SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 階段は眺めることになれば良く、ヒモトキとナゾトキは紐だけに謎にかかってる? | main | 知略悪略の名の通り、自分も相手もよいことがあるようにしているが、やはり裏では悪いことを考える。 >>
コタツからでたくはないけど、マフィアの襲撃があったり、天下を取りに行くから出た
0
    12月2日(日) 14時〜21時半
    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
    この日は、待ち合わせをして7時間ぐらい遊びましたヽ(´▽`)/

    【天下鳴動】(初プレイ)
    2人でプレイ。ボードがクルンと丸まっていましたので、コインで丸まらないよつにしました。
    ゲームのほうは、手番になりましたらダイスを3個振りまして2個と1個に分けます。2個のほう配置する陣地で1個のほうは、その陣地に何個のタイル(コマ?な気もしますが説明書にはタイルとあります)を配置するかが決まります。
    配置しましたら手番を終了します。
    ダイスを振る以外にも、ゲーム中に一回だけは軍略カードの使用もできます。


    全員のタイルが無くなりましたらゲームを終了します。終了しましたら、各陣地ごとに最多のタイルを配置しているプレイヤーがその陣地のタイルを獲得しまして、数字はそのまま得点になります。
    陣地は2〜12の順番でタイルの確認をしていき、最多ならタイルを獲得する以外にも隣接するタイルを配置している陣地に援軍のタイルを配置することもできますよ。
    それにより、さっきまで数で負けていました陣地で最多になることもできますので、どのようにタイルを配置していくかは先を見据えないといけないけど、ダイスに翻弄されますね。


    2人で遊んでから、3人でも遊びましたがプレイ時間15分前後でよいマジョリティ争いができてよいです。
    惜しいのは箱のままやとボードが使いにくいから、箱は変えるかなぁ(^-^;




    【星の旅行社】(初プレイ)
    金はないけど、ロケットを開発するぜヽ(´▽`)/
    金はどうやって産むかというと、乗客を開発途中のロケットに乗せて、裏返すことでお金になるんだぜ。そして、裏返した乗客はポイッてして新たな乗客を乗せてお金にする。なんかおかしなことを言ってるかのように思われるかもしれないが、だいたい合ってます。
    ゲームとしては、ロケットを開発して発射できたら勝ちになります。
    いろんなルールもあるけど、ゲームは分かりやすいんやけど、終盤は盤面を変えたくないから、わざと除外のアクションだけするもしたなぁ。
    ちょいとしたら、巡り合わせで勝つか負けるかになったかなぁ。システムやらゲーム性は好き。




    【ベビーカーでGO!】(初プレイ)
    協力して、プレイヤー全員が目的地に行けたらゲームクリアになりますが、途中で階段があったり、赤ちゃんが歩こうとしたり、マフィアの襲撃があったりにと、日頃、ベビーカーで散歩をしている時によくあることがトラブルカードとして用意されていますね。
    今回はうまくトラブルにも対処できてクリアはできましたが、上級モードはクリアできるかなぁ。試してみたいですね。



    【貴族の財布】(初プレイ)
    共通の財布を使用して、手番からはチップを取り出していき、お金を使ってアクションを購入したりします。
    購入したアクションには、コマを置きましてコマを回収することで使用できたり、永続的に発動したりするアクションもありますよ。

    袋からチップを取り出していきますが、赤のチップを2枚、お皿に乗せますとバーストしてしまい、アクション購入がその手番ではできなくなりますね。

    赤が一枚でるだけで、そのまま取り出すかどうかを悩んでしまいます。

    途中でまぁ、強烈な引きを連続でされて一気に終了条件であるアクション(勝利点)にコマを配置されて終了。
    3対4対18ぐらいで決着しましたね。アクションカードも種類が豊富やし何度も遊びたいバースト系ドミニオンかも。



    【ジャンブルオーダー】(初プレイ)
    デッキ構築をするのですが、毎ラウンド、手札というものは存在しなくて山札からカードをめくりまして、そのカードの効果を使用したり、場に並びました4枚のカードで戦争をしたり、カードを購入したりします。
    戦争に勝てないと感じたら、早めに撤退することでカードの購入の手番を早めることもできますよ。戦争に勝てば領地が伸びて、得点に繋がるカードの購入がしやすくなります。他にはカードごとに効果がありますので、うまく効果が発動できるとより高い効果の強そうなカードを購入できたり、得点が獲得したりできます。

    今回は追加カードぐらいでのプレイでしたが、まだ上級カードもありますし、遊び終わってからすぐに他の戦術を試したくなるゲーム感ですしリプレイ性が高いです。


    分かりにくくはないですが、効果のあるカードがほとんどなので、効果のあるカードゲームに慣れてないとはじめは難しいかもですが、オススメですね。


    【トライド】(初プレイ)
    自分がどのタイルを担当しているかは隠匿してプレイします。
    まぁ、だいたいはプレイから分かるのと2人でも2分の1で相手の隠匿タイルの色は当たるかな。
    自分の色は繋げて得点になるようにしていき、三角形の三つの角が自分の色タイルなら三角形の数が得点になるかな。
    ゲームは遊んでみたら分かるけど3人で遊んでみてからかなぁってのと色当てるボーナスは、2択やからいるのかな?って、ルールやったかな。



    【ジュエルディガー】
    自分のキャラクターと同じ色のタイルがなかなか手元にこなかったけど、着実にタイルを繋げていき、いつでも得点できるようにしていく。相手は、こまめに得点を稼ぎながら色ボーナスを2回獲得している。


    中盤から終盤は相乗りさせまいとブロックしていく展開。山札がなくなり誰かの手札が無くなったら即終了やから、最後は自分だけが得点して終わるような展開にしないとね。

    38vs38で同点で勝利を分かち合いました。やはり、サシのタイル配置は燃える。


    【トレンド】(初プレイ)
    ファッションには流行があり、それを作るのはプレイヤー自身。
    3×3に並んでいるカードの上にカードを重ねて、カラーやデザインをビンゴさせたらトレンドが起こります。
    そうしましたら、手札にあります流行しているカードと条件がひとつでも当てはまるカードを得点化することができます。

    すぐに流行は、変わりますので先を読んだ手札補充をしたりして、うまく流行の波に乗りたいゲームでした。
    カードのイラストが、どこか懐かしくて落ち着きます。




    【コタツのなかからでたくない】(初プレイ)
    いやぁ〜、コタツに入ってしまえばもうダメになるんですわ。コタツから出たくないに決まってるけど、みかんは食べたい。
    お手伝いをするのかしないのか、同じ行動をしてしまうと分け前が減るかもしれない。みかんの独り占めかそれとも動かざるもの食うべからずになるのかは、プレイヤー次第。

    コンポーネントがホンマにコタツみたいで雰囲気ありますね。
    少しプレイヤー次第で、ゲームは一気に崩壊しかねませんが、一度遊んでみて欲しい。3〜4人プレイやけど、4人がベストな気がする。



    ゲームマーケットの新作を一日遊びましたcomedyさんでした。
    また、ご一緒しましたらよろしくお願いしますヽ(´▽`)/
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |