SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
現在、毎日0時更新なのでよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
大阪府守口市にありますゲームスペースクルラコーンさんに行って来ました(・ω・)ノ
0
    8月17日(金) 14時50分〜17時40分
    大阪府守口市にありますゲームプレイスペースクルラコーンさんに行ってきました。
    京阪土居駅から徒歩1分、地下鉄谷町線太子橋今市駅から徒歩7分ぐらいです。守口とかは遠いイメージがありましたが、大阪まで行って谷町線に乗り換えると15分ほどで駅まで着きましたね。

    外から見えるようにプレイ料金や営業時間に定休日と貼り紙をされていました。



    大人の方が一人につき、小学生以下は無料みたいです。

    他にも学生割とかもされていました。


    イベントとか営業予定は、ホワイトボードに記入してありましたので、来店の際にはチェックしてみて下さいね。


    店内のほうは、このようになっていました。カウンター席で少しゆっくりするのもよいですし、少し細長いテーブルで足を楽にして遊ぶのもよいですね。



    2階に上がる前には靴を下駄箱へ。

    少し階段は急とは言われていました。

    テーブルひっくり返っていますが、8人ぐらいはゆっくり座れそうなスペースです。

    ボードゲーム棚には50個〜ぐらいのボードゲーム。ドミニオンやらカタンにカルカソンヌにサイズやらがありましたね。




    ゲームのほうも遊ばせて頂きまして、まだ遊んだことがないのを2個。
    【星の王子様】(初プレイ)
    タイルを選んで惑星を作る。最終的には4×4の16枚のタイルが自分の前に並びます。並びますタイルは決まっています。キャラクタータイルは、得点に関係してきますので、その4枚はかなり重要ですね。

    2人やと2枚は表にして1枚は裏にして、その3枚から1枚を相手が先に選びます。
    これを繰り返していき、タイルがキレイに並び終わりましたら得点争いです。場合によっては、惑星が破壊されたかのようなタイル配置になったりするみたいなんで、思ってた以上に激しさのあるゲームでした。


    【KYOTO】(初プレイ)
    こちらもタイル配置ゲーム。自分の得意な柄がありますので、その柄をくっつけると得点獲得時により獲得できます。他の柄でも得点は獲得できますよ。


    ゲームのほうは1つでも柄が合えばタイルが配置できますので、難しいところはなかったですが、2人だと得点差が開いたときにセーフティーにされると、追いつくのはかなり厳しく感じましたね。
    タイルは配置されていくほど、彩りはよいゲームでした(*´∀`*)



    【ディクシット】
    他にもお客さんが来られまして、一緒に遊びました。こちらのお題は『たまご』でした。どれが正解でしょうね。

    こちらは僕がお題を出しました『プロポーズ』です。案外分かられてしまった。

    うまく一人だけに分かってもらったりすると嬉しいですね。はじめましてでも、感覚とか言葉のチョイスとか知れますのでグッドコミュニケーションゲーム。

    【レベルX】
    一つは持ち込みゲームを遊びました。
    ボクがセットコレクションを作れる頃には、他の方が得点を稼がれていましたね。
    『ダイスだけ使うゲームで、こんだけ面白いんや(*´∀`*)』って言ってくれたのは、素直に嬉しいよね。
    しかし、次は負けないぞ〜(´;ω;`)



    帰る前にお店の名前の意味が『酒蔵の妖精』って意味で朝まで遊び倒すみたいな感じでした。
    お店のほうも、これから色んなことをされていくと思いますので是非遊びに行ってみて下さいね。また、お会いしましたらよろしくお願いします(・ω・)ノ

    【営業時間】
    平日、休日 13:00〜22:30

    【定休日】
    月曜日

    【住所】
    570-0074
    大阪府守口市文園町3-7

    京阪土居駅から徒歩1分
    地下鉄谷町線太子橋今市駅から徒歩7分
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    カルタヘナ
    0
      【タイトル】カルタヘナ
      【プレイ人数】2人〜5人
      【年齢】8歳〜
      【プレイ時間】30分〜45分
      【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
      【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

      今回紹介しますのはカルタヘナです。
      こちらは、昔にカルタヘナでありました要塞からの大脱獄をテーマにしたゲームです。脱出後に海賊たちの向かった先はトルトゥーガ島・・・あれ?聞いたことある名前だな。

      こちらのゲームで使用しますのは、ゲームボード。脱出するために必要なカード、船や脱獄ボード、海賊コマとなっています。カードに関しては6種類のシンボルマークがありまして、それぞれ17枚ずつあります。



      ゲームの目的は、自分の海賊コマをすべて誰よりも早く脱出させることが目的となります。
      ゲームの準備は、ゲームボード8枚のうち6枚を繋げて1本の地下通路を作ります。出来上がりました地下通路はトンネルと呼ばれます。

      次にトンネルの両端に牢獄ボードと船ボードを置いて下さいね。
      各プレイヤーは、好きな1色を選びまして海賊コマ6個を受け取り牢獄ボードに置いて下さい。

      カードをすべてシャッフルして、各プレイヤーに6枚ずつ配ります。配られましたカードは、手札になりますので他のプレイヤーには見られないようにして下さいね。

      準備ができましたらジャンケン等でスタートプレイヤーを決めまして、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていきます。自分の手番では1〜3回のアクションを2種類から選んでプレイできますよ。

      (1)手札からカードを1枚プレイすることにより、自分の海賊コマ1個を前進させる。
      手札からプレイしたカードと同じ他のコマが置かれていない次のシンボルマークまでコマを移動させます。



      (2)自分の海賊コマ1個を後進させることにより、山札からカードを1〜2枚引ける。
      後進させる海賊コマを1つ選んで、最も近い1〜2個の海賊コマが置かれていますシンボルマークまで後進させます。
      後進させる時に最も近いシンボルマークに海賊コマが3個置かれているなら飛び越えて、1〜2個の海賊コマが置かれていますシンボルマークまで後進することになりますよ。
      後進した時に後進したシンボルマークにすでに置かれていました海賊コマが1個なら1枚、2個なら2枚を山札からカードを引いて下さいね。


      前進しなくては脱出できませんが、時には後退させることも必要です。
      マークでの飛び越しは、自分のコマ以外に相手のコマもできますしされたりしますので、前進のタイミングの見極めて下さいね。
      脱出できなければどうなるか・・・海賊なら分かりますよね(。-∀-)ニヤリ

      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      comedyボードゲーム棚制覇への道〜その33〜(エルタイルズ新版)
      0

        8月7日(火) 18時半〜22時半
        京都市右京区山之内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
        この日は、まずは男3人での【たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ】を遊びました。プロポーズは想いがあれば伝わるはずですよ。変に各個つけるよりスマートにね。


        【ボーナンザダイス】(初プレイ)
        ボーナンザとはまったく違うゲーム。交渉とかはない。自分の畑、他プレイヤーの畑と耕していくのはダイス、ダイス、ダイスがすべて。出目に愛されない畑はそれまでさ。


        【よくばりハムスター】(初プレイ)
        4人でプレイ。手番では場にある種カードを獲得するか、数字と同じ種カードを自分の前に置くか、置いてある種カードを食べて手札が多いプレイヤーから数字分のカードを獲得するかを2アクションします。
        他のプレイヤーが置いているカードは自分の前に置けないので、種を食べるタイミングやカードを置くのか取るのか考えます。
        食べれたら1枚1点、残した手札は1枚1点マイナスです。
        ハムスターがモグモグしているカード裏が可愛らしい。こちらは牽制しつつも気づいたらやられたり、あまり手札は持ちたくないけど得点に繋がり難かったりとよくできたゲームで面白かった。




        【ウントチュース】(初プレイ)
        1〜15のプラスカード、マイナス5と10のカードがあり、それをランダムに配り人数マイナス1枚のカードを並べます。
        手札から1枚を選んで一斉に表にして一番数字が小さいプレイヤーは、並べてある数字で一番数字が小さいカードを獲得しラウンドから抜けます。次も同じようにカードを一斉に表にして、先ほどの数字と足し処理は同じように行います。最後の一枚は、残った2人で争い一斉に表にして、今までのカードの数字合計が高いプレイヤーがカードを獲得します。
        獲得しましたカードの数字がそのまま得点になりますよ。早めに低い数字を取りに行くか最後まで粘るか。変わる状況と手札と相談しながらカードをうまく獲得するようにするゲーム。
        こちらも楽しみましたぜ。ウントチュースヽ(´▽`)/



        【デカスロン】(初プレイ)
        10種競技をカードを使って種目ごとに競い合いまして、1〜2位は得点メダルを獲得できます。3〜4位はカードを2枚獲得して次以降の競技に備えます。1〜2位も1枚は獲得しますよ。
        種目ごとに効果的なカードが違いますので、ただ数字の高いカードを持ってるだけでは勝てません。時にはこの競技は思い切って流すのも必要ですかね。

        カードの同時出しに順番にカード出したりにと種目ごとに色んな遊び方が用意されていて、最後まで楽しめました。
        最後の競技は、カードを全部出したりしての合計値勝負とか熱い!!
        是非遊んでみて下さいヽ(´▽`)/



        【welcome to...】
        こちらは2回遊びました。2回とも公園はしっかりとよくして得点を稼ぐ。目標は2個ぐらいは達成できるように、不動産は程々にかな。プールは無理しないように設計かな。派遣は必要以外には使用しないと色々決めて2回遊んでみて、なかなかよい得点でした。また、いろんな方と一緒に遊びたいですね。



        この日、上記のゲームを遊びまして続きまして8月8日(水) 18時半〜22時半はこちらのゲームを遊びました。
        【RONDO】(初プレイ)
        こちらのゲームは5色のチップが24枚ずつあります。手番では一筆書きでチップを配置して得点を獲得して1枚チップを袋から引くか、袋から2枚のチップを加えるかをします。
        ボード上のマスに色の付いた数字があるので、その上に同じ色のチップを配置したら枚数?数字の得点を獲得します。
        わざとチップを裏面にして配置したりして、一筆書きが伸びるようにするのもたまにしますね(チップと数字が同じ色じゃないと配置できないから)。


        中途半端に配置していくと数字の高いマスに他プレイヤーが先に配置したりするかもしれないので、配置の仕方はかなり重要ですよ。ルールも簡単で遊びやすくて見た目も分かりやすく楽しいので、よいゲームだヽ(´▽`)/


        【L-tiles】
        エルタイルズの新版を一足早くプレイさせて頂きました(*´∀`*)

        ゲームデザインは『かぶきけんいち』さん。
        アートワークは『別府さい』さんです。
        もともと、3〜4年前に販売されていましたのがアソビションさんから新版として発売されます。

        ゲームのほうは、名前の通りLタイルを配置していきます。タイルには自分のマーク以外に他プレイヤーのマークもあるので、自分のエリアが伸びつつ、他プレイヤーも伸びたりしますね。
        10個ちょうどなら6点になりますが、まぁそうならないようにみんなで邪魔しますよ。4枚以上からは得点になりますが13枚以上なら0点です。他にはマークを4つ繋げると3点のボーナスがありますよ。
        アートワークで、新たなエルタイルズにはなりましたが面白いのに変わりはない(*´∀`*)



        少しだけスペースいりますが、3人でこんな感じですかね。

        見やすく遊びやすくなりました新版のエルタイルズ。今月末に発売されますので、是非手に入れて下さいね。ボクも手に入れるぞヽ(´▽`)/



        【ルクソール】
        よし、インストをもっと早く正確にできるようになるかもしれない。分かりやすく楽しんで貰えるようにしたい(・ω・)ノ
        ゲームのほうは、今回は墓室まで先に2体をゴールさせたぜ。財宝も3セット獲得したし、まわりを見ながらの冒険に安定感が出てきた。もっともっと遊ぶぞo(^o^)o




        【センチュリー:イースタンワンダーズ】
        今回は取引所を早めに開設をしていき、生産時に追加で赤キューブを獲得できるボーナスタイルを獲得。あらかた開設しつつタイルは早めに獲得していき最後手番を生かして4枚目の得点タイルを勝てるタイミングで獲得。ボーナスタイルと合わさった生産はなかなかに強力ですね。
        初期市場タイル、得点タイルのめくれ方以外は運要素は少なく、勝ち筋はイメージが必要かもです。



        【にわにはにわにわとりがいる】(初プレイ)
        自分のにわとりの尻尾を先に4本にしたら勝ち。移動先のタイルをめくれたら進める。進み方は4→3→2→1と尻尾が増えるほど減りますね。何回もタイルをめくるのになかなか覚えられへんし、さらには相手がめくりたいタイルをめくる始末(。・ω・。)
        しかし、最後は追い上げましたヽ(´▽`)/
        こちらは2人で遊ばれます方は、よかったらどうぞです。



        隣の卓でしていた【新版のブラス】が、めちゃくちゃ羨ましいぞ(*´∀`*)
        今度は遊ばせて貰いたい。
        2日連続で楽しみましたcomedyさんでしたq(^-^q)


        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        栄光のエクストリーム子ギツネ
        0
          7月28日(土) 13時〜19時
          京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
          到着した時ぐらいに1組、しばらくしてから2組ぐらいとあっという間に満席になりました。
          予約して待ち合わせしていましたので、奥のテーブルを使用しまして遊びました。

          【ルクソール】
          まずは2人でプレイ。
          お互いに少しずつ冒険者を移動させて、財宝タイルを獲得しながらの展開だったのでマスが結構スカスカになったかな。

          冒険者を全体的に進めさせた分で勝てたかな。最後に墓室に辿り着けるように手札をうまく使いながらしていかないと辿り着けないようになってますよね。



          3人になってからも遊びましたね。
          こちらは一人が2人の冒険者を走らせて財宝タイルはワンセットぐらいでしたが、墓室に2人辿り着かせたのでそれだけで34点。財宝タイルをうまく稼いで得点も伸びましたが、もう少し冒険者が進めていかないといけなかったなぁ。
          毎回、いろんな展開があり勝ち方も違って楽しめるなぁ。



          【センチュリー:イースタンワンダーズ】
          大航海ルールでは初プレイ。マップで使用するタイルが少し違います。
          手番ではセンチュリースパイスロードと同じように手札からカードをプレイするか、場にありますカードを獲得するかができます。
          船コマの移動は手札にありますカードを裏向きで捨てるか、使用したカードを裏向きで捨てるかをします。休息することでカードは回収できますよ。
          取引所の開設や市場の使用、港の使い方はセンチュリー:イースタンワンダーズ単体と同じです。
          手札からのプレイもキチンと生産や変換もできますが、船コマを移動させるには手札や捨て札を使用するので使うタイミングや取引所の開設を早くしておきたいと、また違う悩ましさを感じるなぁ。

          今回はうまく変換やら生産したりして、最後は開設しながら頃合いを見て4枚目の勝利タイルを獲得しました。
          これはまた遊びたいなぁ。ルールはしっかり読まないと見落としちゃうようなルールには感じるな。


          【welcome to...】
          公園をしっかりと育てあげてプールも設計して仕上げる。目標は2つだけの達成でしたが、区画の価値を上げてしっかりと稼ぎ、bisは使用せずで終了。
          ゲーム終了時に同点だと思いましたがbisの差で勝ち。今度はプールをすべて作ったりしたいなぁ。


          【はやあし子ギツネ】(初プレイ)
          鶏さんを追いかけるキツネ。先に鶏に追いつくか追い越すかをしたキツネが勝ち。
          ラウンドではダイスを振り、出目をキツネのどれかに配置して進ませます。すべてのキツネが進んだら鶏もダイスにより動きます。すべてをしたら次のプレイヤーが同じようにします。ダイスをどのタイミングでどのキツネに配置するか、最後に他プレイヤーのキツネだけ残すとダイスの出目によりかなり進むので、あっさり終わることもありますがルールもシンプルで分かりやすかったね。

          キツネがなんともいえない顔してる。


          【ヘックメックエクストリーム】(初プレイ)
          ヘックメックの拡張です。特殊なコマがあっりしてダイス振るときのお助けに獲得したタイルを守ったりしてくれましたね。
          ちょっとしたアクセントによい拡張でした。最後はタイルの奪い合いに散りました。



          【栄光のヒクトリア】(初プレイ)
          宝箱を作ったりして、宝箱にコレクションを集めていく。相手にはキツネを押しつけてコレクションの価値を無くすようにする。手番では3アクション行動できて、宝箱を作成する、宝箱にコレクションを集める、コレクションを場から取る、キツネの移動ができます。
          3回決算があり、自分だけがコレクションしていると得点がよく他にも同じコレクションをしているならより多いと得点はよいですね。

          地道な得点の積み重ね、どのタイミングでゲームが終わるかの予測と楽しめました。
          コレクションの集め方も相手に同じコレクションをさせないようにとかできたかな。
          これは3〜4人でも遊んでみたいなぁ。


          【ガンシュンクレバー】
          黄色エリアが『エ』のなるように仕上げる。紫エリアは途中で1と3があり、もう少し伸びそうやったのに惜しい。
          300点まであと1歩でしたね、


          他のテーブルでは【キャプテンリノ】が高く出来上がっていたり

          19時ぐらいから、たこ焼きパーティーのたこ焼きが焼き始めてはりましたね。
          今度は参加するぜ。


          またcomedyさんで、お会いしましたらよろしくお願いします。
          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          ルクソール
          0
            【タイトル】ルクソール
            【プレイ人数】2人〜4人
            【年齢】8歳〜
            【プレイ時間】45分
            【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
            【オススメ度】★★★★★★★★★☆

            今回紹介しますのは【ルクソール】です。
            こちらのゲームは、各プレイヤーは財宝が眠りますルクソール神殿を探索します。
            神殿にはたくさんの財宝がありますので、財宝を集めながらも一番奥にありますファラオの墓室を目指します。財宝を獲得したポイントや財宝のセットコレクション、ゲーム終了時の冒険者コマの位置による得点にと様々なポイントによる合計得点が高いプレイヤーが勝ちになるゲームです。

            ゲームで使用しますのはゲームボード、カードにタイル、冒険者にダイスにとたくさんありますね。

            ゲームの準備はボードをテーブル中央に広げまして財宝タイルをランダムで配置したり、絵柄合いますマスにオシリスタイルを配置したりします。


            他のタイルやカードはこのように配置したりします。

            好きな色の冒険者コマを選んで2個を入口付近に配置します。

            他の冒険者コマはボード上にありますアヌビス神の隣で休息していますよ。

            基本のカードをしっかりとシャッフルして5枚ずつ配りまして、ジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたら準備完了です。
            ※配られましたカードに関しましては順番は入れ換えないようにして下さい(・ω・)ノ

            ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていきます。
            手番になりました手札にあります両端のカード、どちらか1枚をプレイします。
            プレイしましたら、カードに書かれています数字の分だけコマを1個選びまして進めますよ。


            数字以外にこちらのカードは、ダイスを振ってからダイスの目の分だけ冒険者を進めたり、プラスマイナス1されているカードは、自分の冒険者を1つ前か後ろに進めることができますよ。


            進めまして、冒険者が休んでいますマスを通過しましたら、自分の冒険者は起き上がりまして活動を開始します。その冒険者を入口に配置しまして、次の手番から動かせるようになりますよ。


            進む際に空きマスがありましたら飛ばして進めることができ、止まりましたマスで条件を満たしますと財宝を獲得できます。
            財宝タイルにあります冒険者の数だけ自分の冒険者が配置されたタイルを獲得して、得点が入ります。財宝タイルも3種類ありまして、集めて3種類1セットでゲーム終了時にボーナスが入ったりします。


            財宝タイルを獲得しますと、下にコブラやハヤブサやライオンのマークがあるマスがあります。そのマスが出てきましたら、そのマークと一致しますタイルを1枚、そのマスに配置します。以降、そのマスに止まりました冒険者は得点タイルや財宝タイル、ホルスカードの獲得、ワープと行った恩恵が受けられますよ。あとから進んできてもなにか手助けがあるってわけですから、有効に活用して下さい。



            こちらのホルスタイルは、目のマークと同じホルスカードを1枚引いて手札に加えるか、カギを1つ獲得することができます。


            ホルスカードは、基本的なカードより使いやすく冒険者を進めるのに強力なカードが多くあり、カギに関しましてはこれがないと墓室に入ることができませんよ。

            オシリスタイルは、止まりました冒険者をタイルに示されている数分だけ冒険者を進めますよ。このタイルでは止まれず必ず進みますよ。うまく使い冒険を有利にして下さい。



            手番が終わりましたら山札からカードを1枚補充して手札が5枚になるようにします(ホルスカードを加えたら引かない)。
            補充の際なんですが、手札の真ん中に補充します。今、手札に加わりましたカードを使うのは早くても3手番後になりますね。


            カードを補充しましたら左隣のプレイヤーに手番が移ります。
            この流れを繰り返していきまして、墓室に冒険者が2人になりましたら、そのラウンドでゲームは終了します。スタートプレイヤーの右隣のプレイヤーまで手番を行って下さい。
            墓室に入るには、ちょうどのマス数で入らないといけなくて、ちょうどではなく大きい数字で入ることはできません。また、カギがないと入ることができませんので、入りたいならカギを1つ確保しておいて下さい。
            最初に墓室に入りましたら5点、次は3点とボーナスがありますよ。
            自分の冒険者が2人、墓室に入りましても構いませんがカギはもう1つ必要ですよ。



            終了条件を満たしてからも他のプレイヤーも墓室に入ることはできますよ。

            ゲーム終了時には
            『各冒険者が最後にいる場所の壁に描かれている数字分の得点』
            『墓室ゴール時のボーナス』
            『鍵が1つにつき1点』
            『財宝タイルのセットコレクションによる得点』
            『スカラベの得点』
            に財宝を獲得して得た得点を合計して一番得点が高いプレイヤーの勝ちになりますよ。




            カードを使って、どれか1つを選んで冒険者を墓室に近づけていく。近づくほど、最後に冒険者がいるマスの得点は高くなります。しかし、1つの冒険者を進めていくだけだと財宝が集まりにくく得点は伸びにくいです。他のプレイヤーも同じような思惑なので早く進むか冒険者を集めて財宝タイルを集めていくかと悩ましいところですね。
            手札の入れ換えをしてはいけませんので、どのように移動するカードを使用していくかは考えておかないと使いたい時にそのカードで進めない事態になりますよ。
            2〜3のホルスカードに強力なカードが多いので、途中でこちらは手に入れないとゴールなり得点アップは少しだけ難しいかも。全冒険者を1〜2進めるのは、得点もやし財宝タイルを獲得しやすいからね。獲得して使用しましたホルスカードは山札がなくなりますと一緒に混ざりますので、自分の手元にまたくるとは限りませんので、そこらへんはカードの引き運ですかね。
            運のバランスは悪くはないと思いますが、それをどう感じるかで評価は分かれるかもしれませんね。
            墓室に辿り着いたプレイヤーが勝ちではなく、色んな得点の稼ぎ方や勝ち方がありますのでゲーム毎に楽しめると思います。
            遊び始めるとワクワクしながら最後まで楽しめますルクソール。是非お楽しみ下さい(・ω・)ノ

            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |