SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
現在、毎日0時更新なのでよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
四季の旋律ボードゲーム会に参加してきました。
0
    2月24日(土) 13時〜20時半
    京都伏見で開催されました四季の旋律ボードゲーム会に参加してきました。
    この日は12人ぐらいで楽しみましたね。

    【アズール】
    希望される方が多く3回遊びました。
    4人で遊んだのは久しぶりでしたが、中央にタイルがたまりやすいので大量失点される方も続出されてましたね。
    タイルを獲得してラウンド終了時には、タイルが貼られていき彩りよくなっていきますね。


    3人でプレイした時は、2人が初プレイで1回目でゲームを気に入られて、2回目は裏面を希望されてそちらでも遊びました。
    1回目は、ボーナスはないけど5〜7点を稼いで逃げ切り。
    2回目は4点差での決着になりましたが、最後に6点の失点があったりにとやられちゃったなぁ。
    可愛らしいのに、すごくしっかりしたゲームって言われて気に入られてよかったです(*´∀`*)



    【ノームの村】
    6人でプレイしました。二度振り厳禁ですがまさかの三度振りがあったりして笑いました。説明の前にお手洗いに行きたくなりましたので行く前に「あっ、振って練習しておいて下さいね(。-∀-)ニヤリ」とだけ言っておきました。

    ゲームのほう最近は、14狙いすぎて14が出過ぎるんやけど10〜13を狙っても14になっちゃうし、これはこれでまずいぞ(;・∀・)
    最後に300金ぐらいを働かせて稼いだプレイヤーが勝たれましたね。
    みんなのカップ振りに一喜一憂できるゲームでしたね。


    【ゾックンロール】
    6人でプレイ。ハッタリをかましてブタのまま勝負仕掛けたりとかまさかのファイブダイスだったりにと盛り上がりましたね。
    今回はフルハウス以上の役が作れなくて得点が稼げなかったなぁ。
    ダイスの出目で悲喜こもごもあり3ラウンドに弱者が強者になる瞬間のダイスロールは手に汗握りますね。
    ダイスを振るのがキライな人はいない。



    【アニマランブル】
    ペアの方とボクの手札の噛み合わせもよくなく、うまく攻撃も当てられなくてボコボコにされたぁ(。・ω・。)


    【宝石の煌き】
    誰も貴族タイルを獲得することなく決着しました。初プレイの方もゲーム終了時には「買うかぁ。」と言われたので、これは違うゲームでも勝利ですヽ(´▽`)/



    【クワトロ】
    ダイスを5回まで振れてダイス5個の組み合わせで役を作り、自分の屋根トークンを配置していきます。
    先に縦、横、斜めのどれかで4個連続並べられましたら勝ちになりますよ。
    自分や相手の屋根トークンの上にも重ねることができるので、邪魔をしたりされながらダイスを振って楽しみ勝利を目指しましたよ。



    【ハンザの女王】
    3人でプレイ。初プレイの2人にうまくマジョリティ争いで出し抜かれて着実に点数差が・・・。
    我が国の推し国がまったく繁栄しなくて辛い展開じゃった(´;ω;`)
    毎ラウンド、カード2枚のどちらを出すか悩ましくマジョリティ争いの主張をするかのちの争いのための繁栄度操作をするかと考えないといけませんね。

    最終ラウンドは要人とのコネクションも大事ですし、裏の勢力争いにとゲームは最後まで分からないぜ(・ω・)ノ
    「この国はわしが育てた(`・ω・´)キリッ」と言えるようにしましょう。



    他にはグレートウェスタントレイル、高慢パティシエ、リトルタウンビルダーズ、センチュリースパイスロード、ひつ陣とか遊ばれたりしていましたね。




    あっという間の時間でしたが、はじめましての方といろんなゲームを楽しめました。
    また、お会いしましたらよろしくお願いします(・ω・)ノ
    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
    KISMET
    0
      【タイトル】KISMET
      【プレイ人数】3人〜8人
      【年齢】8歳〜
      【プレイ時間】15分
      【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
      【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

      今回紹介しますのは【KISMET】です。
      こちらのゲームは、ダイスの組み合わせで素早く手札を捨てることを目的とします。一番早く捨てられたらプラス点になりますが、捨てられずに残っていました手札はマイナス点になります。
      数ラウンドプレイして、マイナス点がもっとも少ないプレイヤーが勝ちになりますよ。

      ゲームで使用しますのはダイス3個、2〜12のカードが8色各1枚ずつの88枚です。


      ゲームの準備としましては、参加プレイヤーは11枚のカードを1セット受け取ります。数字は2〜12になっていまして、裏の色が異なっていますので、同じ色のカード11枚を受け取るようにして下さいね。
      受け取りましたら、他のプレイヤーにも見えるように自分の前に並べます。並べ方は自由ですよ。
      全員がダイス3個を振りまして、一番数字の大きかったプレイヤーがスタートプレイヤーになります。

      ゲームの流れとしましては、自分の手番になりましたらダイスを3個振ります。
      3個振りまして、その3個の中から2個の出目を組み合わせて自分の前に並べてありますカードと数字が合いましたら、そのカードを裏返して自分の前に置いて捨て札の山にすることができますよ。
      ダイスの出目が2、5、6なら組み合わせたら7、8、11になりますので、その数字から1つを選び合いましたカードを裏返して捨てられますよ。


      もし、3個のダイスが同じ出目なら捨てられますカードの数字は決まっていますが、これはジョーカーになりまして捨てられましたら、もう1枚任意のカードを捨てることができますよ。



      プレイヤーがカードを捨てる、もしくはダイスの出目の組み合わせによりカードを捨てることができないなら、手番を左隣のプレイヤーに移して下さい。
      これを誰かの目の前に並んでいますカードがすべて無くなるまで、時計回りに手番を行っていくのですが、これだけやとダイス運だけのゲーム。
      このゲームでは手番プレイヤーがダイスを振りダイスを渡す前に
      「手番プレイヤーのダイスの出目の組み合わせでカードが捨てられない。」
      なおかつ
      「自分がそのダイスの出目の組み合わせでカードが捨てられる。」
      なら、ノックをしてカードを捨てることができます。ジョーカーの出目ならルール通り、その出目の組み合わせでカードを捨てれたら任意のカードをもう1枚捨てられますよ。なので、他のプレイヤーの手番でもダイスの出目に集中しておかないといけませんよ。



      もし、手番プレイヤーがカードを捨てれるのにノックをしたり、ノックをしたけど自分が捨てられるカードなかったら自分の捨て札の山の一番上のカードを表向きにして自分の前に並べて下さいね。
      複数人が同時にノックをしましたら、じゃんけん等で誰のチャンスか決めて下さいね。

      手番プレイヤーもダイスの出目で捨てられるカードがあるのに見逃して、ダイスを渡そうとしてノックをされて指摘されたら、 自分の捨て札の山の一番上のカードを表向きにして自分の前に並べないといけないので気をつけて下さいね。
      誰かがカードをなくせばラウンドを終了し、カードをなくしたプレイヤーはプラス20点、ノックをしてカードをなくしたらプラス10点が得られます。
      残りのプレイヤーは残りました自分の前にありますカードに描かれている数字分だけマイナスになります。
      マイナスは2〜12の数字付近に小さく描いてありますよ。


      先に決めましたラウンド数を行いまして、ポイントが一番多いかマイナスが、一番少ないプレイヤーが勝ちになりますよ。

      遊んでみまして3周ぐらいはゾロ目が出るのを願いながら振って出たらラッキー。でも、カードがなくなってきたらダイスの出目によってはいきなり捨てられないこともあるので、素早いノックに無理だと思ったら手番をすぐに譲るようにしたりとしないといけませんね。
      残りのカードが他のプレイヤーと被っていると最後はノックがしにくくなりますので、捨て方も考えないといけません。
      あっさりとゲームが終わることもあれば、全員の出目によっては少し終わりが延びたりはあるかな。
      それでもノックのチャンスがいつくるかわからないので、自分の手番以外も一緒に参加してるので、最後まで楽しめるゲームですね。
      オススメは1ラウンドだけ遊ぶか3ラウンドぐらい楽しんで点数争いするかかな。
      機会がありましたら、遊びますメンバーでほどよく楽しんでみて下さいねヽ(´▽`)/
      | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
      第84回賽翁木曜ボードゲーム会 〜うらまこに清き1金を!!〜
      0
        2月22日(木) 14時半〜23時
        大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました(・ω・)ノ
        着いてカウンター席で冷たいアッサムとBEL AMERさんのショコラモンブラン、ショコラシュー。マフィンズさんのいちごミルクと頂きました。


        食べ終わってからは、相席しまして遊びましたよヽ(´▽`)/
        木曜ボードゲーム会で遊んだゲームもそこそこありますので、今回は一緒にまとめます。

        【パニックマンション】
        5点先取が少し長いので3点先取でしてみました。よい感じの時間で終わりましたね。
        安定して部屋に誘導できるようになってきたので、あとは1つの部屋からうまくお題の物体以外を出せるようにしないとな。
        しばらく、賽翁さんに置いていますので興味がある方は遊んでみて下さいね。後片づけはよろしくお願いします。


        【ゾックンロール】
        3人でプレイで初プレイでした。
        全員が自分の穴の空いたカップの中にダイスを2個振り、スタートプレイヤーは白いダイスを3個公開して振ります。
        スタートプレイヤーから降りるか降りないかを宣言して、降りたらダイスの組み合わせでポーカーの役を作りチェックします。
        1ゲーム3ラウンドしますが、ラウンドが進むごとに白いダイスが1個追加されるのでよい役ができる可能性は高いですが、それは他のプレイヤーも同じですね。
        3ラウンド目まで降りなかったら、絶対に役の勝負をしないといけなくて負けたらチェックできませんので、降りる勇気も大事です。3人プレイだと架空プレイの4人目「ジョルグ」が参入します。
        ぼくはジョルグに2回負けて2回引き分けたので点数下がったや(´;ω;`)


        ダイスの出目でなんとかしたりもできるし、ハッタリかますか堅実にいくかといろんなプレイスタイルがありながら楽しめましたね。

        ゲーム会でも5人で遊びましたが、全員から好評でしたのでよいダイスゲームを手に入れたぞ(*´∀`*)


        【5COLORS】
        3人でプレイ。誰かがバーストさせてくるかを読みながら得点できるようにカードを伏せていき公開したら一喜一憂。
        バーストしたり、バッティングしたりしながらうまく得点は獲得できたかな。
        初プレイの2人が「これ面白いです。」って言って下さったら紹介してよかったと思えますね(・∀・)




        【ノームの村】
        3人、4人、5人と別のメンバーで3回遊びました。ゲーム会の最後のほうでも別の4人で遊ばれていたりとフル稼働しているゲームですね。カップを振って盛り上がれるし、狙ったコマ数を出し過ぎて家での素振り疑惑を持たれましたが遊んだ回数が多いから8〜12ぐらいはある程度狙えますよヽ(´▽`)/
        今日も小箱4個を内箱に入れて持ち込みましたので、ゲーム以外でも活躍するゲームですよ。




        【ナンバーナイン】
        3人で2回遊びました。順調やったし100点超えたと思いきやツメの甘さがありますね。初プレイの2人は、タイルの形や配置の仕方に積み方に苦戦されてましたが、2回遊んで感覚をつかまれて楽しまれていました。






        【NOT MY FAULT!】
        俺のせいじゃない!をプレイ。
        みんなでプロジェクトの進捗状況を伝えるだけだし、みんな真面目に働いてるはずなんやけど、たまに寝ちゃいますけど仕事はしたって報告するよねぇ(-.-)Zz
        真面目に働いた報告をしたらたまによいこともある、気軽に遊びやすいゲームですね。


        【おさかなこいし】
        ねこの日のゲームが遊びたいとのことで、ねこが釣りをするゲームを遊びました。
        うまく魚が連れるように釣りポイントで待つけど、その場所にうまく魚を誘導できるようにするか魚以外を釣らないようにしないといけませんね。

        最後に大量に釣り上げましたので勝ちました。釣りポイントにうまく誘導できるように裏の読み合いをしたりと可愛らしいけど、しっかりしたゲームですよ。


        【ミミズ探し】
        ルール説明の際に「にわとりになります。」って説明したら「えっ?なんかルール足しました?」って言われたけど、ちゃんと合ってるんだよなぁ。にわとりの鳴き声の発生練習をしたりと、この場にはにわとりしかいなかったよ。


        【ブラフ】
        久しぶりにしておもしろかったけど4手番ぐらいで終わったぁ(。・ω・。)
        エア参加楽しい(^q^)



        【アンユージュアルサスペルツ】
        なんかタイトルこんな感じで噛みそう。
        一人が目撃者になり帽子を被って目線が分からないようにします。
        質問カードにYESかNOで答えて、他のプレイヤーは協力して犯人と思われる容疑者以外の人物を選んでいき、最後に犯人だけを残せたらみんなの勝利です。

        1回目はいいところまでいきましたけど最後のほうにダメで、2回目はしっかりとクリアできました。
        質問カードに対してのYESかNOは目撃者の主観で答えるのでうまく読み取り推理しましょうね。



        【ベストフレンド】
        こちらは久しぶりにしたなぁ。少し違うルールでプレイしているのかな。
        お題カードに対して、出題者と共感できそう気に入りそうな解答を考えてプレゼンしたり一言決めたりやらしています。
        お題ごとにその方のことを考えて色んな解答があって笑いっぱなしで腹痛い。
        僕の解答で「うらまこさんが闇抱えてる(^ω^)」ってめっちゃ笑われた。
        あっ、解答内容はその場にいたメンバーだけの秘密なぁ。

        ボクが出馬した際のキャッチフレーズ。
        どれもよかったけど「清き1金をヽ(´▽`)/」をシンプルで演説しやすかったし選んだ。
        説明責任とかも今の政治と絡んで好き。
        こんなゲームやし、遊んでみるとよいですよ。


        【クイズいいセンいきまshow】
        質問カードに対して平均値を解答できたら点数が貰えます。一番下と上の数値を解答したらマイナス点です。
        たまに○○さんが○○ホニャララって質問もあるし、これはその方に対するみんなのイメージが分かったりして楽しいですよ。


        この日は11個(何個か複数回)ボードゲーム遊んで楽しみました賽翁さんでした(*´∀`*)
        他にはこんなゲームが遊ばれていましたよ。

        また、お会いしましたらよろしくお願いします。
        | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
        comedyボードゲーム棚制覇への道 〜その21〜
        0
          2月21日(水) 18時半〜22時
          京都西院にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
          お店に到着した時には、グループとか2人で楽しまれたりされていましたね。

          【QUIXO】
          2人用のゲームでマルかバツか、どちらかのマークにするかをお互いに決めてゲームをスタートします。
          外縁にあります無地のブロックか自分のマークのブロックをひとつ選んで反対側から自分のマークにして押します。相手のマークのブロックは選べませんよ。
          縦か横か斜めで5つ自分のマークを並べられたら勝ちのゲームです。
          気づいたら相手をリーチにしちゃっていたり、勝てた盤面なのに気づかずに他のところを動かしたりとうっかりしちゃいますね。2回遊んで1勝1敗でした。






          【GOBBLET!】
          2人用のゲーム。初プレイでした。
          4種類の大きさの違うカップを使用します。こちらも縦か横か斜めで4つ自分のカップを並べてたら勝ちになりますね。
          こちらは相手のカップに自分のカップを被せたりして邪魔をしたりできますが、カップを外した際に相手のカップが出てきて、4つ並んでしまうと負けてしまうので被せたカップの中身は覚えておかないといけませんね。こうしたゲームは気づいた時には負けている。




          【究極の選択 〜いい質問だ!〜】
          6人でプレイ。初プレイでした。
          出題者は2択の選択肢を用意し、解答者を指名します。その解答者をどちらを答えるかを他のプレイヤーは当てたら1点。解答者は自動的に1点。出題者は解答者の解答に対して外したプレイヤー人数分の点数が入ります。点数が3倍貰えるチャンス札とかもあったりしてスーパー○としくんが用意されていました。
          人の気持ちに寄り添えると自然と点数は高くなります。

          みんなの気持ちがひとつになったゲームだったよ・・・。


          【コードネームディズニーエディション】
          「人になにかを伝える」ことは、とても難しいことです。
          「ほそいもの」「ういてる」「あおい」ってヒントで混乱させながらも勝利はしたが、相手チームの自爆もあったからな。
          ディズニーを知らなくても、キャラクターや風景からヒント出したりするのは楽しい。260種類のカードがあるし、時代の違うディズニーキャラクターが並ぶと懐かしい気持ちが溢れる素敵なゲームですよ。




          【KISMET】
          5人で3ラウンド楽しみました。
          ダイスを3個振りまして、その出目の組み合わせでカードを捨てていき先に無くせたらプラス点、残りましたカードはマイナス点になります。ゾロ目が出て組み合わせでカードが捨てられたら追加で任意のカードを捨てられたりしてダイスならではの嬉しさもあります。
          条件を満たしているとノックを相手のダイスを頂いてカードを捨てられるので、最後まで一緒に楽しめるゲームになっていますよ。

          今回はボクだけプラス点で勝ちヽ(´▽`)/
          また、他の人とも遊びたいゲームです。
          謎の計算ミスはスルーで。


          この日は5つのゲームを遊びまして、2つが初プレイでした。
          comedyさんのボードゲームを遊び尽くすにはまだまだ時間がかかりそうです。
          | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
          おぼえなサイコロ
          0
            【タイトル】おぼえなサイコロ
            【プレイ人数】2人〜6人
            【年齢】6歳〜
            【プレイ時間】15分
            【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
            【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

            今回紹介しますのは、らなとパパさんの【おぼえなサイコロ】です。
            こちらのゲームは、各プレイヤーがペットカフェのオーナーになり、お見せで飼うためのすてきなどうぶつを探しますゲームになっています。ライバルたちに負けないようにペットを見つけるようにしましょう(・ω・)ノ

            こちらのゲームで使用しますのはサイコロ、手番カード、サマリー、罰金キューブ、どうぶつカード、たべものカード、デンジャーカード、サマリーカードです。







            ゲームの準備として、まずはどうぶつカード、たべものカード、デンジャーカードをすべて混ぜて裏向きで山札にして下さい。
            罰金キューブを手の届くところに配置していき、すみかカードを好きな順番に山札の隣に並べて置いて下さい。
            並べましたら山札から2枚のカードをめくりまして全員に表を見せてから山札から近くにある2枚のすみかカードの上に少しずらして置いて下さいね。




            最後にスタートプレイヤーを決めます。最近、どうぶつ(虫も可)を捕まえたプレイヤーがスタートプレイヤー、いなければじゃんけん等でスタートプレイヤーを決めましたら準備完了ですよ。

            ゲームはスタートプレイヤーから時計回りで手番を行っていきます。
            手番では5つの手順を順場に行いますよ。
            1つめは「カードを引いて配置する」
            こちらは、山札からカードを1枚引いて全員に表を見せて下さい。見せましたら置かれていますカードが少ないすみかの上にカードを置いて下さいね。


            2つめは「サイコロを振る」
            手番プレイヤーはサイコロを振ります。とても重要なこと。
            3つめは「どうぶつを捕まえる(^q^)」
            サイコロの出目のどうぶつまたはたべものが隠れていると思うすみかカードを手で押さえて下さい。押さえたくないならしなくても構いません。
            もし、複数のプレイヤーが同じすみかカードを押さえてしまいましたら捕まえることはできません。どうぶつを分けあうなんてできないからね(´;ω;`)

            4つめは「結果の確認」
            すみかカードを押さえましたプレイヤーは、押さえましたすみかカードに置かれていましたカードをすべて公開して下さい。
            その結果、サイコロの出目と同じアイコンのカードがありましたら、そのすみかにありましたカードをすべて獲得します。

            もし、サイコロの出目のアイコンのカードがなかったなら、そのすみかにありましたすべてのカードを裏向きにしてもとの場所に戻し島を荒らしたので罰金キューブを1つ受け取りますよ。

            5つめは「手番の終了」
            手番プレイヤーは手番カードとサイコロを左隣のプレイヤーに渡して下さいね。
            その際に山札にカードが1枚もないならゲームを終了して得点計算にうつります。まだあるなら、この5つの手順を繰り返しますよ(・ω・)ノ

            どうぶつカードは得点に、たべものカードはそのたべものが好きなどうぶつの得点を増やします。

            しかし、デンジャーカードは獲得した際によくないことが起こりますのだできるだけ獲得しないようにして下さいね。中にはピンクのゾウさんがいるとかいないとか・・・


            こちらのゲームは、難易度が調整でき小さい子どもと遊ぶならより簡単にできます。
            大人たちが更にストイックに遊ぶなら山札からめくるカードを自分以外は確認せずに配置したり、すみかカードの模様も同じにすることで覚えにくくしたりできます。
            サイコロの出目によりすぐカードが配置された場所の出目が出て、記憶力もだが瞬発力も求められるかな。カードのイラストは可愛らしいのが多いですが、背景の色で識別しないと分かりにくいどうぶつは少しいるけど、それも計算してデザインされているのかな。
            あっさりとしちゃう部分もあるし、記憶力もやけどダイス運のほうがゲームの盛り上がりは左右するかも。ほのぼのと楽しむのにはよいゲームですヽ(´▽`)/

            | - | 00:00 | comments(0) | - | - |