SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< シェルターに迫る脅威よりダイスの出目に恐怖した。 | main | 2択で悩んだ時点で、大概は外れる気がするんだ。 >>
誠意大将軍は誰だ!?
0
    2020年7月23日(木・(祝)) 13時〜20時
    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
    この日の自分の持ち込みは、こちらでした。


    【オツカイフクロウの苦労話】(初プレイ)
    3人専用の協力型トリックテイキングゲーム。
    9トリックして、獲得したミッションカードの得点合計に応じた評価があります。
    スートは3色で各3〜9の数字カードが1枚ずつと、2色カードが3枚(2色とも数字は2)扱い、3色カード2枚(3色とも数字は1扱い)の計27枚です。

    はじめに5枚ずつ配りましたら、残りは山札にします。
    ミッションカードを5枚捲りましたらゲーム開始。
    リードプレイヤーは、手札からカードを1枚選んで出す前に、1枚選んで左隣のプレイヤーに渡すことができます。
    そうしましたら、渡されたプレイヤーも1枚渡すをします。1巡したらそこまで。
    リードプレイヤーはカードを1枚出します。
    他プレイヤーは、出されたカードと同じ色のカードがありましたら必ず出さなくてはいけません。


    2色カードや3色カードがリードで出されたら2色カードはどちらかのカード。
    3色カードなら何色でも出せます。
    全員が出し終わりましたら、ミッションカードの条件を満たしているかの確認をし、条件を満たしているミッションカードは全て達成となり獲得します。
    ミッションカードは、5枚まで補充をして手札も5枚になるように補充します(山札が無いなら補充なし)。

    全ての手札を使いきったら9トリック終了しているので、それまでにどれだけミッションを達成できるかを3人で協力する。
    手札交換から感じ取ってくれと言わんばかりの意思(圧力)を受け取りリードする。
    うまくいったらサイコー。
    うまくいかなかったらバッド。
    だけど、ダメでも切り換えてミッション達成を目指す。
    2色カード、3色カードが高得点のカギになるのでリード&フォローがうまくできる切り出しを(・ω・)ノ
    1回目が不甲斐なくて、2回遊びまして世界は少しだけ平和になりました。
    3人専用ですが、オススメのトリックテイキングゲームですよ。


    【ジェノバの商人】(初プレイ)
    3人でプレイ。箱時間は60〜120分ぐらいやったけど、説明込み&確認しながらで120〜180分ぐらい遊んだかも。
    ただ、遊んだ時間が「えっ?もう、こんな時間?」ってなったぐらいにゲームの体感時間は短く感じた。

    時間が掛かる要因としては、交渉がメインだから。
    手番プレイヤーは、商人コマ5個でアクションや移動をさせるんですが、手番外プレイヤーもアクションができたりします。
    どのようにアクションするかは、交渉により手番プレイヤーにアクションしたい場所まで商人コマを移動してもらうことです。
    当然ながら、タダで「いいよ(*´∀`*)」なんて言うわけなく「話は聞こう。実行するかは別だがな(* ̄ー ̄)」となります。
    基本的には手番プレイヤーが、アクション実行する権利が強いのですがアクションを実行すると、他でアクションできるスペースに商人コマがいると手番外プレイヤーがアクション実行したいとなれば、実行させなくてはなりません。
    まぁ、移動を止めると言えばいいのでアクションスペースに行かなければいいのですがね。

    ただ、あまりに露骨になにも手番外プレイヤーにさせないまま終わると自分が手番プレイヤーじゃない時に交渉に応じて貰える訳もないので、このバランスが難しい。
    最終的には、お金をたくさん所持していたプレイヤーが勝ちになりますが、交渉材料はお金に資産にとキチンと支払いができるなら、なんでもあり。

    目標達成のために「あの場所に行ってくれるなら、これぐらい出すよ。」とか交渉を持ち掛ける。
    あくまでも交渉ゲームであり、競りゲームではないので条件を高くしたからといって成立するかは別の話かな。

    一部特殊タイルの処理が多分合ってるで進めたので気になるのはそこぐらいで、あとはみんなで悪い顔しながら交渉を楽しみました。

    好きなゲームでしたが、交渉の仕方や交渉材料等にと他のゲーム以上にプレイヤーによるバランスで成り立つゲーム。
    今回は3人だったので、手番外でもだいたいはアクションできるように漕ぎ着けられましたが4人はより厳しさが増すので、バランスが難しそう。
    3人とも違う攻め方で大きな差はなく決着して面白かったかな。
    楽しさと難しさが見え隠れしたジェノバの商人でした。


    【RIDE THE RAILS(ライドザレイルズ)】(初プレイ)
    みんなで株を獲得したり、列車を走らせ乗客を運んで一番稼ぐぞゲーム(*´∀`*)

    列車コマは6色あるけど、はじめは2色しか獲得できなくてラウンドが進む度に1色ずつ獲得できる列車コマが増えていきます。
    ゲームは、6ラウンド行いまして一番稼いだプレイヤーが勝ち。

    順番(株の獲得は逆順)に株となる列車コマを1個獲得したら、所有している株の列車コマを好きな組み合わせで最大8個まで選んでボードにコマを配置していきます。
    他プレイヤーが置いた列車コマの続きからも配置できるので下手に配置すると得させてしまうかもですが、このゲームは多少の相乗りが効いてくる。

    全員が配置を終らせたら、マップに散らばっている乗客コマを1体選んで運んでいく。駅を通過する程に一時的に株価が上昇していく。途中で違う路線に乗り換えることで、違う株価も上昇します。
    端まで辿り着いたら株価の上昇が終了。株価が上昇している株を所有しているプレイヤー全てが得点を獲得します。


    一人だけではなく、他プレイヤーとも仲良くできる路線を作ることが得点を伸ばすために必要かな。
    200点ぐらいでゲーム終了したけど、4〜5人やともう100点伸びるかもね。

    1時間ぐらいの遊びやすい株価配置ゲームでした。


    【大追跡】(初プレイ)
    傾くボードを使用して、探偵は泥棒を捕まえる。手番になったらダイスを振り、出目分だけボードを傾けます。
    誰かの探偵が泥棒に隣接したら逮捕となり、得点カードを獲得します。
    得点カードは、0〜3点があります。

    1度、逮捕となると隣接した探偵コマはどこか遠くからの再スタートになります。
    出目が3ならだいたいは逮捕できるのでダイス大事。雰囲気とギミックは良いね。


    無実の罪の人を逮捕する探偵が現れたりと、大追跡は大混乱でした。


    【ワウワウ】(初プレイ)
    はじめに5枚の犬耳タイルをランダムに配り、5枚から2枚を選んで両耳に引っ掛けます。
    残りの3枚は手札となります。
    ゲームとしましては、手番になったらテーブル中央にあるタイルと「同じ色」もしくは「柄が同じ」のどちらかが合うタイルを手札か耳に引っ掛けているタイルから選んで重ねます。
    あるなら耳に引っ掛けているタイルを優先しなくてはいけません。
    先に手札と耳の全てのタイルを無くせたら勝ちになりますよ。
    みんなで、犬耳になって気持ちはワウワウ。記憶がしっかりしてると、少しあっさり終わるかな。



    この日は、ここまで。
    協力型トリックテイキングゲームとして、オススメのオツカイフクロウの苦労話。
    誠意は札ビンタで見せるものなジェノバの商人。
    相乗りして出し抜きたいライドザレイルズ。
    揺れて傾き逮捕の大追跡。
    誰でも簡単な犬コスプレゲームのワウワウ。
    と楽しみました。
    また、ご一緒しましたらよろしくお願いします(*´∀`*)
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |