるか際には、相手のチップに重ねたりはできないが、王様カエルのチップなら広げる際に重ねていけます。
        ハスと王様チップや、重なっているチップにはさらに重ねたりはできません。
        全員がチップを配置したり重ねたりしていき、なにもできなくて全員がパスをしたらエリアマジョリティ争いによるエリア獲得勝負。3人だと覆面ルールが良さそうでした。
        2人だと、これはなかなか悩ましい気がするぞ。また、楽しんでみよ(*´ω`*)




        この日は夕方まででしたが、一緒に遊んで頂きましてありがとうございました。
        また、お会いしましたらよろしくお願いします(*´ω`*)
        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        ぶらりボドゲ旅東京編〜コロコロ堂〜
        0

          5月27日(月) 15時〜18時半

          東京都台東区上野にありますコロコロ堂さんに行ってきました。

          湯島駅6番出口から徒歩1分ぐらいで着きます。

          お店に到着した時に、偶然にも知り合いの方がいましてご一緒しました(* ̄∇ ̄)ノ

          2人ともはじめて来ましたので、店内の様子を色々と見ながら写真を撮る。

          テーブル席も間隔がしっかりとしていて通路になりそうなスペースも充分に確保されている。

          色合いとかも落ち着いていますし、店内が柔らかい雰囲気です。

          販売スペースもありまして、委託品等も販売されています。

          「コバコバコ」は、前回のゲームマーケットから販売されて名前通り、ボードゲームの小箱収納を手助けしてくれます。

          ボクも1つ使っていますが棚の整理に役立っています。縦置きにしたら、より収納できますよ。

          収納の際に高さも均一になるので見た目もよいですよ。

          他のボードゲーム棚もキレイに整理してありますよ。

          ホットサンドメニューも確認しまして、明太子チーズポテトを頂きます。

          ふわっとしていますサンドと、チーズの相性が悪いことがあるだろうか?いや、無い(*´∀`*)

          気づいたら美味しく食べ終わっていました。

          ドリンクはウーロン茶。

          ドリンクは、どこのお店も蓋付きストローを使用されているところが多いですね。

          フードとドリンクは、先に料金を支払ってから頂けますよ。



          落ち着いたところで、いくつかゲームのほうを楽しみました。

          【エレベータ前で】(初プレイ)

          2人でプレイ。エレベータには、あとの方に並びたい。

          自分が担当する色は2人だと2色になります。手番では、手札2枚のどちらか1枚を3列ありますエレベータのどこかに配置します。

          配置の際に、人物の関係性に寄って割り込めたり、後ろにしたりすることができます。

          配置しましたら、3つの山札から1つを選んで上から1枚を手札に加えます。その際に、自分が担当する色のカード以外でも構いません。

          ここまでしましたら、手番が移りまして同じように手番を行っていきます。

          途中で同じ列に、同じ人物が3人並びましたらカフェルールにより、列から消えますので並ぶ順番が変わります。対消滅みたいなものですね。

          対消滅させた人物は、3枚で1点〜2点になりますのでタイミングよく3枚目を配置したいですね。

          エレベータにより、得点になります枚数が違ったり人物によっては得点が倍になったりしますので、エレベータ前での並び方は最後まで割り込み、割り込まれて大接戦なのだ。

          アイコンも分かりやすく、2人で最後まで白熱のエレベータ前ででした(・ω・)ノ


          【ガブルレモネード】(初プレイ)

          ガブルがカードになってより遊びやすく、楽しくなってのガブルレモネード。

          ルールも、列には3枚まで配置できるが3枚目は伏せる。

          たまごは、たまごカードではなくランダムで3〜7のどれかになり、その数字がある列で負けたり、相手の怪獣の手と同じ列に配置をすると負けになります。

          他にも列で勝てばポイントが入り、同点でもお互いにポイントが獲得できます。

          先に4ポイント獲得しても勝ちになります。

          数字カードが0が3枚、1〜2は各2枚、3〜7は各1枚、特殊カードは3枚と覚えやすいので、表向きと裏向き(3枚目)の配置の仕方でブラフなのかたまごなのか等を考えながら楽しめました。


          【翡翠の商人】(初プレイ)

          4人でプレイ。こちらのゲームを始める前にご一緒していました方のお知り合いの方が来店されていまして合流。

          知り合いの方も知り合いも来られていてので、ボードゲーマーとの出会いとは突然である。

          少しお話をしてから、ルール説明を聞いてゲームスタート。

          こちらは競りゲームで、8枚ありますカードのうち「何枚欲しいか」を宣言していく競りです。

          自分の前のプレイヤーが宣言した枚数より少なく宣言しなくてはならず、一度宣言をパスすると誰かがカードを競り落として獲得しない限りは次の競りに参加できません。

          誰かがカードを獲得しましたら、山札からカードは補充されず、残りのカードを残りのプレイヤーで競りします。

          最後の1人は、残りましたカードを獲得します。

          場にカードが無くなりましたら次のラウンドになり、再びカードが8枚場に並びますよ。

          宣言が「○枚」以外に「○枚獲得して1枚戻す」があり、こちらは0.5扱いになります。

          最小は「1枚獲得して1枚戻す」なので、その競りはそこで終わります。

          カードごとにセットコレクション、枚数による得点、枚数争いによる得点、数字が得点、ある数字合計を超えなければ得点とあり、手札は公開により競りなので足元を見たり、厳しいラウンドもありましたね。

          宣言の仕方が初プレイとは思えない宣言で、二人で褒めましたら「関西に行こうかな(*≧∀≦*)」って言われていましたので、いつでもお待ちしています。

          悩ましいし、なんとか勝てたのですがこちらは均衡が崩れたら逆転が難しいプレイヤーが現れやすいかもとは感じました。


          ゲームが終わりましてからは、お話をしていましたらお店をあとにしないといけない時間になりましたので、まだまだ居たかったですけど、お店をあとにしました。

          ご一緒して頂きまして、ありがとうございました(*´∀`)

          また、お会いしましたらよろしくお願いします。


          お店のほうでは、イベント等されていますのでよかったら参加してみたり、お店に行ってみて下さい。

          落ち着いた雰囲気で、ボードゲームを楽しんで下さいね(* ̄∇ ̄)ノ



          【営業時間】

          平日   15時〜23時

          土日祝  10時〜23時


          【定休日】

          なし


          【住所】

          東京都台東区上野1-9-3 日向ビル1階

          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          ぶらりボドゲ旅東京編〜すごろくや神保町店〜
          0

            5月27日(月) 13時半〜14時

            東京都千代田区神田神保町にあります、すごろくや神保町店さんに行ってきました。

            ビルの7階にありますが、1階に分かりやすい目印がありますので、安心です。

            到着時には、ちょうどいろんなお客さんと入れ違いだったみたいで、店内は僕だけでした。

            写真の許可を頂きましたら「今なら撮りやすいですよ(* ̄∇ ̄)ノ」って、言って頂きましたので全体も撮りやすかったです。

            ボードゲームのコンポーネントが見やすく並べてありますとイメージしやすいですしです、はじめて見るゲームでもなにか伝わりやすいですよね。

            イベントのほうも、毎月されていますし8月3日には「すごろや祭」があるみたいなので、よかったら参加してみて下さいね(*´∇`*)

            こちらは、プレイスペースとかではなくゲームの説明用のテーブルとかですね。

            最後にボードゲームの購入前にレジ横にあります放課後さいころ倶楽部の描き下ろしイラスト色紙の写真も撮らせて頂き、ブログに載せる許可も頂きましたのでこちらです。

            もうすぐ、アニメも始まるから楽しみだなぁ。

            ボードゲームを1つ購入しまして、お店をあとにしました。

            こちらでも、写真等許可を頂きましてありがとうございました。また、遊びにいきます。

            皆さんも是非、お店に行ってみたり通販を利用したりしてみて下さいね。


            【営業時間】

            11時〜20時


            【定休日】

            水曜日、年末年始


            【住所】

            〒101-0051

            東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター7階

            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |