SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
ウソがバレても大丈夫。可愛い妖精には旅をさせて錬金しよう。
0
    2020年4月5日(日) 11時半〜19時
    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
    この日はcomedyネットフリマの開催日でした。
    11時半に着いたら、預けていましたボードゲームの写真を撮ってアップされていました。ネットなので、売れるのが早くてびっくりしました。
    様子を見てから、知り合いばかりでしたのでゲームを遊びました。

    【OREGON(オレゴン)】
    4人でプレイ。ボク以外が初プレイで、説明は初プレイの方がされました。
    オレゴンに辿り着いたボクたちは、草原や鉱山に農夫や建物を配置したりしていき得点を稼ぎ、1番稼いだプレイヤーの勝ちになります。

    手番になりましたら、4枚ある手札からカードを2枚選んでプレイし、描かれているアイコンが重なりあうエリアマスに農夫を配置します。
    農夫を配置した際に周囲8マスにある建物の得点を獲得したり、得点チップを獲得できます。

    自分の農夫が3つ以上隣接するように配置するとボーナスもありますので、できるだけ隣接させたいです。
    建物を配置した際には、周囲8マスの全ての農夫に建物効果があります。
    自分以外の農夫にも効果があるので、自分だけが効果を得たいですね。

    久しぶりに遊んだら、全員が鉱山ガチャに目覚めてしまったや。
    最終局面で、手札にある建物カードが腐りもう1手番が腐った・・・。

    「仲良くするゲーム」を楽しめたので良かったが最下位(´;ω;`)


    【スパイシー】(初プレイ)
    コショウ、ワサビ、トウガラシカードの数字1〜10とワイルドカード、数字のみカードを使用するスパイシー。
    カードを6枚配り、順番に○○の○(数字)を宣言して伏せていきます。
    次のプレイヤーは、伏せるかチャレンジするかをします。
    チャレンジは、伏せたカードの「種類」か「数字」のどちらが間違っているかを宣言します。
    チャレンジに成功すると積み重なったカードを獲得できます。

    ブラフゲームってどうにもならないこともあるけど、スパイシーはバレても2択だからなんとかなる(* ̄ー ̄)
    ウソだと分かっていても真実に辿り着けなければ辛いよヽ(´▽`)/

    ルール確認しながら一緒に遊んで頂けて感謝(*´∀`*)
    またスパイシーしたい。


    【RISMEGISTUS】(初プレイ)
    ダイスドラフトをして、選んだダイスを使って、カードを購入したりエッセンスを獲得したり、資材の変換をしたりします。
    カードに示されている材料を支払うと得点を獲得したり、資材を獲得できたりします。

    ダイス獲得時に同じエリアにあったダイスの数だけがアクション数になるので、できるだけアクションが多くなるようにダイスを選びたいですね。

    アクションをする度に他プレイヤーに相乗りするかを確認したりするので、その点が少し時間掛かるけど、アクション自体は複雑ではない。
    まぁ、ちょっとコンボは決めんとアカン側面があるのでゲーム中盤まで苦しんだけど、中盤から終盤にかけては実験がうまくいって追い上げられたかな。



    相乗りできるアクション数を増やすのは必須な感じはしたけど、いろんな戦略はあるかなぁ。

    ミッションボーナスがほぼ2個までしかできないかなら、素点が大事な気はしたゲームでした。

    ボード裏の猫イラストが全部違って可愛い(*´∀`*)


    【コン!コン!】
    フリマで買われた方がルールを教えて欲しいとのことで説明。
    ルールだけだと盛り上がるの?って感じられたみたいだけど、遊んでみたら気に入って貰えて良かった(*´∀`*)
    人によって違うリズムでコン!コン!して、それを見ての早取り。

    いろんな場所で遊んでもらえそうやヽ(´▽`)/


    【マウスミーチューチュウ】(初プレイ)
    みんなでダイスを使ってネズミの確保。
    ダイスを振って、出目の組み合わせを使って同じ数字のネズミカードを裏返して確保する。
    親プレイヤーが、使用しなかったダイスの出目を使って他プレイヤーは手札からネズミカードを確保できるけど、ナッツを差し出さなくてはいけない。
    ナッツは、ダイスの出目をプラスマイナスできたりするので、あまり差し出し過ぎると肝心な場面で出目変更できなくてツラい。


    手元にあるカードは、裏返したら振るダイス数を減らすので子に与えるダイスを減らせるけど、自分も出目が減るので裏返すタイミングは大事だね。
    誰かが手元にあるカードをすべて裏返したらゲームは終了して手札にあるネズミのカードの数が1番少ないプレイヤーの勝ちになります。
    ダイスゲームは、ダイスで語るのみ。
    運がない者はダイスに愛された者には叶わないのさ・・・。


    【GROVES】(初プレイ)
    社・・・森の妖精をアクションスペースに配置して、アクションをする。
    アクションスペースには、個人スペースと共有スペースがあり共有スペースに配置した妖精は、ラウンド終了時に手元には帰ってこず森に帰ります。

    はじめは全員が無色の妖精8枚を袋に入れていて、ラウンド開始時に3枚を引いて順番に1枚ずつアクションをします。
    全員の妖精が配置されたら、個人ボードに配置した妖精は袋に戻して、スタートプレイヤーを移し、再び3枚引きます。

    袋から引いて条件を満たすと得点が獲得できたりもします。

    色がある妖精は、個人ボードに配置すると色が一致するアクションスペースでは、左側のアクションと右側のアクションが行えるのでお得です。
    また、鏡を作ると隣プレイヤーの個人ボードに突入できるようになるのと、闇の妖精が手に入り、闇の妖精はすべての色になりますが、1度アクションするために配置すると無色の妖精が乗っかるまで退きません。

    他プレイヤーの個人ボードに配置した妖精は、そのプレイヤーの袋に入るので転職ですね。
    共有スペースに妖精を配置して袋を循環させると色だけの妖精にもできますが、なんかスカスカになったや。

    資材や資金を集めて得点変換やボード購入やら、バッグビルドにワーカー配置にと1時間ぐらいで遊べますゲームとしてオススメのゲームでした。



    この日はここまで。
    comedyさんもこの日から、しばらく営業休止されますので寂しいですが、また、みんなでたくさん遊ぶぞ(*´∀`*)
    応援チケットとかも販売されていますので、再開後に行かれる予定の方は是非購入してみて下さいね。
    また、comedyさんでお会いしましたらよろしくお願いします。


    ボドゲ応援隊
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    重力を扱う敵って強キャラ感ある
    0

      2020年4月2日(木) 13時〜18時

      京都京阪藤森駅北口から徒歩1分のところにありますライト&ギークさんに行ってきました。


      【キングダムビルダー】(初プレイ)

      やっと遊べました2012年ドイツ年間ボードゲーム大賞のキングダムビルダー。

      手番になれば手札にあるカードをプレイして、カードに描かれている地形に自分のコマを3個まで配置します。

      カードに描かれている地形だったら、どこに配置してもいいのですが、すでに配置してあるコマに隣接して配置できるなら、その地形に配置しなくてはいけません。

      このルールがとてもうまく出来ており、手札は常に1枚しかないのでカードの引き運はありますが、それも考えた上でのコマの配置をしないとズルズルとしてしまう。

      ゲーム毎に3種類の共通の得点カードと城隣接(1コマでもOK)による得点だけ争う。

      特殊マスに隣接して手番毎に使用できる特殊タイルの使い方も楽しくてたまらない。

      自分含む初プレイ2人で途中で「終わったら、もう1回ね。」とすぐになったゲーム。

      ヘックスタイルが織り成す素敵なゲームが遊べたことに感謝(^∧^)

      2戦目は、配置の仕方に最後の1手に至るまで、そして勝敗を分ける思惑と戦術、戦略にと詰まって最高でした。

      2〜4人でいくらでも遊べるぞヽ(´▽`)/


      【グラビティースーパースター】(初プレイ)

      4人でプレイ。

      重力を扱い星をたくさん集めることを目指します。時には他プレイヤーとぶつかることがあるけど、その際にはどこかにいって貰ってついでに星とかを奪います。

      手番では手札からカードを1枚選んで、そのアクションを実行します。

      壁にぶつかるまで、自分のコマは移動して通過したり止まったマスにある星が獲得できます。

      星を獲得したあとに、マスによっては通過したり止まったマスにプラス1点&もう1手番できるチップが獲得できるようになるので、星以外も集めると良いですね。

      星は1個1点で同じ星が2個で追加1点になります。

      運要素はないアブストラクトに似た印象のゲーム。

      ぶつかり合って、星やチップの奪い合いを楽しむゲームかな。


      【ブルゴーニュ】

      3人でプレイ。

      20周年記念版やったかな?

      タイルとかボードとかがしっかりした作りになっていて、厚みがある。

      でも、ボードは色彩が濃くて目がチカチカしましたね。

      2〜3人用、4人用ボードとあるのでチップの準備はしやすかったですね。

      日本語サマリーを用意して下さっていて、これがなかったら建物デザインと建物の名前とか変更してたから混乱していた(^_^;)

      はじめに戸惑いはあったものの遊んでいるゲームは、大好きなブルゴーニュにであることは間違いない。

      1フェーズ5ラウンドで、5フェーズしたらゲームは終了。

      1ラウンドでは、ダイスを2個振りワーカーとしてタイル獲得、タイル配置、商品の出荷、労働者の確保(出目操作できる)を選んでアクションします。

      個人ボードを埋めていったり、商品の出荷、タイル配置効果による得点にとを獲得していき合計得点が1番のプレイヤーが勝ちになります。

      鉱山を抑えられたけど、銀行配置と出荷でなんとかして、その分タイル配置で得点を稼げたかな。

      最終ラウンドで5マス、6マスのエリアをしっかり埋めたから、ばっちりでした。

      拡張の白いお城、クレーンは獲得できなくて使用できなかったけど今度は使ってみたいなぁ(*´∀`*)



      この日はここまで。

      ライト&ギークさんは、4月6日から再開日未定で営業自粛されます。

      このお店でもいろんな方と一緒にたくさんのゲームを楽しんできました。

      店長さんが、お店を良くしていこうと様々な取り組みをされて、話を聞いてこのお店でボードゲームを始められた方もおられます。

      再開日は未定とのことなので、次にお店に遊びに行けるのがいつになるか分かりませんが、また再開された日にたくさんの方とボードゲームを遊べますのを楽しみにしています。

      ご一緒できましたら、よろしくお願いします。


      綺麗な桜を見ながら、またライト&ギークさんに向かいたい・・・

      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      力に勝る知力と決算日はしゃがむという強い意志
      0

        2020年3月28日(土) 13時〜19時半

        京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。この日は、待ち合わせをしましてこちらのゲームを楽しみましたヽ(´▽`)/


        【号外】

        4人でのスクープの撮り合い、取り合いをしました。

        手番では場にあるスクープカードを1枚選んで手元に加えるだけ。

        その際に連続でスクープを獲得したり、他の記者からスクープを獲得することもあります。

        場にあるスクープカードが無くなりましたらラウンドを終了して、各スクープごとに集めたスクープ数が多い1〜2番のプレイヤーが得点を獲得します。

        ただし、同数のプレイヤーがいると得点が獲得できないですよ。

        今回は政治スキャンダルをゲーム終了時まで最多で稼がして貰いましたぜ(。-∀-)ニヤリ

        スッキリしたゲームシステムで好評でした。


        【決算日】

        仕事を落札して、人材や設備を仕事場に派遣させる。派遣させている間に決算日になるとなんとその人材や設備には「給料」を支払わなくていい。

        さらにさらに、他プレイヤーより手元に残っている人材や設備が決算日に1番少ない(複数人OK)と実質無料ですヽ(´▽`)/

        競りは伏せて同時に公開して「1番入札額が小さいプレイヤー」が仕事ができる。

        バッティングしちゃうと2金安く働けるからやったね???

        1金でバッティングすると1金払って仕事ができるから、労働の喜びを噛み締めて仕事しろ。

        決算日が5回起こるとゲーム終了で、1番お金を稼いでいたプレイヤーが勝ちになります。

        最後の決算日に給料を払うことになってしまったから、逆転を許し悔しい。

        もっと、うまく派遣させないとな・・・。


        【サン・ドニ】

        4人専用のワーカープレイスメントゲーム。

        ゲームは何ラウンドかして、ゲーム終了条件を満たしたら終了し1番得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

        手番では、ワーカーをアクションスペースに配置して、お金を支払いアクションを行います。

        アクションは主に資材の獲得、資金の獲得となります。

        他にはラウンド終了後に資材が貰えるアクションに、ワーカーをエリアに配置するアクションとあります。

        他のアクションは、アクションスペースが埋まらないとできないのと、配置したワーカーはアクションが埋まらないと帰ってきません( ; ゜Д゜)

        一応基本収入で1ワーカーだけ獲得できますが、資金があれどワーカーがいないとアクションができないのですよ・・・。

        資材は持ち越し出来ずで資金に変換になったりするしで、建物や壁を資材で支払い獲得したいがなかなかうまくいかない。

        帰ってこないが、ワーカーをエリアに配置できれば基本収入以外の収入や資材獲得があるので、それにより獲得していくことがいい。

        今回も早めに壁を獲得できる資材を毎ラウンド獲得してからスタートできるようにして壁を獲得しまくりました。

        遊んだのは2回目ですが壁プレイは1番安定感がある得点行動な気はするかな。

        最終ラウンドになったラウンドは、もう1手番してからパスをしたかったが、そうすると買わねばならない建物が買えなくなるので、パスをしてなんとか購入。

        建物のボーナスが壁と噛み合う建物だったので、この得点とエリア配置得点等でうまくいったや。

        久しぶりやけど、初プレイ2人も唸られたゲーム性で楽しまれていました。

        今度は壁以外も色々購入しようかな。


        【War Chest(ウォーチェスト)】(初プレイ)

        4人でプレイなので、2vs2のチーム戦を2回遊びました。

        ゲームとしましては、8個の領地を先に支配したチームが勝ちになります。

        はじめに使用するキャラクターを3個選びまして、それに対応するチップを受け取ります。

        キャラクターによってチップ枚数が違いますが、受け取りましたら各キャラクターのチップを2枚ずつ袋に入れます。

        あと1枚、自軍のチップを入れてよく混ぜたら袋の中を見ないで3枚を引いてきます。引いたチップは、他プレイヤーには見えないようにしておきます。

        スタートプレイヤーを決めたら準備完了です。

        手番になりましたら、チップを1枚配置したり表か裏向きで捨て場に配置して、対応するアクションをしたりします。

        配置しているチップを移動させたり、攻撃、支配、戦術を使用するにも配置しているチップと同じチップを表向きに捨て場に配置しないといけません。

        ここら辺は、チップの引き運や配置だけしているとその種類のチップが無くなったりします。

        近付くと攻撃されるかもだけど、相手にチップがないなら近付くかとか、戦術によりにらみ合いになったりとか戦いを楽しめる。

        1回目は、こちらのチームキャラクターが武闘派で相手が機動派で壊滅させる前に支配されてしまいました。

        2回目は、嫌な配置もしながらで牽制し合う場面もありましたが、相手のバーサーカーが暴れて戦況が変わりスタピーも取られて完。

        う〜ん。毎回キャラクターの組み合わせでいろんな展開になり遊びやすく楽しいゲームですね。

        2連敗でしたので、リベンジしないといけません。


        【コペンハーゲンダイス】

        3人でプレイ。3人とも14〜16点(15点がMAXかな?)になるぐらいにタイルを配置していきました。

        ボールペンよりもマジックに筆ペンとかがしっかり見やすくて、記入ミスも無くてよかったかな。

        ダイスの出目にはよるが、使い勝手のいい特殊能力を使用できるようにチェックしておくのがよい結果に繋がったかな。


        【ELEANOR】

        デッキ構築型のトリックテイキングゲーム。

        30トリックして、1番得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

        はじめは1〜7の数字カードしかありませんが、トリックに勝つとカードを1枚持って帰ります。

        手札が無くなりましたら、山札からカードを引いていき、山札のカードが無くなりましたら捨て札をシャッフルして手札が5枚になるように補充。

        こんなことも起こる・・・。

        基本的には持ち帰った特殊なカードは、効果は強いが失点になります。

        たまにプラス点だけのカードもありますが、枚数は少ないです。

        スートがなく、数字の大きいカードが勝ち(同じなら後出し)と分かりやすいのですが、手札がなくなるまで補充ができないのが勝ちたくないのに勝ってしまう状況を生んだりして面白い。

        今回は、高めの罪カード(失点)を受け取ることになってしまいました。

        6のカードをうまく送り込めたら逆転できてたから残念。


        【チリダイス】

        3人でプレイ。ゲーム中にダイスを30回振ることができ、その間に10個の項目に出目の組み合わせに応じた得点を書き込みます。

        何回でも振り直せますが、振り直すだけ振れる回数が減っていき、最後のほうには5回で3項目ぐらいの得点を書き込まないといけなくなるので、一振りで決めるのが理想ですが、ダイスは辛いですから辛さで振り直すしかないですよ。

        序盤が甘いダイスで点差つけたのに、最後は辛い辛いで得点も辛くなってしまったや。


        この日はここまで。

        たくさんのゲームを一緒に遊んで頂きまして、ありがとうございました。

        また、お会いしましたらよろしくお願いします(*´∀`*)

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        収穫は新たな出会いとボードゲームと
        0

          2020年3月24日(火) 13時〜18時半

          京都市中京区恵比寿にありますボードゲームカフェBRESPI(ブレスピ)さんに行ってきました。

          久しぶりに行きましたら、新しいスタッフさんが居たり、ボードゲームが増えていたりと雰囲気が変わっているのを感じました。

          カタンベースの壁紙も相変わらず良い(*´∀`)ノ


          【ラミィキューブエクスプレス】(初プレイ)

          まさかの2人用のゲームでした。

          ダイスでラミィキューブをします。

          18個あるダイスを9個ずつ、お互いに振りランやセットを作り配置していく。

          繋げて配置できるのが、ラミィキューブとは違う点かな。

          お互いにダイスを3回振り、配置できなかったダイスは出目がそのまま失点になります。

          ダイスを使いきれると相手の出目がプラス点になるのですが、今回は2回使いきられました(´;ω;`)

          お手軽で運要素も楽しめるラミィキューブでしたよ。


          【SCOUT!(スカウト!)】

          最近、第二版が販売され始めましたSCOUT!

          まだまだ、人気ゲームです。

          ゲームタイル通り、カードをスカウトして手札を強化していく。

          ただし、誰かの手札が無くなった際に、残りの手札は1枚1点のマイナスになるのでスカウトばかりしていると強化と同時に失点も増やしているのでご用心。

          スカウトしてからの、6枚連番出しをできて上がれたのは良かったけど、3〜4ラウンド目に捲られてしもうたや。

          二版やと強さ表等の追加もあるし、もう1個買おうかなぁ。

          まだ、遊ばれたことない方は是非遊んでみて下さいね(*´∀`)ノ


          【THE Field OF THE SUN(ザ・フィールドオブザサン)】(初プレイ)

          誰よりもいい作物を収穫していくゲーム。

          作物には価値があり、誰よりも収穫しているとその価値が得点になりますが、最多でないならその価値が失点になります。

          手番では、山札からカードをめくっていきカードを1枚獲得するか、すでに山札に並んでいるカードからカードを1枚獲得するかをします。

          山札をめくりまして、すでに山札に並んでいるカードと同じカードがめくれましたら、最後にめくれましたカードを必ず獲得しなくてはいけません。

          最多ならいいけど、最多じゃないなら失点になるので強制1枚獲得は終盤では痛手です。

          作物カードは40枚、特殊カード3枚でめくるか獲得するかをまわりを見ながらする。

          最多なら大丈夫なので、同数の作物を所持し合っているなら「仲良くしましょ(*´∀`*)」と言いながら次の手番では裏切る。

          そして、山札めくりで被ってバーストしての収穫は失点ばかりになって悲しみ・・・。

          初プレイ3人で「男気めくり」しながら楽しみました。


          【SOROR(ソロル)】(初プレイ)

          白と黒の1〜10の数字カード各2枚ずつの計40枚を使用して遊びますSOROR(ソロル)。

          3人で遊びましたので、ランダムに10枚が配られます。

          ゲームの流れとしましては、1番はじめは白いカードは場にある数字より大きくなるように、黒いカードは小さくなるようにしかカードが出せません。

          同じ数字も重ねたりすることはできませんが、1と10だけは重ねて出すことができ、その際にはさっきまで大きくなるように出していた白が小さくなるように、黒は大きくなるようにカードを出さないといけなくなります。

          カード自体には特殊な効果はありませんので、うまくカードを出していき全員の手札が残り1枚になりましたらラウンド終了。

          残った1枚の手札に書かれている数字が得点になります。

          これを3ラウンドして、合計得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

          3人だと配る枚数が10枚ずつで10枚が見えなくて「この数字は無さそう。」と考えながら、ドンドンと出せないようにしていく。

          途中で出せなくなると得点できなくなるので、最後は自分だけが1枚になるのが理想。

          そううまくはいかないけどね。

          3〜5人で遊べて5人やとかなりキツそうやけど、雰囲気変わって面白いかも。


          【きのこのくに】(初プレイ)

          きのこが走り回って、きのこを植えたり引っこ抜いたりしてのマジョリティ争いをするゲーム。

          きのこコマにきのこトークンに可愛い(*´∀`*)

          ゲームとしましては、手番になりましたらテーブル中央にあるアクションタイルを1枚選びまして、タイルに書かれている数字分だけコマを走らせたり、きのこを植えます。

          次の手番では、選んだタイルをテーブル中央に戻して、戻したタイル以外のタイルを選びまして同じようにアクションを行います。

          基本的にするのはこれだけ。

          抜くアクションは、止まったマスで他プレイヤーのきのこが2色以上あれば行うので、今回は1回しか起こらなかったかな。

          ゲーム終了時にボード上に描かれている竃周辺の8マスのマジョリティを確認して、合計得点が高いプレイヤーが竃を獲得。

          4つある竃のうち2つ以上を獲得したプレイヤーが勝ちになります。

          きのこがいっぱい増えていって、走り回るきのこも可愛いけど、ゲームはしっかりとしたマジョリティ争い。

          拡張で毒キノコもあるので、そちらも機会があれば遊んでみたいですね。


          【アルゴート】(初プレイ)

          知識を集めて暗闇の先にあるエデンを目指すゲーム。

          手番では、コマを1進めてカードに書かれているアクションを行います。

          知識カードは8種類ありまして、8種類集めてから暗闇の先にあるエデンで辿り着けたら勝ちになります。

          はじめは狭いマップですが、徐々に広がっていくのと暗闇も1つだけではなく複数あるので、エデンではなく深淵もあります。

          事前に情報収拾をしておくことも大切になってきます。

          他プレイヤーと同じマスに止まれば知識の共有や暗闇の情報や宝石を用いて交渉もできるので、仲良くしておくことも大事。

          1歩足りず暗闇から抜け出すことはできなかったや・・・。


          【ラミィキューブ】

          この日はフリーで同時に2卓で遊ばれていたラミィキューブ。

          4ラウンドして一回も上がれなかったのと、出すもん出さなくてプラス20点ぐらいは上げた体たらくでした(´;ω;`)

          ラミィキューブもハマるとこれだけを遊び続けられる魅力あるゲームなので、まだ遊ばれたことない方は是非遊んでみて欲しい。

          テーブル中央に出された牌を好きにいじって、手持ちの牌とキレイに組み合わせられるともうハマるからね。

          小出しや塩を送り最後は自分が先に上がるをうまくするバランス感覚にと、気づけば研ぎ澄まして遊ぶ瞬間がいい。


          【ぴっぐテン】

          7人でのぴっぐテンは和やか。

          獲得枚数には差が出やすいので、人数が増えるとパーティ感がでるかな。

          久しぶりに宣言する「ぴっぐテン」は楽しかった。


          【アナフラ騎士SHock!】

          フォローあり、切り札あり、宝石あり、脱落ありのトリックテイキングゲーム。

          「あれさえ出なければ・・・」からのフラグ回収率がとんでも無く高くて脱落するプレイヤーが多数いました。

          12枚中6枚の宝石カードが連続で捲られた時に嬉しさと同時に残り6枚(毒カードだけ)の絶望を感じたよね(;゜∇゜)

          これはいいタイミングで、2人が撤退できて最高やった(残り2人は悲しみ)。

          最終ラウンドで「まっ、大丈夫でしょ(・∀・)ノ」とかの脱落は、もう流れだよ・・・。

          調子に乗らずに撤退していたら勝てていただけに悔しい(。・ω・。)

          初プレイ3人からも好評でしたので、トリックテイキング&チキンレースは盛り上がるなぁ。


          この日はここまで。

          開店から帰るまでにたくさんのゲームをご一緒して頂きまして、ありがとうございました。

          また、遊びに行きますのでお会いしましたらよろしくお願いしますヽ(´▽`)/




          【料金システム】

          【営業時間】

          平日 13時〜22時

          休日  11時〜22時


          【定休日】
          水曜日

          【住所】
          京都府京都市中京区恵比寿町434-2 プチトール884 3階

          【最寄り駅】
          京阪三条駅、地下鉄東西線京都市役所前からともに5分ぐらいで着きます。

          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          ボドゲ体力42.195km
          0

            2020年3月17日(火) 14時〜17時半

            京都市中京区新京極にありますボードゲームカフェミープル(Cafe MEEPLE)さんに行ってきました。

            この日は開店直後から2グループぐらい遊ばれていて、そのあとにもグループで来られてにと「これは相席も無理そうやなぁ。」って思っていましたら、1グループ混ざらせて頂けましたので、3時間ほど一緒に遊びました。


            【ジャストワン】

            7人でプレイ。

            親プレイヤーがお題カード1〜5の数字を1つ選択して、選択した数字に書かれているワードを他プレイヤーはヒントを出して当ててもらいます。

            ヒントを書いたら、親プレイヤーに見せる前に親プレイヤー以外で確認をし合って、被ったヒントは親プレイヤーに見せられません。

            残ったヒントから、親プレイヤーはお題を当てます。当たれば成功、外れたら失敗です。

            こちらは被ってしまったヒントで残りましたのは「オシャレ」「人」でした。

            答えはなんだったでしょうか?

            ヒントが被らなくても逆に分からなくなることもありヒントは難しいね。

            僕以外が初プレイで、2回遊びました。

            サブカルチャーヒントは刺さると答えやすいですね。


            【Pit(ピット)】

            同時に1〜4枚のカードを交換し合っていき、手札9枚がすべて同じイラストが揃ったら、テーブル中央にあるベルを鳴らす。

            ゲーム開始と同時に「4枚!!」「3枚!!」と交換を繰り返していき、最後の方は「1枚!」「1枚!」となる。

            ゲーム開始と同時に「4枚!!」「3枚!!」と交換を繰り返していき、最後の方は「1枚!」「1枚!」となる。

            誰かがベルを鳴らすまで、ひたすら喋り続けるゲームがピットです。

            1人を除いて初プレイでゲームが終わってから「ゲームして疲れるとは思わなかったです。」と言わせるゲームは、なかなかない。



            【キャメルアップ】
            7人で旧版をプレイ。
            旧版だと暴走するラクダやダイスも1色1個しかピラミッドから出てこないから、最下位&トップの予想を当てていくのが、1番安定してチップを稼ぎやすい。外してもほとんど痛手にならないですからねぇ。
            最終ラウンドになったピラミッドからのダイスロールは、熱い展開を気にしていたがあっさりと決着してしまった。
            楽しんで頂けたけど4〜6人ぐらいかも。
            新版になったキャメルアップは、ゲームバランスを良くしたのを感じました。


            【ふたつの街の物語】
            7人でゲームとなると遊ぶゲームも限られますが、こちらのゲームはタイルドラフトゲームで、選んだ2枚のタイルをプレイヤー間に配置していき4×4の街を作っていきます。

            配置する際には、両隣のプレイヤーとどのように配置するかを相談しますが、次に渡す予定のタイル内容については言ってはいけません。

            1ラウンド目は6枚、2ラウンド目は2枚(2枚組が2枚)、3ラウンド目は6枚のタイルを配置すると街が出来上がりますので、タイルの種類ごとに得点を計算していき、街ごとに得点を合計します。

            最終的に自分の両隣にある街で「得点の低い方の街」が、自分の最終得点になります。

            最終得点が1番高いプレイヤーが勝ちになりますが、それが同じならもう1つの街の得点が高い方が勝ちになります。

            どちらの街も疎かにできず、60点と30点の街が出来上がると30点が最終得点になりますからね。

            両隣の方と相談しながら、うまいこと得点が高い街を作っていくのが楽しいゲームですよ。


            この日はここまで。

            ボクはここで抜けましたが、気に入られたみたいで6人で新たな街作りをされていましたよ。

            ご一緒して頂きまして、ありがとうございました。

            また、お会いしましたらよろしくお願いします。


            【営業時間】
            14時〜23時
            【定休日】
            木曜日
            【料金】

            【住所】
            〒604-8798
            京都府京都市中京区 六角通新京極東入ル松ヶ枝町452 新京極T・Nビル

            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |