SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 未確認生物を発見して、ニャッスル!ニャッスル!? | main | 大阪市北区豊崎にありますボードゲームラボDDT(ボドラボ)さん >>
KOBE
0
    【タイトル】KOBE
    【プレイ人数】2人〜4人
    【年齢】10歳〜
    【プレイ時間】20分〜30分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

    今回紹介しますのは、luck moviesさんの【KOBE】です。
    こちらのゲームは、様々な商品の売買を行いましてお金を稼ぎますゲームです。
    良い取引をして、上手に商品を集めたいのでそれは他のプレイヤーも同じです。
    最後に一番稼いでいるのは誰でしょうか・・・。

    ゲームで使用しますのは、商品カード、初期資金カード、船カード、灯台カード、サマリーです。
    商品カードは、5種類各20枚ずつです。


    ゲームの準備としましては、各プレイヤーは船カード1枚、初期資金カード2枚を受け取ります。
    次にすべての商品カードをよく混ぜまして、各プレイヤーに8枚ずつ手札として配ります。
    配られなかった商品カードは、山札となります。
    山札の下から10枚数え、その上に灯台カードを置き、さらにその上には残りの山札をのせます。


    最後に各プレイヤーは、手札から2枚の商品カードを選びまして、裏向きに左隣のプレイヤーに渡します。
    全員が渡しましたら、渡されたカードを表向きにしまして自分の倉庫に商品カードを配置します。


    最近、神戸を訪れたプレイヤーがいましたら、そのプレイヤーがスタートプレイヤーになります。いなければジャンケン等でスタートプレイヤーを決め、準備は完了です。

    自分の前にある船カードがあるエリアは「積み荷場」となり、商品カードを売りに出す場所。
    その下のエリアは「倉庫」になり、商品カードを種類ごとに集めまして換金を行う場所になります。

    ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。
    手番になりましたら
    「積み荷の回収(必須)」

    「船へ商品を積む(必須)」

    「倉庫への商品の納入(必須)」

    「積み荷の購入(任意)」

    「手札の補充(必須)」
    の手順を行います。

    「積み荷の回収」では、手番開始時に積み荷場に商品カードが残っていれば、すべてを倉庫に移します。
    「船へ商品を積む」では、手札から商品カードを1〜5枚選びまして、積み荷場へ配置します。こちらは必須です。

    「倉庫へ商品の納入」では、手札から商品カードを1枚選びまして、倉庫へ配置します。こちらも必須です。

    「積み荷の購入」では、他プレイヤー1人を選びまして、そのプレイヤーの積み荷場にあります商品カードの購入ができます。
    購入の際には、すべての商品カードを購入しなくてはならず、購入額は「購入枚数ー1金」です。

    支払いは、購入先のプレイヤーにしまして、購入しました商品カードはすぐに自分の倉庫に配置します。
    こちらは任意なので、購入しなくてもかまいません。

    「手札の補充」では、手札が6枚になるように山札から商品カードを引いて下さい。

    こちらも必須です。
    ここまでしましたら、手番は左隣のプレイヤーに移ります。

    このままですと、お金をどのように稼げはいいのかとなりますが、手番時に自分の倉庫に同じ種類の商品カードが4枚以上集まりましたら「換金」ができます。
    換金の際に、換金を行います商品カード以外の倉庫にあります商品カードの種類数により換金率が変わります。
    換金する商品カード以外に商品カードがないなら8金、一種類あるなら6金、二種類なら4金、三種類あるなら2金になります。
    換金しましたカードは裏返しまして、お金になりまして1枚1金になります。
    換金して足りない分は山札から不足分を引いて下さい。
    5枚で換金して、4金になりましたら1枚は捨て札になりますよ。
    同時に複数種類の商品カードが4枚以上になりましたら、一種類ずつ換金をして下さいね。



    ゲームは、この流れで行っていきまして、山札から灯台カードがめくれましたら、その左隣のプレイヤーから1回ずつ順番に手番を行いましたら終了します。
    ゲーム終了時に一番お金を稼いでいましたプレイヤーが勝ちになります。




    ゲームのほうは、手札から他プレイヤーに購入してもらえるような商品の組み合わせを積み荷に用意したり、買われなくて自分の倉庫に商品の納入をしてお得に出荷することを考えなくてはならず、倉庫に商品の種類が多いときに出荷をすると商品価値が下がります。
    また、積み荷の商品もお得に買われてしまうと他プレイヤーが安く商品を購入して、出荷の際には儲けをたくさん出させては意味がない。
    商品を船に積むのと、倉庫への納入は必ずしなくてはならなくて、手札の管理や自分が損しないような商品管理が必要ですね。
    カードのイラストや色も分かりやすいようにしてあるのと、カードの端にはアイコンもあるのでそこらへんは手に持って間違えないようにと意識されていると感じました。
    手番での流れは無駄はないですが、流れとかのサマリーとかはないので、はじめは確認しながらのプレイになるかな。
    少しはじめの方に、得点差(金の差)が出始めると逆転がなかなか厳しい印象か遊んでみてあったけど、接戦なことも多いから少しプレイヤーによる商品管理が一番大事なゲームだとは思いました。
    気になりましたら、KOBEのほう遊んでみて下さいね。



    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |