SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
愚かなウシ
0
    【タイトル】愚かなウシ
    【プレイ人数】3人〜6人
    【年齢】8歳〜
    【プレイ時間】約15分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★★☆☆

    今回紹介しますゲームは【愚かなウシ】です。こちらのゲームは、フェンスから逃げ出しました動物たちを無事に主人の下に戻すようにします。ほとんどの動物たちは話せば分かってくれ戻ってくれるのですが、中には頑固者もおりまして、なかなか戻ろうとしません。
    なので、この際に他人に押しつけてしまおうってイケない考えがみんなに浮かんだのです。さてさて、どうなってしまうのでしょうか・・・って、ゲームになっています。

    ゲームで使用しますのは、家畜カード、要らない仔カード、マイナス点カードです。

    ゲームの準備としましては、要らない仔カードを種類別に分けてラウンド1〜3用のカードを1が一番上にくるように重ねます。
    要らない仔カードの下のドットの数で、どのラウンド用かは分かるようになっています。
    種類別に分けて重ねましたら、表向きにして置いておきます。

    マイナス点カードも種類別に分けて、表向きに置いて置いて下さい。

    最後にすべての家畜カードをよく混ぜ、裏向きのまま各プレイヤーに9枚ずつ配ります。こちらは、手札として、他のプレイヤーには見られないようにして下さい。
    配られなかった家畜カードは、山札としてテーブル中央に置いておきます。
    これで準備は、完了です。

    ゲームの流れとしましては、カードを配りました左隣のプレイヤーから手番を行っていきます。
    手番になりましたら
    『家畜カードを1枚捨て札にする』
    『同じ種類の家畜カード2枚を捨て札にする』
    『パスをする』
    の3つの中から1つを選んで行います。

    『家畜カードを1枚捨て札にする』では、手札から家畜カードを1枚選びまして、テーブル中央に表向きに出します。
    家畜カードは、4種類ありまして種類に応じてアクションを行いましたら捨て札にします。

    カードには、アクションが明記されていませんが
    『ヒツジ』は効果はなく、手番が左隣のプレイヤーに移ります。

    『ブタ』は、左隣のプレイヤーに山札からカードを1枚引くか、捨て札の一番上のカードを手札に加えるかを選ばせます。

    『ウマ』は、全員が手札から一枚を選びまして、左隣のプレイヤーに裏向きに渡します。
    出したウマカードが、最後の1枚の場合には、このアクションは行いません。


    『ウシ』は、カードを出したプレイヤーが山札からカードを1枚引いて手札に加えます。愚かですねぇ〜。


    次に『同じ種類の家畜カードを2枚捨て札にする』では、捨て札にした種類と同じ現在のラウンドの要らない仔カードを山札から自分の左隣のプレイヤーの前に置きます。

    すでに山札から要らない仔カードが誰かの前に置かれているなら、そのプレイヤーの左隣のプレイヤーの前に要らない仔カードを置きますよ。
    場合によっては、同じ種類の家畜カードを2枚捨て札にしたら、自分の前にくるかもしれませんから、気を付けて下さいね。


    『パスをする』では、パスを宣言して捨て札か山札の一番上のカードを手札に加えて、手番を左隣のプレイヤーに移します。

    どれかアクションを行いましたら、左隣のプレイヤーに手番が移りまして、同じように手番を行っていきます。
    誰かが手番を終えた時点で、誰かの手札がなくなっていましたら、ラウンドを終了します。
    ラウンド終了時に一番多く手札を所持していたプレイヤーはマイナス4点、二番目に多く所持していたプレイヤーはマイナス2点のカードを受け取ります。
    一番多いプレイヤーが複数人いましたら、そのプレイヤー全員がマイナス2点を受け取りまして、二番目に多いプレイヤーは受け取りません。
    受け取りましたマイナス点カードは、裏向きにして、自分の前に置いておきます。


    ラウンド終了時に、自分の前に置いてあります要らない仔カードも受け取りまして、裏向きにして、自分の前に置いておきますよ。

    ラウンドを終わらせましたプレイヤーが、次のラウンドのディーラーとなり、スタートプレイヤーはディーラーの左隣のプレイヤーになります。
    ゲームは、この流れを3ラウンド行いまして、受け取りましたマイナス点カードと要らない仔カードの合計が少ないプレイヤーの勝ちになります。
    同点なら勝利を分かち合います。


    何度も遊んでみまして、プレイ人数によりゲームの印象は変わりました。
    3人で遊びますと、すぐに要らない仔カードが手元までくることが多くて、不用意に二枚を捨てるアクションを行うと危険でした。
    4〜5人で遊ぶとみんなで同じ要らない仔カードの二枚捨てをするとすぐに手元までくるので危険でした。
    つまり、要らない仔カードはすぐに手元にくる( ; ゜Д゜)
    一度、場に出た要らない仔カードはもう誰かに押し付けるしかない。しかし、押し付けようとする間に誰かの手札がなくなるとラウンドは終了してしまうから、うかうかもしていられない。
    残り1枚になると手札を無くさせまいとする邪魔もあるし、盛り上がります。
    カードの種類は4種類で、カードテキストはありませんがカード効果がありますが、覚えやすいので遊び始めますとそのまま楽しめます。
    3ラウンドも説明込みで15〜20分ほどで終わりますし、遊びやすいタイミングが多いゲームだと思いますので、よかったら遊んでみて下さいね。

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    フォロー&リードは多重人格。茶葉はプレイの仕方で、甘くも苦くもなる。
    0

      1月12日(土) 13時〜22時
      京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
      この日は、待ち合わせをして閉店間際までこちらのゲームを楽しみました。

      【メソポタミアの扉】(初プレイ)
      こちらは、5種類ほどゲームが遊べて、今回は2種類楽しみました。
      「シュメールの遺跡」は、交互にタイルを配置してコマを動かして、ゲーム終了時に相手より高い位置にいるか、相手がタイルを配置したり出来なかったら勝ちになります。タイルは色んな形がありまして、重ねるときには下に空間ができたりはしてはいけないので、ゲームが進行するにつれ配置できなくなる可能性が高くなりましたね。



      二回遊ぶとなんとなく感じは掴めたかな。

      「セミラミスの空中庭園」
      こちらは、協力か対戦を選んで遊べます。今回は協力して、できるだけ柱を使用しないようにして、すべてのタイルを積むことを目指しました。


      タイルですが、なんでも好きなのを選べるわけではなくダイスを2個振り、どちらかの出目を選んでその先にあるタイルを積んでいきます。タイルを積む前に柱をいくつ使用するかを決めて、柱を配置してからタイルを積むのです。
      すべてのタイルを積むことができたら、ゲームを終了して、使用しなかった柱の数が得点になります。
      ルール間違いをしていなければ、18個使用しなかったので18点かな。今度は対戦するぞ(*´∀`*)





      【フォーセール】
      3年ぶりぐらいに遊んだかも。似たゲームで、ハイソサエティがあるかな。
      こちらのゲームは、二段階の競りで構成されています。はじめは、建物を競りします。建物の価値は1〜30まであり、こちらは毎回4枚が場に並びますので、チップで競ります。早めに降りましたら、一番価値の低い建物カードを獲得します。降りた時に、チップを出していましたら切り上げでチップを払いまして、カードを獲得します。最後までチップを出していたプレイヤーは、全額チップを支払いまして、一番価値の高い建物を獲得しますよ。
      こちらを7ラウンドしたら、次は競り落としました建物を売却する競りになります。


      この時は、競りといいましても建物カードを手札から一枚選びまして、同時に公開して建物の価値が高い順に高値で売買します。
      売買価格は、毎ラウンド4枚が場に並びますので、場合によっては0$になることも・・・。

      だれがどんな価値の建物カードを競り落としたかを覚えたりしていると、少しお得に建物を売却できるかもですね。
      建物カードをケチって少し普通の売却金額になり最下位(´;ω;`)
      また、遊びたい競りゲームですね。


      【トリッキービリー】(初プレイ)
      多重人格トリックテイキング。
      マストフォローのトリックテイキングで、リードプレイヤーがプレイした色(人格)と現在の人格のどちらかをフォローする。できなければ好きな人格をプレイします。それが、そのトリックではじめての人格カードでしたら、人格が変わります。
      人格が変わりますと、トリックの獲得条件が変化します。人格が変わるのは、1トリック中には1回だけです。
      全員がカードをプレイしましたら、リードカラーと人格コマがあるカラーをプレイしたプレイヤーで、誰がトリックを獲得するかを確認してトリックを獲得しますよ。



      10トリックしましたら、誰かがゲーム終了条件を満たすだけトリック数を獲得していたら、ゲームを終了し、していなければ次ラウンドをします。
      ゲーム終了時、トリック獲得数が二位だったプレイヤーが勝ちになります。



      4人〜5人でプレイして、人格が変わる瞬間は楽しかったなぁ。
      勝ちたくないのに、一気に勝ったりしたりやらするし、わざと勝たせるようにしたりやら狙えると面白い。
      少しトリックテイキングを遊んだことないと混乱するかもね。

      【The Lost Brave】(初プレイ)
      武器、スキル、役職がランダムで配られて、キャラクターもそれぞれ能力は、奥の手として隠し持っています。
      ゲームとしては、プレイヤーを一人を攻撃して攻撃されたプレイヤーは、ダメージを受けるなら、ダメージごとにカードを公開したり公開したカードを移動させたりします。すべてのカードを公開して移動させ、さらにダメージを受けると負けになります。ダメージを受けて、公開したカードは、武器や役職の能力を使用できるようになります。そうすることにより、反撃したりとかできるようになりますよ。
      個人戦やと、最後は少し詰め将棋感と狙うと狙われるって感じやった。
      チーム戦があるみたいなんで、遊ぶなら同士討ちになるにしてもそちらをオススメかな。


      【園藝大師】(初プレイ)
      タイル配置ゲームかな。タイルを配置して、園芸を楽しみます。
      タイルを配置するためには、太陽や水、土の力を獲得して花に光を与えたり、タイルを獲得できるようにします。
      ただ園芸も一筋縄ではいかないので、マグマや雪による妨害にも負けないようにしなくてはいけない。
      そこで、ハサミやスコップ、ハサミやジョウロといった道具を使用して園芸を有利にするのです。


      道具カードが取ると数が決まっているので、膠着状態になる場面もありましたが借りるルールがあるみたいなので、それならだいぶ変わりそうかな。
      得点が伸びるように今度はしたいね。


      【MAJOLICA】(初プレイ)
      マジョリカ。タイル配置ゲーム。
      各ラウンドでは、タイルを選んで獲得して配置をします。選び方は、テーブル中央に並んでいますタイルを外周から縦横を選んで一列獲得するか、外周からタイルを1枚選んで獲得します。
      獲得したタイルは、自分の個人マップに配置します。配置場所ごとに、完成条件が決まっていて、完成すると完成させたタイルから
      選んで目的カードにタイルを配置します。目的カードも完成させる条件があり、完成したら得点になります。完成した場所のタイルは、スライドして横の配置場所に移動してそれによりさらに完成といったコンボ要素がありました。
      目的カードは、タイルを1枚だけで獲得しないと獲得できませんので毎回、たくさんのタイルを獲得するだけではいけないのはよくできていましたね。



      【CEYLON(セイロン)】(初プレイ)
      茶葉とかが関係あるゲームかな。
      山で植樹をして、収穫をしたり出荷を行ったりして得点やお金を稼ぎます。
      手番では、カードをプレイしてアクションを行いますがカードには上下にアクションが描かれており、プレイした際に上側は手番プレイヤー、下側は手番以外のプレイヤーがそのアクションを行えます。
      描かれているアクション以外にカードの真ん中には、お金を獲得するか移動するかのアクションも描かれており、上下のアクションを行わない、行えないときに選ぶこともできます。

      こちらも個人ボードを使用しまして、植樹をしていくと失点が減るとともに、出荷の際に獲得して配置できますタイルが増えます。
      手番では、手札からカードを1枚選んでプレイしてアクションを行っていくだけでテンポよく楽しめて気づいたら1時間ほど経過するようなゲームでした。
      得点の獲得方法も、植樹によるエリアマジョリティや出荷による得点、最終所持資金力に技術力と様々あり悩めました。
      セイロンの自作サマリーがとても分かりやすかったので、作成された方に感謝です。




      【フィンクの森】(初プレイ)
      流れてくるお宝を獲得するゲーム。ゲームシステム的には、すこ〜しユルいかなぁ。
      イラストが「でゅえるメイト」の作者で、デザインは好み。 


      【飛行船都市】
      2回目のプレイ。説明をするが抜けそうになるから気を付けないとね。
      今回は、はやめに飛行機を1機作りまして3機で飛行船都市を飛び回る。ワーカープレイスメントでは、やはり数は正義。
      しかし、調子にのり4機目を作成したけどうまく活用はできずで伸びきらなかったなぁ。飛行船を開発したり、交易を達成したりにと得点やお金の稼ぎ方も分かりやすいけど、稼ぎやすいとは言っていない。
      スタートプレイヤーが変わらないのだけが、少しこの手のゲームでは常に最後手番のプレイヤーはキツい展開が多いの以外は、楽しいゲーム。なにか攻略法やらあるとよいなぁ。
      こちらのゲームは、今年何度も遊ぶことになるかと思います。





      【うんちしたのだぁれ?】
      最後にみんなで仲良くうんちして帰ることにしましたが、6人でプレイすると危険である。
      みんなで、うんちの擦り付け合いなのでカードを出すスピードが「漏らしたことないヤツは帰りな(-。-)y-~」ってスピードです。
      カードが減っていくと、宣言ミスが起こりますが出し切るとみんなスッキリしていましたので、うんちするのはいいことです。
      伏せ字は、このブログ記事についてこれないから置いてきた。



      一日しっかりと楽しみましたcomedyさんでした。
      また、ご一緒しましたらよろしくお願いしますヽ(´▽`)/


      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      燃えよ!!トリテ!!
      0
        1月9日(水) 18時〜21時半
        京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
        この日は、こちらのゲームを楽しみました(・ω・)ノ

        【ジャンブルオーダー】
        4人で遊びました。4人ははじめてかな。
        戦争が両隣とだけやし、対岸は気にしなくてよい。今回は、ドラゴンを少し集めたりしたデッキになったかな。
        はじめは、巾着切りとかで国庫を貯える(あとで処刑人で切りましたが・・・)。
        金貨所持カードが少なくなるかもですが、ジャンブルサプライから処刑人を雇って先読みでデッキ操作と武力の底上げ。


        建物も購入したりしましたが、建築家は取られて基本的には、建物の得点がメインになりそう。
        両隣がエルフ、ゴブリンといった感じでデッキが分かれていて、それぞれしたいことして得点は稼いでいたかな。

        今回は上級カード以外で楽しみましたが、そろそろ上級カードありで楽しみたいなぁ。


        【手札のないトリテ】(初プレイ)
        3人でプレイ。手札はないトリックテイキング「手札のないトリテ」
        ゲームは、切り札カード、カードの強弱、マストorメイ、ジョーカー&リードプレイヤーのカードがあり、各種類ごとにランダムに1枚ずつ選び、さらにランダムに各プレイヤーに1枚渡します。
        3人プレイ時は、配られなかった1枚が共通の公開情報になります。
        各プレイヤーは、今回のトリックテイキングの一部ルールを知っている状態で10ラウンド、トリックテイキングを行います。

        各ラウンドでは、ランダムに4枚のカード(トランプは用意しないといけません)が場に並びますので、順番にトランプの上にキューブを置きます。3人ならキューブが置かれなかったトランプは、ダミープレイヤーのキューブを置きます。
        全員が置いたら新たにカードが4枚並ぶので、同じようにキューブを置き、これを10トリック行います。
        そうしましたら、自分は何回トリックを獲得できるかを予想し、全員で同時に指で宣言します。
        そうしましたら、全員のルールカードを公開し、そのルールに従いましてトリックの獲得を確認していきます。
        10トリックの確認が終わりましたら、宣言した数字の誤差を確認してルールの組み合せに応じました得点を獲得します。


        得点の確認が終わりましたら、同じように準備とゲームを行いまして、2ラウンドの合計得点が高いプレイヤーの勝ちになります。


        トリックテイキングを遊んだことあるなら、切り札のルールは、トランプの各スートのどれかかないかやし、マストフォローかメイフォロー、ジョーカーでトリックが獲得できるかできないか、Aが最強か最弱、2が最強か最弱やしまぁ分かりやすいけど、2が最強で、Aが最弱のときは2→3→4→... →Q→K→Aの強さでよいのかな?
        ゲームは、また4人とかで遊んでみたいゲームでした。
        トランプが、ブルース・リーやし熱いでヽ(´▽`)/



        隣のテーブルでは【マグナストーム】が遊ばれていたので、こちらも今度は遊んでみたいゲームですね。


        仕事終わりに、ボードゲームを楽しんで気分転換になりましたcomedyさんでしたヽ(´▽`)/
        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        ジャングル、ジャンブル、君が撃て
        0
          1月8日(火) 17時半〜22時
          京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
          この日は、こちらのゲームを楽しみましたよ。

          【じゃんけん将棋】(初プレイ)
          2人用のゲーム。駒はグー、チョキ、パーとキングかな。
          ゲームの勝利条件は
          「相手のグー、チョキ、パーの駒をどれか3駒とも獲得する」
          「相手のキングを獲得する」
          のどちらかを満たしましたら勝ちになります。

          駒の獲得方法は、駒を動かしてじゃんけんで勝っているなら獲得できます。
          あいこ同士や負けているなら獲得できません。
          そして、じゃんけん駒は後ろには動かすことができませんので、動かせるのは左右か前かナナメで1マスすね。
          キングは、縦横ナナメと動かせて好きなマス動かせますし、どの駒も獲得できますが、どの駒にも獲得されますので、総受け、総攻めな駒ですね。

          将棋なんで、詰んだ瞬間はあぁ〜(´;ω;`)

          初期配置が1駒ずつ、同時に配置するので初期配置はかなり重要ですね。偏りはよくも悪くもです。
          プレイ時間も短くて、楽しめたなぁ。ルールも分かりやすくてよい。




          【ガブル】
          無事に卵のある列で勝利したのだが、他の列でふつうに負けてしまい、あっさりと5列のラインを制圧されてしまいました(・・;)
          怪獣の手の1/2の選択肢を外さなければ・・・
          初プレイの方も気に入っていました。




          【ジャンブルオーダー】
          3人でプレイ。神風ゴブリンを雇ってから、すぐに戦闘で勝ち。風のように消えていきました。今回は基本的に撤退はせずに、戦闘で勝つようにはして早めの建物購入からの建築家2枚で荒稼ぎかなぁ。
          勝つには勝ったけど、裏切り者の効果使用忘れにより戦闘勝利もあったし申し訳なかった。
          カードの効果テキストが多いから、確認しながらやったけど、次はスムーズに遊べそうかな。






          【君が撃て俺が葬る】(初プレイ)
          5人でプレイ。5色の早撃ちプレイヤーがいますが、毎ラウンドどの早撃ちになるかは分かりません。
          ゲームは、自分以外のプレイヤーを撃つか生き残りをすることを目的とします。
          毎ターン、ターゲットなるプレイヤーはランダムに決まりますがたまに自分がターゲットになることがあります。
          そんなことになりましたら、タバコでも吹かしていたらよいのですが、ターゲットを配られてから10秒以内の選択と使用カードが減っていきますので、気づいたら撃つカードしかない時は、どうなるか想像できますよね(´;ω;`)
          撃つスピードもあり、遅くても先に狙われてる相手が撃たれていたら無事なこともあり、撃つのも命懸けですよ。

          一回焦って自分を撃ちました(^o^;)
          よいパーティーゲームでしたよ。


          【ジャングルスピード】
          突然始まる手の伸ばし合い。カードをめくる瞬間は、誰と争うことになるのか緊張が走る。弱き者はジャングルで生き残ることはできないのだ。



          この日は、じっくりと遊んだりスピードゲームにと楽しみました。
          また、ご一緒しましたら、よろしくお願いします(・ω・)ノ
          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          タブーコード
          0

            【タイトル】タブーコード

            【プレイ人数】2人〜8人

            【年齢】12歳〜

            【プレイ時間】約5分

            【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆

            【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

            今回紹介しますのは、ケンチャンヌさんの【タブーコード】です。

            ゲームは、見知らぬ部屋にいたところから始まります。

            僕たちは部屋の中にいると『タブーを破ると脱落する』と、どこからともなく男の声を聞く。

            僕たちが『誰だ?』と尋ねても、男は話を続け『この部屋から脱出するには、最後の一人になるとこだ。もしくは脱出するための解除コードを探すことだな。醜く争うがよい』と言い残す。

            勘がよいものは理解し、状況を呑み込めないものは呆然としている。

            僕たちは脱出することはできるんだろうか・・・。


            ゲームで使用しますのは、タブーカード30枚。タブーカードは、上下でタブーが違います。タブーの種類は『発言のタブー』と『行動のタブー』の2種類です。

            ※タブーが分からないようにスタンプで隠しています。

            ゲームの準備と流れとしましては、すべてのタブーカードを裏向きにしてよく混ぜ山札にします。

            各プレイヤーは、山札から1枚ずつ自分は見えないようにしてタブーカードを引きます。

            他プレイヤーからは、タブーコードを見えるようにして手に持ちまして、正しい向きになっているタブーが、そのプレイヤーのタブーになります。

            全員がお互いのタブーを確認しましたらゲームスタートです。

            ゲームが始まりましたら、好きに会話をしてよいですし、行動するのも構いません。

            タブーを恐れてしまうこともあり、喋らないこともあるので、そういった場合には順番に質問をしたりすることも推奨されています。


            ゲームのほうは

            『プレイヤー1人以外が全員脱落したら、残りましたプレイヤーの勝利。』

            または

            『誰かがタブーの「解除」に成功したら、そのプレイヤーの勝利。』

            のどちらかで終了します。


            脱落は、ゲーム中にタブーとされていることをしたプレイヤーを見つけましたら、指摘をします。

            指摘をされましたプレイヤーは、カードを表向きにして脱落となります。

            脱落しても、会話に参加して構いませんので最後までゲームを楽しめます。

            解除に関しましては、自分のタブーが分かりましたら『解除』と宣言してから、自分のタブーを発表し、カードを表向きにします。

            正解していたら勝利ですが、間違っていたら脱落となります。


            ゲームのほう遊んでみまして、タブーなことをいきなり話したり、したりしてしまうようなタブーもあり脱落する時も早いですが、そのあとに会話にも参加はできますので、最後までゲームに参加できるのは嬉しいかな。

            遊んだメンバーが積極的に話したり、行動するメンバーだったのでスムーズに遊べましたが、内気なメンバー同士やと少し盛り上がりにくくは感じるかもしれませんね。

            一度だけ解除による勝利をしましたが、ほとんどは生き残り戦になるかな。

            会話の自然さ、不自然さやなにかさせようとする思惑に少し不思議な空間にはなりますね。

            遊ぶには、場所は取りませんしプレイ時間も短めですので遊びやすいですかね。

            ゲーム会の中盤とか慣れてきたメンバーと遊ぶのにオススメです。

            あなたは、最後までタブーを言わない、しないでいられますかね(。-∀-)ニヤリ

            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |