SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 賽翁さんでBGS(ボードゲームセレクション)を楽しむ。 | main | 長老たちは、フィッシュに目がありません。 >>
2人でボードゲーム〜その12〜
0
    二人で遊んだボードゲーム〜その11〜
    記事自体が久しぶりかもね。少しずつ色々と遊んでいましたので紹介します。

    【welcome to...】
    紙とペンを使用して遊びます。
    プール付きの家、二世帯住宅、茂みのたくさんあります森林豊かな家にと、どのようにしていくかは、プレイヤー次第です。
    毎ラウンド、三択から選んでどこかに数字を書き込みますが、数字は左から昇順になるようにしないといけません。
    書き込みができないと、計画性がないと見なされますので、少しよろしくないですよ。
    同時に何人でも遊べますけど、二人でまったりと楽しむのもよいですよ。



    【ドメモ】
    1〜7の数字タイルを使用。各数字タイルは、数字の分だけあります。
    まずは、タイルを裏にしてよく混ぜてプレイヤー人数に応じて、自分のタイルを選んで、自分のタイルは数字が見えないように立てます。
    お互いにタイルを立てたら、選ばなかった何枚のタイルは表にします。これが共通の情報になりますね。
    二人やと自分のタイルが7枚、公開タイルが7枚、伏せタイルが7枚かな。

    ゲームは、自分のタイルにあるであろう数字タイルを宣言して、あれば相手プレイヤーに倒して貰う。
    7って宣言して7が3枚あっても、倒されるのは1枚だけで、また7って宣言したら、また1枚倒して貰えます。

    自分のタイルは、どの数字タイルか分からないけど、相手の数字タイルは分かるからそれがヒントです。
    相手に1があるなら、1は絶対に自分には無いですからね。
    宣言を外したら、宣言するのを交代して先にすべてのタイルを倒して貰ったら勝ちになります。
    もう、ずっと楽しんでるしこれかも楽しめる最高のゲーム。
    理系の方は、めちゃくちゃ確率に強いのを感じるゲーム。何回か遊んで楽しみました。



    【ダオ】
    カードが5色ありますが、集めたいのは1色だけで、他の色はマイナス点になります。
    手番では、山札に一番近いカードを獲得するか、山札からカードを1枚めくるかをします。
    山札をめくりまして、場に並んでいますカードの数字合計が13以上になるとすべて引き取りになるので、あまりめくるのもしたくないタイミングもあるのです。
    めくったカードとめくる前の一番端のカードの数字とが同じなら、13以上でもバーストにならないけど度胸試しですね。
    二人やと前後半戦になり、また違う雰囲気で遊べたかな。




    【ザ・ゲームフェイストゥフェイス】
    二人用のザ・ゲーム。半分ぐらいは協力するけど、最終的には先に山札と手札を全て無くしたら勝ちな対戦ゲーム。
    プレイの仕方は、降順昇順になるようにカードを二枚以上プレイするだけ。二枚以上プレイ出来ないと即負けになる。
    でも、初期手札は6枚でどれだけプレイしても補充は、手番終了時に2枚だけ。これだと、選択肢も少なくて辛くなるけど、相手を助けるように相手側にプレイすると、手札が6枚になるように補充できるので、助け合いは大事(1〜5位しか助けないけどね(。-∀-)ニヤリ)
    初プレイで、ハマってくれて3連続して遊んで、別の日にも遊んだりやらで、協力しないザ・ゲームもオススメですよ。




    この終わり方は最高でした(o>ω

    【ガブル】
    お互いに一色だけ選んで、その色のタイルを使用する。自分の色の袋に同じ色のタイルをすべて入れて、お互いにランダムに3枚を相手には、数字やアイコンが見えないように自分の前に並べたら準備完了です。
    手番では、袋からランダムにタイルを1枚引いて4枚から一枚を選んで、どこかの列に配置します。
    そのその際も相手には、数字やアイコンは分からないようにします。
    配置しましたら、相手も同じようにしてタイルを配置する。

    そうしているうちに、お互いのタイルが合計で5枚になりました列のタイルを公開して、数字の合計を比べ合って、大きいほうが、その列で勝ちになります。

    3列連続で勝つか合計で5列勝つかをしたら勝利します。

    たまにアイコンによって、数字の合計が小さいほうが勝ったりしますので、そのタイルにはお互いに気をつけないといけないのと、タマゴアイコンのタイルがある列で負けると負けになるので、ここが一番大事ですよ。
    ゲームは、二本先取で勝ちになりますが15〜30分あれば終わりますので、二人用として繰り返して遊びやすいプレイ時間とプレイ感ですね。




    【はっけよいとネコ】
    はっけよいゲームに、カードやルールの調整をしつつネコが追加されました。
    立ち合いでは、はっけよいは同じか大きいだったのが、大きいにしないといけなくなりましたので、それにともなうネコによるパスが効いてきます。
    以前は力士のシルエットがあるデザインでしたが、今回は少しぶよっとした力士のデザインで雰囲気は違いますね。


    千秋楽に押しきりまして、春場所優勝です。

    | ボードゲーム | 23:00 | comments(0) | - | - |