SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
モンスター
0

    【タイトル】モンスター(Monsta)

    【プレイ人数】3人〜5人ぐらい

    【年齢】8歳〜

    【プレイ時間】30分

    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆


    今回紹介しますのは【モンスター(Monsta)】です。

    こちらのゲームは、モンスターカードを集めて交換して得点を得るようにしますことを目的としたゲームです。

    時には積極的に交換して、カードを集めたりして集めたカードを適切なタイミングで提示し得点にすることが勝利へ近づきます。

    ゲームで使用しますのは、モンスターカードのみです。

    内訳は2〜7の数字がありまして、それぞれ数字の3倍ずつの枚数があります。

    ゲームの準備としましては、すべてのモンスターカードをシャッフルして、各プレイヤーに8枚ずつ配ります。

    こちらは手札になりますので、他のプレイヤーには見られないようにして下さい。残りのカードは山札になりますよ。

    最後に毛深いプレイヤーがいましたら、そのプレイヤーが最初の手番プレイヤーになります。いなければ、ジャンケン等で決めて下さいね。これで準備は完了です(・ω・)ノ

    ゲームの流れとしましては、ゲームは数ラウンド行いまして、各ラウンドでは

    『ボーナスカードの分配』

    『モンスターグループのプレイ』

    『モンスターカードの競り』

    の流れを誰が15ポイント以上を獲得するまで行います。


    『ボーナスカードの分配』では、手番プレイヤーは他プレイヤーの手札の枚数を確認します。確認をして、一番枚数が少ないプレイヤーは、ボーナスとして山札からカードを1枚獲得します。

    少ないプレイヤーが、複数人いましたら該当します全員が1枚獲得します。

    最初のラウンドは、手番プレイヤー以外は該当しますので全員受け取ることになりますね。


    『モンスターグループのプレイ』では、手番プレイヤーは、手札から1組もしくは複数のモンスターグループをプレイすることで得点を獲得できます。

    モンスターグループは、同じ数字のモンスターカードのことになります。プレイするには2なら2枚、3なら3枚のカードが必要になります。

    完成しましたグループは、他プレイヤーに確認してもらい、そのうちの1枚は表向きにして自分の前に置いておきます。

    残りのカードは、捨て札になります。

    自分の前にありますカードは、その数字がそのまま得点になります。

    もし、プレイの際に15ポイント以上に達するならモンスターグループは1組しかプレイできませんので気をつけて下さい。


    『モンスターカードの競り』では、手番プレイヤーは山札からカードを1枚めくりまして表向きに場に出します。そのあとに、自分の手札から1枚のカードを表向きに加えて下さい。もし、手札のカードがないなら追加はありません。

    他のプレイヤーは、場にあります1〜2枚のカードを競ることになります。

    競りは順不同で入札して下さい。入札は、自分の手札から任意の枚数を裏向きに分かるように出します。

    新たに入札をしたり、追加する場合には現在の最高入札枚数と『同じか以上』になるように、入札して下さい。

    誰も入札をしなくなりましたら、手番プレイヤーは一番多くの枚数で入札しましたプレイヤーの入札カードを受け取ります。

    落札できましたプレイヤーは、場にありますカードを受け取り手札に加えて下さいね。

    落札できませんでしたプレイヤーのカードは、そのままプレイヤーの前に置いておき次のラウンドの競りで入札しているカードとして扱いますよ。

    もし複数人が最大枚数で入札しているなら入札してるカードの一番上のカードを公開します。手番プレイヤーは、そのカードを見た上でどちらのカードを受け取るかを決めて下さいね。

    誰も入札が無くても、落札者は決めます。

    落札者は、次のラウンドの手番プレイヤーになり同じようにラウンドを行います。

    この流れを繰り返し、誰かが15ポイント以上獲得しましたらそのプレイヤーの勝ちになりゲームを終了しますよ。

    | ボードゲーム | 00:57 | comments(0) | - | - |
    ゼンマスター
    0

      【タイトル】ゼンマスター

      【プレイ人数】3人〜5人

      【年齢】8歳〜

      【プレイ時間】30分

      【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆

      【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

      今回紹介しますのは、ライナー・クニツィアさんの【ゼンマスター】です。

      こちらのゲームは、プレイヤーは古代中国から伝わります陰と陽の相補的な力、この2つのバランスをとれるよう目指しますゲームです。


      ゲームで使用しますのは、黒マッチ棒、白マッチ棒、得点カード、数字カードとなっています。

      数字カードは、1〜50の数字カードが各1枚ずつありますよ。

      ゲームの準備としましては、すべての数字カードをしっかりとよく混ぜて裏向きに9枚ずつ配ります。

      こちらは手札になりますので、他のプレイヤーに見られないようにして下さいね。

      得点カードをしっかりと混ぜて山札にしておき、黒マッチ棒、白マッチ棒はまとめて山札の付近に置いたら準備完了です。


      ゲームの流れとしましては、プレイヤー人数と同じだけのラウンドを行います。

      カードを配るディーラーは一度ずつ行いまして、各ラウンドの第1トリックは、ディーラーの左隣のプレイヤーから開始します。各ラウンドは、9トリック行いまして、1トリック毎に山札から得点カードを1枚めくります。

      めくられましたら、トリックを獲得しましたプレイヤー(第1トリックだけディーラーの左隣のプレイヤー)から時計回りに手札から数字カードを1枚選びまして、表向きに自分の前に出します。

      全プレイヤーが、数字カードを出しましたらその中で一番高いカードを出したプレイヤーは黒マッチ棒、一番低い数字カードを出したプレイヤーは白マッチ棒を受け取ります。

      受け取ります本数は、得点カードに書かれていますので、数字分受け取ります。

      受け取りましたら、出しました数字カードとめくられていた得点カードは、裏向きにして脇に避けておきます。

      次のトリック開始時には、同じように得点カードをめくりまして、トリックを獲得したプレイヤーから数字カードを出していきます。

      トリックに勝ったり負けたりして、マッチ棒を獲得した際に、自分の手元に黒マッチ棒と白マッチ棒がありましたら、1本ずつをペアにして、山に戻します。

      戻せなかったマッチ棒は、手元に置いておきます。

      ラウンドは、9トリック行いましたら終了し得点計算をします。

      手元にありますマッチ棒の本数を数えまして、その本数はマイナス点になります。

      もし、各1枚ずつしたマッチ棒の本数が0でしたら、今までのラウンドで一番のマイナス点を消せます。

      全プレイヤーの本数を確認しましたら、メモしておき、マッチ棒を山に戻します。

      次のラウンドも同じように準備を行いまして、ゲームを進行しプレイヤー人数分のラウンドを行いましたらゲームを終了します。

      すべてのラウンドでのマッチ棒の獲得本数を合計し、最も合計本数が少ないプレイヤーの勝ちになります。

      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      2人でボードゲーム〜その20〜
      0

        今回はこちらのゲームを楽しみました(*´∀`*)


        【デッドマンズチェスト】

        初プレイに対していきなり「6・6」を宣言して「ウソでしょ。」って確認するけどホンマやし、ライフを失っておられました。

        箱を振ってたらゾロ目にはなるから仕方ないね。

        デッドマンが1回ぐらいしか出なかったので、振りが甘かった。


        【ナンバーナイン】

        0〜9の数字タイルを辺で繋げたり、重ねたりしていきますナンバーナイン。

        床や机の上に乗っているタイルは0点ですが、2段目は数字×1点、3段目は数字×2点、4段目は数字×3点となります。

        重ねていく際には

        「2つ以上の数字タイルに重なるようにする。」

        「重ねる際に隙間やタイルが浮いたりしていない。」

        を守らなくてはいけません。

        ちょっとした配置の仕方の違いで重ねることができる、できないとありますので数字タイルの特徴を知るとゲームが楽しくなってきますよ。

        数字タイルは、カードでランダムに配置指示をされますので対応できる配置ができるといいなぁ。

        2回遊んで80〜90ぐらいでした。



        【ドキっと!アイス】(初プレイ)

        2〜4人で遊べますマストフォローのトリックテイキングゲーム。

        トリックを獲得すると美味しいアイスをコーンに乗せられます。

        アイスは美味しいから、いくらでも乗せたいのですが、コーンには3個までしかアイスを乗せることはできず4個目を乗せるとお店の人に怒られて食べれなくなりますので注意です。

        アイスは、バニラ、イチゴ、抹茶にチョコとあり数字は1〜10です。

        2人プレイでは、1〜6のアイスカードを使用します。

        コーンは2つずつ受け取ります。アイスカードをしっかりとシャッフルして9枚ずつ配り残りは伏せる。

        マストフォローのトリテで、手札に出されたカードと同じ色のカードがあるなら出さなくてはいけない。

        お互いにカードを出せば、同じ色なら数字が大きいプレイヤーが勝ちになりアイスとカードを獲得します。

        出された色のカードがないなら、好きなカードを出せ、その際には色関係無く小さい数字カードがアイスとカードを獲得しますよ。

        どちらかがコーンに4個目のアイスを乗せるか手札がなくなればラウンドを終了します。

        アイスは1個1点、トッピングアイスは1個2点、カードは1枚1点になります。

        同じ色のアイス×カードが得点になり、2つのコーンの合計が高いプレイヤーの勝ちになります。

        4個目を乗せたコーンは、0点になるから気をつけてね。

        勝てばトロフィーを獲得できて、何ラウンドかして先にトロフィーを3個集めたプレイヤーの勝ちになります。

        可愛らしいイラストですが、可愛らしいだけでなく甘く時には、厳しいアイスの獲得し合いをします。

        数字が大きいカードは勝ちやすいですが、フォローされなければ簡単に負けるので、自分がこのカードがあるから、他プレイヤーはどうかなぁとか考えながら、カードをプレイしていくとよいです。


        【5×5Zoo(ゴゴズー)】(初プレイ)

        プレイヤーは、動物園の園長となり来場客に喜んでもらえるような動物を配置したりして、人気のルートを用意する。

        ゲームは3ラウンド行いまして、来場客は毎ラウンド、違う方角から園内を楽しもうとされるので、ルート作りも大変です。

        順番にタイルの獲得やタイルの配置、来場客の確保、アクションにと5回したらラウンド終了。

        一筆書きで、来場客をうまく導き満足してもらえるほどに得点が獲得できます。

        ゲーム終了時には、タイルの配置の仕方や来場客数、動物タイルの得点等にとを合計して、得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

        壁があるタイルは、扉を獲得して通れるようにしたり、人気の動物を誕生させるチップがあったりと、タイルをどこから獲得してどのアクションや来場客を獲得するかにと悩ましいところです。

        3ラウンドがあっという間ですが、少し距離があるとタイルやらは、分かりにくかったりする大きさなので、確認しながらしたかな。

        動物園の出来上がりは、楽しいですけどね。


        【フェアリーズ・スムージー】(初プレイ)

        いたずら好きな妖精になって、作物をコソッと獲得する。

        集めた作物で最高のスムージーを作ろうってゲーム。

        作物はたくさん集めたいけど、監視役がいますので見つかりますと作物を没収されてしまいます。

        監視の目を掻い潜り作物をうまく頂きたいところです。

        2人だと1人2役の4人戦。

        監視役はランダムにしたので、自分も見つかり「あぁ(;・∀・)」ってなったりやら。

        毎ラウンド、監視役vs他プレイヤーみたいなところがあるので3〜5人が良さそうかも。

        せ〜の1〜2を指で示して、瓶を移動させて作物を獲得するって簡単ルールと栄養材による特殊効果で作物の奪い合いを楽しむ。

        作物が無くなると減る際に栄養材はどうしたらいいかだけわからなかったや。

        雰囲気ある箱絵なんで、見掛けたら手に取る方は多そうです。


        【マジェスティ】

        久しぶりに遊んだので、ルールを確認。

        カードを獲得して、カードを配置しカード効果によりお金やミープルを獲得したり、他プレイヤーを攻撃したりする。

        カードの獲得→カード配置(効果処理)を12回しましたらゲームは終了。

        一番お金を稼いだプレイヤーが勝ちになります。

        手番になると場に6枚のカードが並んでいるので、そこからカードを1枚選んで獲得する。

        山札から一番遠いカードは無料で獲得でき、近くなるほどにミープルを配置していきカードを獲得しなくてはいけない。

        ミープルはカードに乗ったままで、以降にカードを獲得した際に乗っていたミープルは一緒に獲得できます。

        ミープルは、5個までしか所持できず6個以上になるミープルは銀行に渡して1金獲得になります。

        カードは、同じ種類のカードを何回も獲得でき同じカードを集めるほどに獲得できるお金が多くなったりもします。

        ただ、攻撃的なカードもありますので防御カードがないと負傷してしまい配置していたカードが病院送りになることも。

        魔女が負傷したカードを治せるので、負傷しましたら魔女で回復を(・ω・)ノ

        12枚カードを獲得して配置しましたら、各カードごとに最多枚数集めているプレイヤーは、ボーナスがありますのでそちらを確認したら、ゲーム中に集めたお金とボーナスを合わせた合計を比べ合いますよ。

        カードが途中から2種類描かれていて、どちらにするか選べるカードがあったり、ミープルを使用しても獲得したいカードをどうするか、カード枚数の比べ合いに備えてカードを獲得するかにと、考えながら遊んでいたら12ラウンドはあっという間です。

        A面、B面と楽しめるようになっていますので何度も楽しみやすいかな。


        【ポイントサラダ】

        6種類の野菜カードがあり、すべての野菜カードの裏にはポイントカードが描かれている。

        ポイントカードの隅には、どの野菜が裏に描かれているかも分かるようになっています。

        ゲームは、野菜カードとポイントカードを集めて、集めたポイントカードに書かれているポイントを計算して合計得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

        手番になるとポイントカードの山札と場に6枚の野菜カードがありますので、ポイントカードを1枚獲得するか、野菜カードを2枚獲得するかのどちらかをします。

        野菜カードを2枚獲得すると、空いた場所にはポイントカードが裏返り野菜カードとなり補充されます。

        一度野菜カードになるとポイントカードには戻りません。

        獲得したポイントカードは、フリーアクションで野菜カードにしても大丈夫です。

        場にあるすべてのカードがなくれば、ゲームを終了してポイント合計を比べ合いますよ。

        6種各18枚のカードを使用しますが、ゲームでは人数×各3枚しか使用しないので、2人で遊ぶなら各6枚ずつだけ使用するから、分けておくて3回遊んでみての合計得点で比べるといいですよ。

        同じポイントカードはないので、欲しいポイントカードは早めに獲得しないと野菜カードになるから注意してね。

        たまに得点にならない野菜を獲得することもあるけど、マイナスになるよりはいいか・・・。

        セットコレクション、単品要素にと得点方法が豊富なポイントサラダです。

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        ポラリッチ
        0

          【タイトル】ポラリッチ

          【プレイ人数】2人〜4人

          【年齢】6歳〜

          【プレイ時間】5分〜10分

          【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆

          【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

          今回紹介するゲームは【ポラリッチ】です。

          こちらのゲームは、キューブを隠してせ〜ので見せて、キューブの合計を素早く判断して3つのコマのうち、ひとつを誰よりも早く取ることを目的としたゲームです。


          ゲームで使用しますのは、キューブ、宝石、カップ、流氷マット、コマです。

          カップは8個ありますが、4個は予備みたいです。

          コマはペンギン、イヌイット、シロクマとあります。

          ゲームの準備としましては、全員が手の届く場所に流氷マットを並べて、その上にペンギン、イヌイット、シロクマを置きます。

          宝石は少し邪魔にならないところに置いておきます。

          各プレイヤーは、カップ1個、キューブ3個(二人では4個)を受け取ります。

          余りは使用しないので、箱にしまいます。

          これで準備は完了です。

          ゲームの流れとしましては、各プレイヤーはカップの中に1個以上のキューブを入れます。

          入れなかったキューブは、手に握るなどをして見えないようにし、キューブを隠したカップを机の上に伏せます。

          全員がカップを机の上に伏せましたら、全員で「ポラリッチ」と言いまして「チ」の瞬間に、カップを持ち上げます。

          持ち上げる際には、全員がキューブを見やすいように上げて下さい。

          カップが上がり、全員のキューブを確認してキューブの数を合計します。

          合計しましたら、流氷マットに乗っているコマをキューブの数の合計に応じて、誰よりも早くカップを被せて取ります。


          イヌイットコマは、キューブの合計が

          2人プレイ時は5個

          3人プレイ時は6個

          4人プレイ時は8個

          なら取ります。

          ペンギンコマは、イヌイットコマを取る数より小さいときに取ります。

          シロクマコマは、イヌイットコマを取る数より大きいときに取りますよ。

          正しいコマを自分のカップで取りましたら

          「イヌイットコマなら2個」

          「ペンギンコマかシロクマコマなら1個」

          の宝石を貰います。

          間違えて取ってしまいましたら

          「手持ちの宝石を1つ返す」

          「イッカクの呪いを受ける」

          かを選びます。

          「イッカクの呪いを受ける」は、次の回にカップを上げるか、カップで取るのときに人差し指しか使えなくなります。


          宝石の獲得や間違いの確認をしましたら、コマは元の場所に戻しまして、同じようにゲームを続けます。

          ゲームは誰かが宝石を5個以上集めましたら、そのプレイヤーの勝ちになりますよ。


          「ポラリッチ」の合図とともにカップを上げて、全員のキューブの数を確認して、コマを素早くカップで獲得します。

          カップ同士がぶつかり合って傷んでもスペアも用意してありますので、遠慮なく獲得しにいけます。

          テンポよく遊べまして、ポラリッチって掛け声をみんなで言うのが楽しくなってきたかな。

          遊ぶ人数としては2人〜4人で遊べますけど、オススメは3人〜4人かな。

          2人だとキューブを1個か4個だけにしたら常に2択にできるので反応しやすかったかな。

          3人以上は常に3択だから、素早い反応を楽しめました。

          箱やコンポーネントにと拘られているなぁって感じましたゲームです。

          機会がありましたら、遊んでみて下さいね。

          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          ダオ(DAO)
          0

            【タイトル】ダオ(DAO)
            【プレイ人数】2人〜6人
            【年齢】8歳〜
            【プレイ時間】15分
            【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
            【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

            今回紹介しますのは【ダオ】です。
            こちらのゲームは『正しい道』とはなにかを感じることになりますゲームです。安全な道、チャンスかもしれない道と様々な選択肢のどれが正しかったかは、選択するプレイヤーたち次第でしょう。

            ゲームで使用しますのは、5色のカードで各色0〜4の価値があるカードがあります。

            ゲームの準備としましては、すべてのカードを混ぜて裏向きの山札にして、テーブル中央に置きます。
            次に山札から3枚のカードをめくりまして、山札の隣に表向きに並べて下さい。こちらは場札になります。
            準備はこれで完了です。

            ゲームの流れとしましては、若いプレイヤーから始めますが、いなければジャンケン等でスタートプレイヤーを決めます。ゲームはスタートプレイヤーから時計回りで手番を行います。
            手番になりましたら
            『場札の最初のカードを取る』
            『山札から新たなカードをめくり、場札に加える』
            のどちらかを選んで行います。

            『場札の最初のカードを取る』では、山札の一番近くにありますカードを取りまして、自分の前に裏向きにして置いておきます。残りのカードは、山札のほうにずらします。


            獲得しましたカードは、いつでも確認して構いませんよ。

            『山札から新たなカードをめくり、場札に加える』では、山札の一番上にありますカードをめくりまして、山札から一番離れた場所に配置します。

            配置しましたら、場にありますカードの数字を合計します。その時に『12以下』ならなにも起こらずに手番を終了します。

            もし『12より大きい』なら場のカードをすべて受け取りまして、自分の前にすべて裏向きにして置いておきます。


            例外として、めくりましたカードと直前に置かれていましたカードの数字が同じならカードを取らなくてよいですよ。


            場札のカードがなくなりましたら、山札から新たにカードを3枚並べて下さいね。
            どちらかの行動をしましたら、手番は左隣のプレイヤーに移りますよ。

            ゲームは、山札のカードがなくなりましたら終わります。
            ゲーム終了時は、自分が集めましたカードを表向きにして色ごとに分けます。
            1色を選びまして、その色の数字を合計して下さい。こちらはプラス点になります。
            残りの色カードは、1枚につきマイナス1点になります。こちらも合計して下さい。
            プラス点からマイナス点を引いた合計が最終的な点数になります。
            この点数が一番大きいプレイヤーが勝ちになりますよ(・ω・)ノ



            ゲームのほうは、2〜6人で遊べまして人数によるルールや準備の変更はありません。手番で行いますことも2つのうちのどちらか1つだけでゲームの目的も明確です。
            どれか一色だけのカードを集めたいところですが、それは他のプレイヤーも同じこと。プラス点につきましては、数字がそのまま反映されますがマイナス点は、どのカードでも1枚1点なのでまわりが集めて欲しそうな色のカードは、時には引き取ることも必要かな。山札からカードをめくり、引き取りたくないときにうまく直前の数字と同じ数字がめくれたりするのを願う場面もあり、その瞬間、瞬間が勝負の分かれ目でもありますね。
            単調と感じる部分があるかどうかで評価は分かれるかと思いますが、説明のしやすさや遊びやすさと保証しますので、機会がありましたら遊んでみて下さいね。



             


            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |