SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 本棚は埋めるほど安定した得点に繋がるし、つまりは棚をボードゲームで埋めるのは得点だった? | main | 賽翁さんでBGS(ボードゲームセレクション)を楽しむ。 >>
アズールシントラのステンドグラス
0
    【タイトル】アズールシントラのステンドグラス
    【プレイ人数】2人〜4人
    【年齢】8歳〜
    【プレイ時間】30〜45分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★★☆☆

    今回紹介しますのは【アズールシントラのステンドグラス】です。
    こちらのゲームは【アズール】とは違いまして、拡張ではありませんので単体だけで遊べます。
    プレイヤーはステンドグラスグラス職人になりまして、シントラ宮殿の窓をステンドグラスで彩り、その美しさを競います。
    ゲームで使用しますのは、ガラスピース、宮殿ボード、パターンライン、ガラス職人、マーカー、得点トラック、スタートプレイヤーマーカー、袋、グラスタワーと盛りだくさんです。


    ゲームの準備としましては、プレイヤー人数に応じてファクトリーディスプレイをテーブル中央に輪を描くように並べます。
    ファクトリーディスプレイは、色の区別をつけにくいときは、もうひとつの面を使用することも出来ます。

    グラスタワーは、全員が手の届くところに置いておきましょう。
    各プレイヤーは、同じ色の宮殿ボードとパターンラインを受け取りまして、宮殿ボードの上にパターンラインをランダムに配置します。
    宮殿ボードはA面とB面とありますので、全員が同じ面を使用するようにして下さい。
    パターンラインは、ジョーカーマスがあるほうは、はじめは裏面にしておきますよ。
    配置しましたら、ガラス職人を左端のパターンラインに配置します。

    次に得点トラックの準備をします。
    スコアトラックの0のマス、破片ガラストラックの一番上に各プレイヤーのマーカーを配置します。

    ガラスピースを各色1つずつ取り、ランダムにラウンド2〜6に配置します。
    配置しましたら、残りのガラスピースは袋の中に入れて、袋からランダムにガラスピースを1つ取り出してラウンド1 に配置します。

    スタートプレイヤーを決めまして、スタートプレイヤーは、袋からランダムにファクトリーディスプレイにガラスピースを4個ずつ置きましたら準備完了です。


    ゲームの流れや目的としましては、ゲームは6ラウンド行いまして、ゲーム終了時に得点が一番高いプレイヤーの勝ちになります。

    各ラウンドでは、スタートプレイヤーはスタートプレイヤーマーカーをファクトリーディスプレイ中央に戻してから開始します。

    手番になりましたら
    「パターン作り」
    「ガラス職人を左端のパターンラインに戻す」
    のどちらかのアクションを行います。

    「パターン作り」では、ファクトリーディスプレイを1箇所選びまして、そのディスプレイにありますガラスピースから1色をすべて取ります。
    取らなかったガラスピースは、テーブル中央に移動させます。


    また、ファクトリーディスプレイではなくテーブル中央にありますガラスピースを選んで取るかをしても構いません。
    その際に、スタートプレイヤーマーカーがありましたら最初にテーブル中央からガラスピースを取るプレイヤーは、スタートマーカーも一緒に取ります。
    マーカーは自分の宮殿ボードの隣に置いておき、取りましたプレイヤーの破損ガラストラックにありますプレイヤーのマーカーを1つ下げます。
    こちらは、ゲーム終了時にマーカーが置いてあるマスの数字がマイナス点になります。


    取りましたガラスピースは、パターンラインのいずれか1箇所に配置します。
    その際に配置できる条件として、自分のガラス職人の下かそれより右側にありますパターンラインにしか配置できません。
    配置しましたら、ガラス職人を配置したパターンラインまで移動させます。



    ガラスピースを配置する際に配置できなかったガラスピースは、破損したことになりグラスタワーの中に入れます。
    入れた数だけ、破損ガラストラックのマーカーを下げます。

    ガラスピースを配置して、配置したパターンラインが完成しているかを確認して、空きマスがあれば手番を終了して、手番が移ります。
    完成しているなら3つの確認と実行をします。
    まずは、カラーボーナスを確認します。
    完成しましたカラーラインで、現在のラウンドの一番上にありますガラスピースと同じ色のガラスピースがいくつあるかを確認します。
    ありましたら、ありました数だけ得点を獲得します。無ければカラーボーナスは獲得できません。

    次に完成させたパターンラインからガラスピースを1つ選んで、その下にあります宮殿の窓に置き、選ばなかったガラスピースは、すべてグラスタワーに入れます。
    置きましたら、1つ目ならパターンラインを裏返しにします。

    2つ目ならパターンラインをゲームから取り除いて箱にしまいます。

    最後に、ガラスピースを置いた宮殿の窓に書いてあります得点を獲得します。
    獲得した際に、その宮殿の窓の右側にあります1つでもガラスピースが置かれている宮殿の窓がありましたら、そちらの窓に書いてあります得点も獲得します。

    「自分のガラス職人を左端のパターンラインに戻す」では、ガラスピースは取らずに自分のガラス職人を自分の左端にありますパターンラインの上に動かします。

    すでに左端のパターンラインにガラス職人がいるなら、この行動はできませんので「パターン作り」を行います。

    どちらかを選んで実行しましたら、手番は時計回りに移り、次のプレイヤーもどちらかを選んで実行します。
    誰かの手番終了時にファクトリーディスプレイとテーブル中央にありますガラスピースがすべてなくなりましたら、ラウンドを終了します。
    ラウンドが終了しましたら、得点トラックの一番上のラウンドのガラスピースをグラスタワーに入れます。

    次のラウンドの準備は、はじめの準備と同じようにします。
    ファクトリーディスプレイにガラスピースを配置しているときに、袋の中のガラスピースが無くなりましたら、グラスタワーに入っていますガラスピースを袋に入れて、ファクトリーディスプレイに配置していきます。
    パターンラインや宮殿の窓に置いてあるガラスピースや、ガラス職人の位置はそのままで次のラウンドを行いますよ。

    ゲームは、6ラウンドが終了したら得点計算をします。
    「パターンラインに残っているガラスピース3つごとに1点獲得」
    「破損ガラストラックの自分のマーカーが置いてある位置に書いている数字だけ失点」
    ※ゲーム中に破損トラックの−18のマスに達しましたら、ただちにマイナス18点して、マーカーを一番上に戻して下さいね。
    「宮殿の窓に配置したガラスピースの数に応じてボーナス点を獲得します。」
    ボーナスは、宮殿ボードにあります窓の列間の4つ窓マスにいくつのガラスピースをは配置できたかに応じて獲得します。
    4つなら10点、3つなら6点、2つなら3点、0〜1なら0点です。

    この場合は、合計で 点のボーナスを獲得します(このボーナスはA面でB面は違います)。
    得点計算をして、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。
    同点なら、破損トラックの減点が少ないプレイヤーが勝ちになり、それも同じなら勝ちを分かち合います。



    ゲームのほうは、前作のアズールと同じタイルの獲得方法ですが、配置のルールが少し違いましてガラス職人の位置は重要になってきます。
    配置したらガラス職人が移動してしまいますし、移動したことで配置できなくなるタイルがあったりします。
    今回は、ガラス職人を左端に戻すってアクションが選べるようになり、このアクションのタイミングはゲームに置いて、大切ですね。
    失点のほうは、ラウンド毎でなくゲーム終了時になりましたが、積極的なスタートプレイヤーの獲得やガラスの破損により最終的には、失点が大きくなるかもしれませんから計画性がないといけません。
    得点に関しましては、ラウンドのカラータイルの得点が獲得できるなら積み重ねたいところですが、完成した列から右側に行くほどに完成している列によるコンボ得点が一番稼げますから、両端を完成させるのはしていきたいとところです。
    はじめのパターンラインがランダム配置なので、それに関しては好き嫌いの意見はありましたけど、そのラインも判断してのタイル配置を楽しんだらよいかな。
    四人やと破損トラックが一気に動くことがあるのと、最後の方は苦しさのほうが強くなる印象のタイル獲得かな。
    二〜三人ぐらいが、オススメですかね。
    前作のアズールより、ゲーム性のほうが高くなったように気がしますが説明のしやすさと遊びやすさは、こちらのほうが好みかな。
    パターンラインをひっくり返したりするのを忘れちゃうことがあるので、みんなで気をつけながら、素敵なステンドグラスを作って下さい。
    機会がありましたら、是非お楽しみ下さいね。


    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |