SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 9月13日にオープンしました「KyotoKiss」ボドゲスペースさんに行ってきました。 | main | うらまこのボドゲあれこれ >>
3D ゲームは、また違った能力が必要かな?
0

    9月13日(金) 16時〜18時

    京都市中京区新京極にありますボードゲームカフェミープル(cafe MEEPLE)さんに行ってきました。

    最近行けてなかったので、久しぶりですね。

    店内は、今でもたくさんのボードゲームが置いてありますがあまり遊ばれたりしていなかったボードゲームは、少し奥にされたとのことで、棚を整理されていました。

    ボードで2人用ゲーム、パーティーゲームにとどこに何があるかを分かりやすくされていて、客側に店側も探しやすくなっていました。

    さいころ倶楽部の色紙が羨ましい(*´ω`*)

    写真も撮り終わりまして、ミープルさんに来たら必ず飲みますスムージーを頼んで飲みました。

    この日はミックススムージーを頂く。日によってスムージーの種類が違うので、たまにレアなスムージーがある日もある。


    落ち着いてからは、こちらのゲームを遊びました。

    【ルミス】(初プレイ)

    2人か4人でのプレイ人数のルミス。

    こちらは赤か黄色の炎を担当して、炎を配置していき対岸で繋げ合うことができたら勝ちってゲーム。

    ゲームの流れとしては、手番では3つのアクションの中から1つを選んでアクションを行います。

    「カードをプレイして炎を配置していく。」

    「カードをプレイして塔を建設する。」

    「カードを補充する。」

    のどれかです。

    炎を配置する際には一気に塔と塔が繋がるように配置しないといけなくて、そのために1マスごとに色と同じカードをプレイしなくてはいけません。

    塔を建設するには、少し大きなマスと同じ色のカードを1枚以上プレイして自分だけの塔を建設することができます。

    塔に関しましては現在建設してある塔より高い塔、つまりはプレイ枚数の多い塔であれば相手の塔を自分の塔にすることも可能です。

    ただし、塔と塔が炎で繋がって塔に関してはもう奪うことはできません。

    カードの補充は、場にあります数字が描かれているカードを選んでひっくり返すことで、その数字分だけカードを補充できます。裏表で合計5になるようにはなっています。

    手札の上限は15枚までなので、それを越えるように引くことはできません。

    交互に手番を行って、どちらかが炎を繋げきれば勝ちになります。

    カードをプレイして繋げるのか塔の建設か、補充する枚数はどうするのか?にと、毎手番相手の様子も見ながら手番を行っていく。カードの引き、残りカード枚数からどのような確率で欲しいカードを引けるか繋げられるかにと考えるの楽しい。

    4人だとカードの受け渡しもできるので、また違う戦略で楽しめそう。

    遊びたかったので遊べて嬉しいですね(*^-^*)


    【ウボンゴ3D】(初プレイ)

    指定されたブロックを使用して、高さ2段以内に指定のマスに収める。

    ウボンゴと違って立体で答えが1つしかなさそうなお題ばかり。解答まで用意されているから、作ったデザイナー側も「難しいですよ(。-∀-)ニヤリ」と言ってるかのようだ。頭がプスプスっとしながら遊んだぜ・・・。


    【ブロックス3D】(初プレイ)

    ブロックス3Dはなかなかお目にかかれないレアゲームじゃないかな。

    ゲームとしては、お互いに同じ種類と数のブロックを所持していて、交互に配置していく。1番はじめだけは平面に配置して、以降は自分のブロックの面に1辺はくっつくように配置していく。相手のブロックにくっついたり上に乗るようにしてもよい。

    ゲーム毎にエリアが違い、そのエリアに応じてブロックを乗せられる高さ制限があるので、超えないようにお互いに配置していく必要があります。

    お互いにすべてのブロックを配置するか配置出来なくなったらゲーム終了。

    ゲーム終了時に、上から見える自分のブロックのマスの数が得点で、配置できなかったブロックは1個1点のマイナスですね。

    立体性になるとこうも違うのかってなり、下手に配置すると乗られてしまうけど、多少主張しないと配置場所が無くなる。

    3人〜4人やと争いが激しくなりそうやけど、2人が良さそう?

    ブロックスシリーズはどれも面白いなぁ。


    【ポイントサラダ】

    3人でプレイ。2回遊んで得点の高くなるポイントカードを獲得するが、同時にマイナスになるポイントでもある。

    他の2人はまた違うポイントカードを獲得する。それぞれ、得点が高くなるように野菜カードかポイントカードを獲得していき、合計得点の比べ合い。分かりやすさがいい。

    2回遊んで、10点差以内での決着。

    初プレイの2人とも楽しんでくれました。


    2時間程でしたが、久しぶりのミープルさんでのボードゲームを楽しみました。

    ご一緒して頂きましてありがとうございました。また、お会いしましたらよろしくお願いします(*´∀`*)

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |