SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 爆発するのは必然であり、競りはwin-winと言う名のボロ儲け | main | なにわのボブジテン >>
ダンジョンマーケット
0
    【タイトル】ダンジョンマーケット
    【プレイ人数】2人〜4人
    【年齢】10歳〜
    【プレイ時間】30分〜45分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

    今回紹介しますのは、ゲーム制作がKokeさん、イラストがきのとさんの【ダンジョンマーケット】です。
    こちらのゲームは、プレイヤーは冒険者となりダンジョンを探索します。探索をしたことで、発見した装備品を他の冒険者とうまく取引をしたりして稼いだり、逆に自分も取引によりお目当ての装備品を集めたりします。
    探索して、無事に装備品だけを見つけられたらよいのですが、モンスターがいるみたいなので気をつけないといけません。
    ゲーム終了時に、困難を乗り越え誰よりも利益を得ることを目的としたゲームです。

    ゲームで使用しますのは、ダメージ&スコアカード、ダンジョンカード、得点サマリー、コイントークン、キューブです。


    ダンジョンンカードには、その種類のカードが何枚あるのか、属性や攻撃力&防御力等が記載されています。
    他にはゴーストカード、宝具カードといったカードもあります。
    こちらは、ゲームでとても重要なカードになります。

    ゲームの準備としましては、各プレイヤーは好きな色のダメージカード、サマリーカード、同じ色の小手カード、キューブ、15Gを受け取ります。
    キューブは、ダメージカードのカウンターとして40の位置に置いて下さい。
    ゴーストカード5枚は、はじめは抜いた状態でダンジョンカードをしっかりとシャッフルして、裏向きで山札とします。
    隣を捨て札置き場にして、山札の下らへんに供託金置き場として5Gを置きます。
    ジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたら準備完了です。

    ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番になりましたら
    「探索フェイズ」→「バーストフェイズ」or「マーケットフェイズ」と行います。

    「探索フェイズ」では、手番プレイヤーは山札の上からカードを1枚めくりまして、テーブル中央に表向きにカードを置きます。
    こちらは、発見エリアになります。

    探索フェイズは、バーストするか手番プレイヤーがめくるのを止めるまで続けられます。
    バーストは、同じ属性のモンスターが2枚かゴーストモンスターが2枚、発見エリアに公開されることで発生します。
    バーストしましたら、即座に探索フェイズを終了しますが、誰かが装備品で剣を所持しており、バーストの引き金になりましたモンスターと同じ属性の剣なら使用を宣言することで、バーストを防げます。
    こちらの宣言は、手番プレイヤーでなくても構いません。
    宣言をして剣を使用しましたら、使用済みとして剣を横に向けます。
    そうすることで、バーストの引き金になりましたモンスターのうち、1枚〜2枚を捨て札にできますよ。


    剣の処理が終わりましたら、再び探索をするか止めるかを選べますよ。

    ゴーストカードに関しましては、公開されましたら強制でもう一度探索しなくてはなりませんので、気をつけて下さいね。

    探索フェイズ中にバーストして、剣の使用も無ければ「バーストフェイズ」になります。
    バーストフェイズでは、バーストの引き金になりました属性のモンスターの攻撃力が全プレイヤーに対して発生します。
    ルールには記入されていませんが、制作者の方が追記で「バーストさせた手番プレイヤーは、ダメージ軽減ができない1ダメージを受ける。」とあります。
    こちらのルールがあることで、わざとするバーストにもデメリットが強くなります。
    発生しましたダメージは、各プレイヤーがそれぞれ受けますが、同じ属性の防具、宝具(宝具はオールマイティー)を任意の枚数使用することで、防御力の数値合計分軽減できますので、状況に合わせて使用して下さい。




    全プレイヤーのダメージの処理が終わりましたら、供託金をプレイヤー人数で均等割りにします。
    端数がありましたら、残りライフが一番多いプレイヤーが端数をすべて受け取ります。複数にいましたら、手番プレイヤーから時計回りに最も近いプレイヤーになりますよ。

    発見エリアにありましたカードは、すべて捨て札になります。

    探索フェイズでバーストせずに探索を止めましたら「マーケットフェイズ」となります。
    マーケットフェイズでは、手番プレイヤーが発見エリアにあります全てのカードに値段をつけることができます。
    値段は、自分が所持していますコインを0枚からカードに乗せることで値段をつけます。

    値段をつけましたら、手番プレイヤーの左隣のプレイヤーからカードを1枚買うか買わないかをします。
    カードを買う際には、カードに乗っているコインの金額を手番プレイヤーに支払い、カードに乗っていたコインは、手番プレイヤーに戻りますよ。

    値段がついていないカードは、1枚5Gで購入することができて、こちらは供託金に支払います。

    手番プレイヤー以外が買うか買わないかをしましたら、手番プレイヤーは発見エリアに残っていてコインが乗っていますカードは全て購入することになり、コインは供託金になります。

    コインが残っていないカードは、買えませんし捨て札となりますよ。
    この流れが終わりましたら、手番は左隣のプレイヤーに移りますよ。

    ゲームは、この流れを繰り返していき、バーストフェイズでライフが0になりましたプレイヤーが現れたら終了します。
    ゲーム終了時に、ライフが0になりましたプレイヤーは所持しています宝具は捨て札になります。

    次に残りライフが多いプレイヤー順に得点を獲得したり、失点したりします。

    獲得しました装備品は、使用したかしていないに関わらず得点になります。
    ・属性ごとの種類数に応じました得点
    ・5色集めたら一番枚数の少ない属性の枚数×5点
    ・宝剣×3点
    ・宝具は、使用していなければ宝具の数字×2の得点、使用したら宝具の数字がそのまま得点
    ・所持コイン5Gごとに1点
    となります。

    上記の合計得点が一番高いプレイヤーがゲームの勝者となり、得点が同じなら未使用の防具の防御力の合計が高いプレイヤーになりますよ。

    ゲームのほうは、探索を行いバーストするかしないかを山札をめくりながら楽しみます。無事にバーストしなければ装備品を競売にかけることができますが、バーストすると全プレイヤーはダメージを受けることになります。二人やと先に優位を取るとわざとするバーストが、強い行動でしたがバーストのルールが少し追加され、バーストさせた手番プレイヤーの強制ダメージはうまく効くようになりました。
    装備品は5色ありますが、2〜3枚めくるだけでバーストすることもよくあるので、こういった流れが好きか嫌いかでゲームを楽しめるかの感じ方は違うかもしれません。
    マーケットによる競売は、コインをどのように乗せるか乗せないかは重要であり、たくさんカードが欲しいから乗せすぎると買われないとコインが無くなるけど、装備品は獲得してかないと得点もですし、防御面でもツラくなりますからね。
    宝具は、オールマイティーですが防御で使用すると得点が倍にならないから使用するか悩ましい場面もあります。
    装備品の剣は、各色で1枚しかないのと1枚で3点あるのとバーストが防げますので、こちらはとても大事かな。
    ルールのほうも分かりやすいですし、カードアイコンやデザインも分かりやすいので、遊びやすいかな。
    バーストするかしないかのドキドキや、競売の値付けを楽しみたい、セットコレクション等と好きな方にはオススメです。
    機会がありましたら、是非遊んでみて下さいね(*´∀`)ノ




    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |