SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< エレベータ前では、ぎゅうぎゅうWALK | main | 第151回賽翁木曜ボードゲーム会〜ニックネームは、賽翁のバックナンバー〜 >>
L.A.M.A(ラマ)
0

    【タイトル】L.A.M.A(ラマ)

    【プレイ人数】2人〜6人

    【年齢】8歳〜

    【プレイ時間】20分

    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★★★★☆

    今回紹介しますゲームは、ライナークニツィアさんの【L.A.M.A(ラマ)】です。

    ゲームの目的は、ラマに命じられましたプレイヤーたちはマイナスポイントを無くすためにカードをプレイするか、マイナスポイントを獲得するのかにと毎手番、決断しながらゲーム終了時に誰よりも少ないマイナスポイント所持者になることを目指します。


    ゲームで使用しますのは、1〜6の数字カード、ラマカード、1ポイントチップと10ポイントチップです。

    カードは各8枚ずつで、チップは白が1枚1ポイント、黒が1枚10ポイントになっています。

    ゲームの準備としましては、すべてのカードをよく混ぜて各プレイヤーに6枚ずつ配ります。

    配られましたカードは手札となり、他のプレイヤーには見られないようにして下さい。

    配られなかったカードは山札になります。

    山札の一番上のカードをめくりまして、山札の横に表向きで置いておき、チップを用意しましたら、準備完了です。

    山札の横にありますカードは捨て札になります。

    ゲームの流れとしましては、ゲームは数ラウンド行います。

    スタートプレイヤーを決めましたら、スタートプレイヤーから手番を行っていきます。

    手番では

    「カードを1枚プレイする」

    「カードを1枚引く」

    「降りる」

    の中から、どれか1つを選んで行います。


    「カードを1枚プレイする」では、捨て札にあります一番上のカードの上に手札から1枚を選んでプレイすることができます。

    プレイの仕方は、一番上のカードと同じ数字か1つ上の数字のカードならプレイできます。

    ラマカードは、6の上か他のラマカードの上にプレイでき、ラマカードの上には、他のラマカードか1のカードをプレイすることができます。

    「カードを1枚引く」では、カードをプレイしない変わりに山札の一番上からカードを1枚引き、手札に加えます。

    山札にカードが無い場合には、このアクションはできません。

    「降りる」では、カードをプレイしたくない、できない場合、カードを引けない、引きたくない場合には降りることになります。

    降りましたら、手札のカードを伏せて置き、現在のラウンドが終了するまでは手番は飛ばされます。

    3つのうち1つのアクションを選んで行いましたら、手番は左隣のプレイヤーに移ります。


    ラウンドは、順番に手番を行っていき

    「誰か1人が手札を無くす」

    「1人を除いて、他プレイヤーが降りる」

    とラウンドは終了します。


    1人だけになりましたら、そのプレイヤーは山札からカードを1枚引くアクションは行えなくなり、カードをプレイするか降りるかしかできません。

    ラウンド終了時にプレイできなかったカードは、数字がそのままマイナスポイントになり、ラマは10ポイントマイナスです。

    数字はそのままマイナスポイントになりますが、同じ数字カードやラマカードは複数枚あっても1枚としますので、この場合にはマイナス6ポイント(画像左側)になります。

    マイナスポイントを確認して、チップを受け取ります。


    手札を無くすことができましたプレイヤーは、マイナスポイントチップを「1枚」選んで戻すことができます。

    1枚なので、どの色を返すといいかは分かりやすいですね。

    最後に誰かが40マイナスポイント以上になっていないかを確認します。

    40マイナスポイント以上になっているプレイヤーがいましたら、ゲームを終了しマイナスポイントが少ないプレイヤーの勝ちになります。

    まだ、40マイナスポイント以上になっているプレイヤーがいないなら、次のラウンドを楽しんで下さいね。

    次のラウンドのスタートプレイヤーは、前ラウンドで最後に手番を行いましたプレイヤーになります。


    ゲームのほうルールを読んだときには「うん。分かりやすいね。」で、プレイ感は淡々となるのかなぁって思っていましたが、遊んでみましたらそんなことはなく、手札を無くしたいけど無くせない。でも、ここで降りたらマイナスポイントが大きい。降りない選択をしてカードを引いたら、これまた苦しいことになったりにとする。

    人数によって、自分の手番までに捨て札の数字カードがどのくらいまで変化するかは予想できますが、予想通りになるわけでもなく「あれ、出してよ(つд;*)」ってなることも。

    手札を無くせばチップを1枚返せるのが、10マイナスポイントのチップでもよく、うまく降りてマイナスポイント溜めるのも悪くないのがいいね。

    カード枚数が各8枚なので、どれぐらい捨て札になったかも数えやすいですが、場合に寄っては気づいてはいけないことに気づくかも(;・∀・)

    ラウンド準備もすぐですし、2人〜6人と何人で遊んでも楽しめますゲームです。

    ゲームシステムって、改めて大事だなって思わせてくれたゲーム【L.A.M.A(ラマ)】

    是非、遊んでみて下さいね(* ̄∇ ̄)ノ

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |