SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 2人でボードゲーム〜その15〜 | main | ボードラン京都7店舗目:イエローサブマリン京都さん >>
夏と冬は得点の季節。全裸にならなかったほうが、逆に全裸かもしれないマストフォロー。
0

    7月6日(土) 13時〜19時半

    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。この日は、待ち合わせまして帰るまでにみんなで持ち込みましたゲームを楽しみました。


    【カジノホットドッグ】(初プレイ)

    プレイヤーは、犬小屋に向かって走り出す犬だ。先に犬小屋にたどり着いたら勝ちになります。

    ゲームは、誰かがダイスを2個振りその出目を見てから袋の中にあるチップを1枚見ないで選び、一斉に取り出します。

    各プレイヤーの袋にありますチップは同じ内容のチップになっていて、中にはうんちチップもあります。

    うんちチップを取り出すとラウンドからは脱落します。他のチップを取り出したプレイヤーは、さらに追加で1枚チップを取り出すか降りるかをします。

    全員がうんちチップを取り出すか、降りるかしましたらラウンドを終了し、ラウンド終了時に取り出したチップの数字合計一番大きいプレイヤーが、2個ある出すのどちらかを選んでその出目だけ進み、二番目のプレイヤーはもう1つのダイスの出目分だけ進めます。

    出目には、骨もありますのでそちらは一番近いマスの骨まで移動できますよ。

    ゲーム自体は、チップを引いての数字比べですが突然のうんちチップによる脱落もありますし、どこで引くかも大事ですね。

    チップの引きに一喜一憂できますが、差が広がると引くに引けなくなるのはツラいかも。1位と最下位の差はゴールとスタートでした。


    【コペンハーゲン】

    3人でプレイ。2人とは狙いの色が被らなかったので、その色をたくさん配置できるようにカードを集める。

    いきなり5マスのタイルを配置して、もう狙いは縦ライン2列と横ラインかな。

    5マスの紫タイルは横置きで1点獲得できて尚且つ、紋章ボーナスをほぼ獲得できるので是非獲得したいタイルですね。

    一手差ぐらいやったし、最後にコンボ決めて4〜6点獲得できると気持ちが良いゲーム(*´∇`*)


    【喜望峰】(初プレイ)

    「航海の時代」って人気のインディーズゲームが、アークライトさんから発売されました。

    ゲームシステムやルールは大きくは変わっていませんが、カードが大きくなったりしてアイコンやコンポーネントにと良くなっていますね。拡張も入っています。

    ゲームのほうは、自分の船を1〜2マス移動させて止まったカードのアイコンの資材を獲得したり変換したりします。

    そのあとで、資材やお金を投資することで次回以降に止まりましたらより獲得や変換が良くなります。

    移動に関しては、進み始めるとその方向にしか移動できませんが、移動せずに中央に戻ると次の手番では好きなカードに移動でき、その次の手番では再びどちら向きに移動するかと決められますよ。

    ゲームは、誰かが投資を8回するまでラウンドを行いましてゲーム終了時に得点が高いプレイヤーの勝ちになります。

    今回は、資材を集めて変換による金を獲得やらしたり投資をしていく。<

    カードの配置を見て、ぐるぐる回るよりカードと中央の反復による仕切り直しが、次の手番以降に備えてうまくいく場面もあったので、船旅は風を読むのだ(^_^)v

    ロンデル系では、わかりやすいルールとアイコンなのでオススメですね。


    【BOSK】(初プレイ)

    春夏秋冬。春は樹木が生い茂り、秋は葉が散り、夏と冬は得点の季節。

    説明時に「ハイカーさん」が「早川さん」に聞こえたので

    この方は「早川さん」になりました。

    ゲームのほうは、春では木を植えていきます。植える木は、1〜4の数字が描かれていて各2本ずつです。植える際には、線上に植えていく。

    全員が植えましたら夏になりまして、各列の縦列、横列の植えた木の数字合計を比べ合いまして、1位〜2位は得点を獲得します。単独植えなら得点は大きいです。

    秋になると風が吹き始め、葉が散ります。8回葉が散りますが、はじめの4回はどの木からどの向きに葉が散るかが分かっています。残り4回は風の向きは分かっていますが、どの木から葉が散るかは決められますよ。

    リス、2〜8のタイルがあり1枚を選んで表向きにして、スタートプレイヤーからその数字分だけ葉を散らせます。

    全員が散らしたら次のスタートプレイヤーは、数字の小さいタイルを使用したプレイヤーになります。

    タイルはすべて使いきるので、風の向きと木の位置はよく考えておくとよいね。

    葉が散った木から枯れていき、最後には葉だけ残り冬になる。

    冬はエリアマジョリティ争いで、得点を獲得してゲームは終了します。

    可愛らしいけど可愛くない。そんなゲームも好きだ(*´ー`*)


    【ハンザの女王】

    3人でプレイしたので、1ラウンドでプレイするカードは5枚の3ラウンドで計15枚のプラス1枚。

    今回は1ラウンド目に船と人物カードをプレイで色ごとのマジョリティはあまり獲得できず。

    2ラウンド目は、ほぼ1位の色の価値を下げられたりで厳しい展開。

    3ラウンド目になると色の価値が上がってきているので、一位ではなく2位を目指しての1位より高くなる得点にしていく。

    最後は伏せていた人物カードコレクション&同人物カード得点、伏せカードの数字合計による得点の獲得。船カード争いにと追い上げましたが今回も2位で終わりました。一歩が届かなくて悔しいなぁ( ノД`)…


    【走るメロスたち】(初プレイ)

    メロスらしき3人はゴールを目指して走り出し、一番先にゴールしたプレイヤーが真のメロスで、他の二人はメロスらしき人になります。

    ゲームは、マストフォローのトリックテイキングゲームになっていましてスートは「全裸、走る、激怒、寝る、敏感」です。

    数字は1〜7で切り札はなし、マストフォローですがフォローを無視してよい「那智暴虐」とあります。

    那智暴虐が場にあるときには、フォローできたできてないではなく、数字が小さいカードが勝ちになり、小さい数字が複数枚あれば後だし勝ちになります。

    トリックにより獲得しましたカードは、ラウンド終了時に効果を適用するものが多いですが「全裸」のカードを3枚集めたプレイヤーは、ラウンド終了時まで手札を公開しなくてはならない全裸状態になります。情報が知られてしまうことは厳しい展開にはなりますが、3人のうち2人が全裸になれば、残りの1人も全裸と変わりませんしむしろ「脱がないの?」ってなります。

    ラウンド終了時に「走る」を集めた枚数だけメロスらしき人は進み、進む順番は「敏感」なメロスらしき人からです。

    「激怒」を集めていたら「激怒」引く「寝る」の枚数だけ進めます。

    たまに全裸で敏感で寝ているだけのメロスらしき人も現れたりします。

    最終ラウンドになりました時には、うまく流れをコントロールできたのに敏感な差で先に動いた結果で一歩足りずでメロスらしき人で終わりました。

    また、ちょっと変わったトリックテイキングゲームで楽しめましたね♪(o・ω・)ノ))


    【NEBUTA BEAT】(初プレイ)

    遊ぶ前に店内を確認して「うん。知り合いしかいないし、今遊ばないでいつ遊ぶんだ。」って5人で遊びました。

    「らっせら〜らっせら〜らっせらっせらっせら〜」

    「ラッセラ〜ラッセラ〜ラッセラッセラッセラ〜」

    響き渡るビートは写真に収めることをできなかったが、謎の一体感?というか雰囲気か体感できたのはよい。

    少しカードからすぐに誰が踊るかの判断が分かりにくいので、よく間違えたね。


    【マーブルすくい】(初プレイ)

    HABAのゲーム。マーブルが箱の中に詰まっていますので、お題カードに描かれている色のマーブルをいち早く小皿に乗せたらOKです。

    やろうと思ったら明らかな邪魔とかできますので、そこらへんを守りながら遊べるか遊べないかでゲームの面白さは変わるかもね。全員スピード勝負をしたけど、普通に勝てなかったよ・・・。

    箱ごと使うのと穴あきスプーンにと、遊ぶ前からコンポーネントに楽しさがあるね。


    【羅生門】(初プレイ)

    毛を集めてカツラを作るババァ抜き。間違えて老婆を抜くと「きぃぇぇぇ〜」と言われながら襲われます。

    防御カードがあると「いけませんねぇ。」「させるかババァ。」とか言いながら防御します。

    カードを抜く際に「ブチッ」やら「プチッ」やら言いながら毛を抜く少しブラックなババァ抜きでした。


    帰るまでにいろんなジャンルのゲームが遊べまして楽しいcomedyさんでした。一緒に遊んで頂きましてありがとうございました。また、お会いしましたらよろしくお願いします(o゜◇゜)

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |