SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 大阪市北区豊崎にありますボードゲームラボDDT(ボドラボ)さん | main | 雨の日に行くcomedyは、ダイスを楽しむ >>
ソクラテスラ〜キメラティック偉人バトル〜
0

    【タイトル】ソクラテスラ〜キメラティック偉人バトル〜

    【プレイ人数】2人〜6人

    【年齢】10歳〜

    【プレイ時間】15分〜30分

    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

    今回紹介しますゲームは、Azb.Studioさんの【ソクラテスラ〜キメラティック偉人バトル〜】です。

    こちらのゲームは、プレイヤーは召喚士になり、聖杯の定めたルールで勝てるような偉人を召喚して、他の召喚士が召喚したすべての偉人に勝利するようにします。

    勝てば「殿堂入り偉人」となるので、誰よりも早く決められた数の「殿堂入り偉人」を召喚することを目指します。


    ゲームで使用しますのは、魔方陣カード、聖杯カードです。

    魔方陣カードには、右腕、胴体、左腕、装備、イベントカードがあります。

    聖杯カードには、定めるルールが記載されているのと、裏面には殿堂入りした際に生えます足が描かれています。

    ゲームの準備としましては、すべての魔方陣カードをよく混ぜて裏向きに山札にします。

    各プレイヤーに7枚ずつカードを配りまして、配られたカードは手札として他のプレイヤーに見られないようにして下さい。

    ジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたら、手番が最後になりますプレイヤーから順番に聖杯カードを1枚選んで場に出します。

    手番が回るのが遅いプレイヤーから、同じように聖杯カードを1枚選んで重ねていき、7枚の聖杯カードがなくなるまで、これを行います。

    一番上にあります聖杯カードのルールが、偉人同士のバトルの勝敗を決めますよ。

    ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていきます。

    手番になりましたら、まずは山札からカードを1枚手札に加えます。

    次にアクションフェイズとなり

    「偉人召喚」

    「カード交換」

    のどちらかを行うか、または「なにもしない」かを選択します。


    「カード交換」は、自分の手札を1枚だけ残して、他のカードを捨て札にします。

    「偉人召喚」は、手札に右腕、胴体、左腕が揃っていたらできます。

    召喚は、このようにして偉人の名前が一列になるようにします。

    召喚する際には、名前を宣言して場に出すことが大事です。

    装備カードがありましたら、一緒に右腕に並べて偉人を強化してもかまいません。

    偉人召喚をしましたら、攻撃するプレイヤーを選びまして、選ばれましたプレイヤーは防御プレイヤーになります。

    防御プレイヤーは、手札から偉人召喚ができるなら必ず偉人召喚をします。

    召喚できないなら、手札を差し出して、攻撃プレイヤーにランダムに1枚を奪われてしまいます。

    召喚をしたら、場にあります聖杯カードのルールによりバトルの勝敗を決めます。 攻撃側が敗北したら、攻撃側の偉人はすべて捨て札にして、防御側の偉人は手札に戻ります。

    引き分けましたら、両方の偉人は捨て札になります。

    攻撃側が勝ちましたら、防御側が召喚しました偉人の右腕、胴体、左腕の中から1枚を選んで手札に加えます。

    選ばれなかった残りのカードは捨て札になります。

    その後で、攻撃側はまだ攻撃してないプレイヤーを宣言してバトルをして下さい。

    これを繰り返して全てのプレイヤーに勝ちましたら「殿堂入り」偉人が誕生します。殿堂入りしましたら、聖杯カードを裏返して殿堂入り偉人に足が生えますよ。

    アクションフェイズが終わりましたら、補充フェイズになりまして、手札が7枚未満のプレイヤーは、手札が7枚になるように山札から補充します。

    手札が8枚以上のプレイヤーのプレイヤーは、補充がありません。

    補充フェイズまで、終了しましたら手番は次のプレイヤーになりますよ。

    ゲームはこの流れで遊んでいきますが、ゲーム途中に「第三次世界大戦」のカードを引いたプレイヤーがいましたら、誰の手番とか関係なく、ドローフェイズ・補充フェイズ終了時に、カードを引いたことを宣言して下さい。

    宣言後に、偉人召喚ができるプレイヤーは裏向きで偉人を場に出しまして、場に出ましたら同時に表向きにしてバトルをします。

    勝敗は聖杯のルールに従います。殿堂入り偉人や勝敗の処理は、先ほど説明した通りです。

    ゲームは、2人〜3人なら3体、4人〜6人なら2体の殿堂入り偉人を召喚したプレイヤーの勝ちになりますよ。


    偉人だけなく、神の存在も示唆されていますソクラテスラ。

    ゲームのほうは、手札によっては全く勝てないままゲームが終了することもあります。その時は、召喚士としての力が足りなかったと思うようにしましょう。

    聖杯に導かれた数値だけでなく、組み合わせて召喚した偉人のフレーバーは是非楽しんで下さい。実際にそんな偉人がいたようないなかったような気がします。

    右腕、胴体、左腕との組み合わせで遊べますソクラテスラ。今日もどこかで偉人が召喚されている。最強の偉人を召喚するのはあなたかもしれませんね。

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |