SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
現在、毎日0時更新なのでよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< ルール説明をしたら『もう、ワシから教えることはもうない・・・。』 | main | シープマッチ >>
クークック
0

    【タイトル】クークック
    【プレイ人数】2人
    【年齢】8歳〜
    【プレイ時間】約15分
    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

    今回紹介しますのは【クークック】です。こちらは2人用のゲームで、5色のコレクトカードを集めて手札として得点にすることを目指します。
    カードをたくさん集めて得点にできると得点が高いのですが、コレクトカードの他に感電カードがありますので引かないように気をつけて下さい。感電カードを引いてしまいますとカードを全部捨てないといけませんからね。
    各プレイヤーは、できるだけ感電カードを引かないように得点できるかな?

    ゲームで使用しますのはコレクトカード、感電カード、インフォカード、得点用紙です。
    コレクトカードは、紫のブラシだけ10枚であとの4色は11枚ずつあります。
    感電カードは5枚ですね。

    ゲームの準備としましては、コレクトカードと感電カードを裏向きでしっかりと混ぜてテーブル中央に置きます。
    得点用紙、インフォカードを用意できたら準備完了です。

    ゲームの流れとしましては、ジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましてゲームを開始します。
    手番になりましたらカードの山から1枚だけカードを引きます。引きましたカードは手札にして下さい。
    引いたら相手の手番になります。基本的にはカードを引いたりしてを繰り返します。

    カードは最高で20枚までは集められますが、手札が20枚になりましたら次の手番ではカードは引けず必ず得点計算をしなくてはいけません。

    得点計算なんですが、手札が4枚以下のときにはできません。手札が5枚以上のときには手番で『カードを1枚引く』か『得点計算を行う』のどちらかを選択できます。
    一回の手番で両方は行えませんので、気をつけて下さいね。

    得点計算は手札全部を自分の前に公開します。公開しましたら得点計算したい色を1色だけ宣言して下さい。
    公開したカードの全部の枚数に応じて得点が入ります。得点はインフォカードを参照して下さい。
    さらに宣言しました色のカードは1枚につき2点を得ます。得点用紙にインフォカードの参照点数と合計して宣言しました色の欄に得点を記入して下さい。


    公開しましたカードはすべて裏向きに捨て札にして下さい。
    次の手番からは再びカードを集めることになりますよ。
    得点計算の注意点としては、宣言する色のカードは1枚以上はないと宣言できません。また、一度得点計算しました色では再度宣言して得点計算ができませんので気をつけて下さいね。

    さて、感電カードですがこのカードを引きましたら、すぐに手札をすべて裏向きにして捨て札にします。
    手番も相手になりますので、感電カードを引かないように気をつけて下さいねヽ(´▽`)/


    お互いにカードを引いていきまして、山札が残り2枚になりましたら、すべての捨て札としっかりと混ぜて山札にします。そして、ゲームを再開して下さい。

    ゲームはどちらかのプレイヤーが、5色すべてで得点計算をしたら、すぐにゲーム終了になります。
    手札を残しているプレイヤーは、もう得点せずに手札はわきに置いておきます。

    すべての色の得点を合計する前に、お互いに得点計算をしました色では、相手より得点が高いなら10点のボーナスが得られます。
    得点が両者同じだったり、片方しか得点計算していない色はボーナスはありませんよ。
    5色の得点とボーナスの合計得点が多いプレイヤーが勝ちになりますよ(・ω・)ノ




    ゲームですることが、非常に分かりやすいゲーム。たまに連続して感電カードを引いたりして苦笑いになりますが、感電カードの牛が可愛そうなのでご愛嬌かな。
    高い得点を狙おうとして、ついついカードを引いてしまい感電してまいがちなのでこまめな得点化もしたいですが、欲というのは厄介なもので、このゲームの最大の敵は欲かもしれませんね。
    場所もあまり使いませんし、2人で気楽に遊ぶのによいゲームでおすすめですので、よろしければ是非遊んでみて下さいね。

    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |