SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。

よろしくお願いします(*´∀`)

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 6月18日(日) うら京都ボードゲーム会楽しんできました(*´∀`) | main | 喫茶ヒデさんでタイル、カレー、トイレ!! >>
七つの予言
0
    【タイトル】七つの予言
    【プレイ人数】3人〜4人
    【年齢】10歳〜
    【プレイ時間】45分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

    今回紹介しますのは、Bluete Spieleさんの【七つの予言】です。
    各プレイヤーは、未来を予知することができます(* ̄ー ̄)
    予知の仕方は人それぞれです。
    未来を予知できる各プレイヤーは、勝負に負けるわけがないと思っていたけど、なにやらまわりも予知ができる・・・?
    よろしい、ならば誰がホンモノの予言者かはっきりさせようか(`・ω・´)キリッ

    ゲームは、プレイ人数が3人なら3ラウンド。4人なら4ラウンド行います。
    ゲームで使用しますのは
    1〜13の数字カードが各1枚ずつの4色の52枚。
    裏面がオシャレ。数字カードもデザインがよい。



    予言カードが4枚。

    得点カードが2枚(裏表になってます。)

    キューブが4色で各8個の32個。
    ディスクが4色で各1個です。

    ラウンドの準備(4人プレイ時)
    すべての数字カードを裏向きでしっかりとシャッフルして下さい。シャッフルしてから表を見ないでカードを2枚抜いて下さい。抜いたカードは脇に置いたり、箱に戻すなりして今回のゲームでは使いません。
    残り50枚の数字カードを10枚ずつの5つの束にしまして、各プレイヤーはそのうちの1束を受け取ります。受け取りました束は、自分の手札として自分だけが確認して下さい。
    残りました1束は、未来カードとして使用します。

    各プレイヤーは、好きな色のキューブと同じ色のディスクを選んで受け取って下さい。
    予言カードと得点カードを画像のように並べて、未来カードとして使用しますカードを上から順番にめくりまして左から右に並べていきます。
    8個ありますキューブのうち1個は、得点カードの下に置いて下さい。
    未来カードは、左端のカードが1トリック目になりまして、右端は10トリック目になります。

    スタートプレイヤーを決めたら準備完了ですね。スタートプレイヤーは、最近未来が見えた人になりますね。

    まずは予言を行います。1位〜4位を何回とれるかを7個のキューブを使いまして予言します。
    予言は手元で行いまして、他人の予言を見ないように自分の予言もばらさないようにして下さい。
    全員が手元でキューブの振り分けが決まりましたら、全員予言を発表して下さい。
    キューブを対応する順位の予言カードの上に置きましょう。
    全員がキューブを配置したらトリックを開始します(・ω・)ノ

    トリックでは、スタートプレイヤーから時計回りに手札からカードを1枚選んで表向きで出します。
    カードを出すときには、未来カードと同じ色のカードが手札にあるなら必ず出して下さい。未来カードと同じ色のカードがないなら、好きな色のカードを出して構いません。

    全員がカードを出し終わりましたら、順位を決定します。

    未来カードと同じ色のカードを出してたプレイヤーがいたら、そのカードを出したプレイヤーの中で一番数字の大きいプレイヤーから1位〜と順位を決定します。未来カードと違う色なら未来カードと同じ色のカードより数字が大きくても順位は下になります。未来カード以外のカード同士は、数字が大きいカードから順位を決定します。同じ数字の場合には、後から出たカードのほうが順位が高くなりますね。
    この場合は、このような順位になりますね。

    順位をふまえて未来カードの下に順位通りにカードを配置して下さい。予言カードにあるキューブを予言通りにカードを配置できたら、カードの上にキューブを一つ置いて下さい。

    すでにキューブがない、もしくは予言していなかった順位のところに自分のカードが配置されたらキューブは置けません。


    予言の確認が終わりましたら、今回1位になったプレイヤーから次のトリックのスタートプレイヤーになります。
    これを繰り返しまして、七つの予言を成功させたプレイヤーが現れるか配られた10枚を出しきるかをしたらラウンドが終了して、得点計算を行います。

    七つの予言を成功させたプレイヤーは2点獲得します(・ω・)
    予言カードの上にキューブを残したまま終わったら、残してしまったキューブから1を引いた分の点数を失いますよ。
    予言カードの上にキューブを2つ置いたまま終わりましたら、1を引いて1点失点ですね。

    もし全員の手札がなくなってラウンドが終わりましたら、誰も得点できないみたいです。残してしまったキューブに応じて失点はします。
    得点に応じて、自分のキューブを得点カードの数字に配置して下さい。

    プレイ人数分、ラウンドを行いまして得点が高いプレイヤーが勝ちになりますよ(・ω・)

    ゲームは遊びやすいけど、点差はつきにくいかな。4ラウンドしても1回勝つだけで1位になれたりもするからなぁ。そこだけがう〜んかな。
    まぁ、未来が見える者同士の戦いやし、そんな未来も覆せ(・ω・)ノ
    七つの予言、是非遊んでみて下さいね(*´∀`*)


    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |