SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
現在、毎日0時更新なのでよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
株の買い占めはほどほどに。絵画は高過ぎず安過ぎず。氷よりペンギンが多いならそら溢れる。
0
    11月17日(土) 13時〜22時半
    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
    この日は、13時に待ち合わせて閉店までがっつりと楽しみましたね。
    どんなボードゲームを遊んだかはこちらになります(・ω・)ノ

    【ボルテージ】
    先に到着していた2人で遊びました。先に4ポイント獲得しましたら勝ちになります。
    タイルがプラスなら合計が大きい方、マイナスなら合計が小さい方が勝ちになりますよ。手番ですることも3つの中から1つなので、すぐに遊べます。
    膠着しながらも均衡が崩れると一気の決着でした。


    【フォレショレ】(初プレイ)
    競りゲームだけど、ラウンドのはじめに出された色と同じ色のカードじゃないと入札ができない。落札したいのは数字が書かれた氷カードです。落札したら氷カードを獲得して伏せておきます。他のプレイヤーは、落札しようとして使用しましたペンギンカードを獲得するか捨てるかを選択します。なぜそんなことをするかといいますと、ゲーム終了時に獲得しました氷カードの数字合計とペンギンカードの数字合計とが同じなら、その数字がそのまま得点になりますが、氷カードよりペンギンカードが小さいならペンギンカードの数字合計が得点になります。
    しかし、氷カードよりペンギンカードが大きくなりますと差分によりましてマイナス点になるかもしれません。
    そうならないように氷カードを競りで獲得したいけど、時には落札したくないってしたい不思議な競りゲームでした。
    また、いろんな方と遊んでみたいです。




    【ビッグポイント】
    集めたディスクをより価値のあるディスクにするためにコマを動かしていきます。
    ルール説明がしやすいゲームですし、初プレイでもしっかりと戦術的に動かれます方が多いです。
    集めたディスクが0点にならないように気を付けないとね。



    あとでまた違う方々とも楽しみましたが、好評でした(*´∀`*)



    【アクワイア】
    久しぶりに企業を吸収合併したり株をたくさん所持したりするのはよいものです。

    ウソやろ?って、ペースで企業が建設されましたよ・・・。ホンマにビックリした(;・∀・)

    はじめの吸収合併でよい資金が入り株券を毎手番、購入していきました。


    吸収合併する前の安く購入できます会社の株券もたくさん購入しておきましたが、もう少し幅広く購入しておいてもよかったかも。まぁ、割りとリードはしていたんですが、最後のほうは、もう一種類ぐらいは争いに絡めたら違ってたかな。


    まぁ、大企業にできましたしよしとしますか。久しぶりに遊びましたが充実した株のやり取りができまして面白いですね。
    リメイクはされてるとはいえ、50年以上前のゲームで完成度高いなぁ。


    【サフィーロ】
    2〜3人ではプレイしたことがありましたが、4人でのプレイでははじめてでした。
    何人で遊んでもルールに変化はありませんが、自分の手番までに宝石が獲得できる確率は違います。獲得するためのタイルを持っていて、なお気づかれているかも分からないですからね。



    この日は、違う方とも2回遊んで2回目はうまく勝てるようにはプレイできたかな。



    ゲームが終わってから、ボードを取り外すと花びらみたいでキレイですよ。



    【モダンアート】
    4人でプレイ。どの作品が積極的に競りに出されるかにより、市場は変化していくので、見極めが大事になってきます。
    最終ラウンドまでは、比較的に枚数が多い作品が人気になり作品の価値も高まります。



    最終ラウンドでは、あと1枚あれば3位になるって作品に値段が付かずに大損(´;ω;`)
    その1枚は配られなかった2枚のうちの1枚でした。見極めが足りませんでしたね。
    4人ぐらいやと1ラウンドで2回は、競りに出せるから資金も潤うから経済が回りやすい。また、いろんなデザインのモダンアートを遊びたいなぁ(*´∀`*)


    【すずめ雀】
    麻雀をされたことがある方、ない方の初プレイ。説明の際に『役』って言葉は、ひとつの分かれ道かもね。
    遊びはじめて、誰かがアガったら得点計算の説明。はじめてツモアガリされた時は、5点以上あるか不安になられていましたが、アガられたら笑顔になられましたので、ゲームの楽しさはこうした嬉しさの積み重ねだよなぁって思ったりやらしましたね。

    ゲームのほうは、アガられたりツモアガリもされましたけど、それ以上に稼いだので逃げ切り。2人から遊べますことを伝えると買おうか考えられていましたね。
    また、どこかですずめがチュンチュン鳴くかもしれませんなぁ。


    【5COLORS】
    4人プレイやとカードは100枚すべて使います。ゲーム中に何度かくるバーストするのかバッティングしちゃうのかの瀬戸際の1枚を伏せ合う時、めくる時にとこのゲームの面白い瞬間です。
    1枚だけでもしたたかに得点したりにと、出し抜けると嬉しいですね。
    バースト、バッティング、オールワンにとありました5COLORSでした。
    やっぱり、4人が好きかなぁ(*´∀`*)




    【Bastille】(初プレイ)
    エッセンで買ってこられたゲームを遊ばせて頂きました。
    こちらのゲーム感は、ランカスターが分かるならすぐに理解できるかな。
    手番では、8ヶ所あるスペースのどこかに自分のタイルを1枚配置します。タイルには1〜4の数字が書かれており拡張で5があります。数字は力であり、基本的には先にタイルを配置したら左から詰めていき、ラウンド終了時には、先にタイルを配置順にその場所ごとにアクションを行っていきますが、その際に、数字が大きいタイルがあるなら、そのタイルのプレイヤーから先にアクションを行います。それも同じなら先に置いた方です。


    つまり2、1、2、3とタイルを配置されたら3、2、2、1の順にその場所でアクションを行いますね。
    はじめは2、1、1のタイルしかありませんが数字を上げる場所やスタートプレイヤーが獲得できたり、人物が買えたり、目標カードの獲得にとどこに配置しようか悩ましいタイル配置によるワーカープレイスメントになるのかな。

    塔からの脱出の手助けによる得点やキューブによる得点もありますし、ラウンド毎の勢力によるボーナス、中間決算や最終決算によるボーナスと8ラウンドは遊び出すとあっという間でしたよ。


    はじめの方に得点は離してましたが、目標カードは1枚も達成できない辛さがありその差で負けたなぁ(´;ω;`)
    もっと、目標カードも引きにいくべきやったかな。あとは勢力かなぁ。
    勢力はボーナスが安定して獲得できると楽になるから、次プレイするならすることはなんとかなるかな。
    初プレイ3人が欲しいってなりましたし、よいゲームだ(*´∀`*)




    開店から閉店まで、しっかりと楽しみましたcomedyさんでした。
    初プレイに、久しぶりに遊んだゲームにやらどのゲームも何度でも遊びたいぞ(*´∀`*)
    時間が足りねぇが、まだまだ遊ぶぜヽ(´▽`)/
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    2周年になりました大阪中津にありますボードゲームラボさん
    0
      11月16日(金) 14時〜15時半
      大阪中津にありますボードゲームラボさんに行ってきました。

      階段を上がっていくと、壁が星のライトで照らされてのお出迎えをしてくれます。

      久しぶりにくると壁に大きなサイコロがあったりして、来る度に雰囲気が変わるお店ですね。

      最近、2周年を迎えられましてパーティーとかされたみたいです。
      仕事で行けなかったので、3周年記念は参加したいですね。

      ボードゲーム棚のほうも相変わらずの充実ぶりです。


      スタッフのオススメのボードゲームも紹介されていますので、気になりましたら遊んでみてはどうですかね(*´∀`)?

      販売スペースは、プレイヤー人数ごとにオススメされていたり、人気や新作コーナーもありますので、欲しいのは早めに買いましょう(・ω・)ノ







      買ったゲームや店内にあるボードゲームで遊ぶなら、こちらのスペースでどうぞ。

      テーブルにLINEやTwitterの告知もありますので、友達登録したりフォローしたりして、お得な情報をゲットしよう(・ω・)ノ

      この日は、ボードゲームの買い取りをして頂いたり、お話ししたり、SweetSの差し入れをしたぐらいでしたが、またイベントだったり遊びに行きますので、お会いしましたらよろしくお願いしますヽ(´▽`)/
      所長や助手がお出迎えしてくれはるボードゲームラボさんで、たくさんの実験(ボードゲーム)して下さいね。


      【営業時間】
      平日   13時〜22時
      土日祝日 12時〜22時

      【プレイ料金】


      【定休日】
      基本的には年中無休ですが、臨時休業はありますのでお店のTwitter等でご確認下さい。

      【住所】
      〒531-0072
      大阪府大阪市北区豊崎5-7-21レバンガ豊崎ビル301
      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      出張JELLEY JELLEY CAFE(ジェリージェリーカフェ) in 大阪
      0
        11月16日(金) 18時〜21時半
        大阪心斎橋で開催されましたJELLEY JELLEY CAFE in 大阪に参加してきました。
        服がたくさん並んでいます奥にカフェとかのスペースがありまして、4人ぐらいだと7卓ぐらいは遊べそうな広さですね。



        用意されていましたボードゲームは、パーティー系とかの大人数に対応しやすいゲームが多かったですね。


        参加者が少し増え始めたぐらいにゲームを開始。
        【ゴモジン】(初プレイ)
        ゲームマーケットでJELLEY CAFEさんから発売されますゲームを一足早く遊べました。お題カードに対して、親プレイヤー以外は漢字2文字、カタカナ3文字で当てて貰うようにします。
        書けたら解答して頂く順番タイルを獲得したらよいのですが、先に解答してもらう人が外す読みをしてあえて2〜3番のタイルを獲得摩るのもよいですよ。

        これはすぐに当ててもらえたかな。

        これは、他の解答もダメで正解にはいかなかったかな。なんだか分かりますか?

        親を2〜3周ぐらいして一番得点が高いプレイヤーが勝ちです。解答ポイントに当ててもらった際に漢字にカタカナがうまく使用できていたらボーナスもありますので、お互いにポイント獲得できるし、うまく当てて欲しいし解答したいゲームです。
        言葉遊びに文字遊びに楽しいゲームでした。

        【ザ・マインド】
        4人で一回失敗したらダメなルールで遊びました。一回すぐにアウトでしたが、そのあとは集中できたかな。それでもレベル3ぐらいでアカンなぁ。シンクロ大事。


        【あてっこついたて】
        久しぶりにプレイしたなぁ。お題に対して連想することを記入して、ダイスの出目だけ隣に回す。回ってきたボードは、自分だけは確認ができません。
        ゲームとしましては、手番が来たら質問をして全員が手で反応しますので、それから答えに辿り着くようにします。
        正解に辿り着いたと思ったら、質問はせずに解答して当たれば勝ちですね。
        家電製品とアニメのキャラクター(主役)でしましたが、自分の正解が『ルンバ』『野原しん○すけ』で、正解には辿り着けませんでした。
        あっさり終わったり、終わらなかったりはしますが好きなゲームです。連想する力は弱いけどね(-_-;)



        3つぐらいゲームが終わってから、お腹も空いてきましたので、カレーコロッケバーガーを頂きました。
        コロッケのボリュームがスゴいですよ。バンズは少し冷たかったけど、コロッケは熱々でしたね。

        他にはこちらのメニューがありましたよ。ライスとかも今度は食べてみたいです(*´∀`*)




        【スパイのウインク】(初プレイ)
        7人でプレイ。全員がスパイとなり、情報はウインクや目線でします。
        ゲームとしましては、カードで指定された相手にウインクをして、ウインクをされたプレイヤーは待ち合わせ場所を目線で合図します。手番になりましたら、誰にウインクをしてどこで待ち合わせをしているかを宣言してもよく、正解していたらポイントになります。自信がなかったり、相手にウインクが気づかれていないと感じるなら、手番でカードを交換しても大丈夫ですよ。

        でも、露骨にウインクをしたり場所を見つめすぎると告発により、相手や場所を当てられてしまうと得点されてしまいますので、さりげなくウインクしないとね(^_-)

        はじめましての方も何人かいましたので、少し恥ずかしかったですが頑張ってウインクしましたよ。
        うまく伝わりますと嬉しいですね。7人ぐらいで、ちょうど正解できたり告発も成功したりにと楽しめましたね。
        少し慣れは必要ですが、ウインクしまくればきっと大丈夫だヽ(´▽`)/


        【サフィーロ】
        窪みにタイルをはめていき、6個目をはめてまわりを囲めたら宝石を獲得できます。
        先に6種類の宝石を獲得するか、8個の宝石を獲得できましたら勝ちになります。

        はじめのほうは、窪みを無くしていくまでの準備ですが最後の方には、獲得されたらさらに獲得したらよいってしていくのがよいかな。

        リードはしていましたが、6種類の宝石を獲得されたので残念でした。
        ルールが窪みにタイルをはめるだけなので、とても遊びやすいですね。


        少しお話しを聞かせて頂いて、JELLEY CAFEさんにはボードゲームをはじめて遊ぶ方の来店が多いと言われていました。
        最新のゲームよりは、長く遊ばれてきているゲームのほうが人気みたいです。
        カタンやハケダカのえじき、ゴキブリポーカーとかが人気らしいです。
        今回は、大阪でのイベントで臨時JELLEY JELLEY CAFEでしたが、もしかしたら関西にもJELLEY JELLEY CAFEさんのお店ができる・・・かもしれませんね。
        普段、お会いしない方と一緒に遊べたり、一足早くにゲームマーケットで発売されます新作が遊べたりにとしましたイベントでした。
        また、機会がありましたら参加したいですね。その際には、お会いしましたら、よろしくお願いします(*´∀`)ノ
        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        賽翁でサフィーロ&SweetS
        0
          11月16日(金) 16時〜17時過ぎ
          大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました。
          この日は、ちょっとした先のお話しやらしたり、カウンター席でSweetSを頂いたり、購入したばかりの【サフィーロ】(初プレイ)を楽しみました。

          サフィーロのほうは、ボードにあります宝石のまわりをタイルで囲えましたら、囲ったタイルをはめましたプレイヤーが宝石を獲得できます。
          先に6種類の宝石を獲得するか、8個の宝石を獲得しましたら勝ちになりますよ。


          手番では、タイルを1枚選んではめたタイルの前後の色が合うようにするだけ。
          はじめは、すき間だらけなのではめていくのは楽にできるのですが、段々とはめることでリーチになる場所が出てきます。
          リーチを作ると他のプレイヤーが、宝石を獲得できるようなタイルを持っていなければよいですが、なかなか厳しいでしょう。

          でも、獲得されてもこちらも獲得したらよいですしゲーム終盤は加速的にゲームは早い展開になっていきますよ。

          今回は7対6であと1個のところで2個取りされてしまい逆転負け(´;ω;`)

          勝てたと思ったのに悔しい(。・ω・。)
          見落としがあったり、見落とされたりにとキレイな宝石を獲得するのも大変ですが、シンプル故に分かりやすい楽しさを感じましたね。


          1時間ほどでしたが、次に行きます場所がありましたのでお店をあとにしました。
          今度は、ゆっくりと珈琲でも飲みながらSweetSを頂きます(*´∀`*)
          みなさんも、ほっと一息しに賽翁さんに行ってみて下さいね(・ω・)ノ
          | ボードゲーム | 23:00 | comments(0) | - | - |
          Pingi Pongo
          0
            【タイトル】Pingi Pongo
            【プレイ人数】2人〜4人
            【年齢】5歳〜
            【プレイ時間】15〜20分
            【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
            【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

            今回紹介しますのは【Pingi Pongo】です。こちらのゲームは、シャチに注意しながらペンギンたちを無事に南極まで辿り着かせるのを目的としましたゲームです。
            ペンギンの家族が無事に南極まで辿り着けるかは、プレイヤーたち次第ですよ。

            ゲームで使用しますのはゲームボード、ペンギンコマ、シャチコマ、スペシャルダイスです。


            ゲームの準備としましては、テーブル中央にゲームボードを広げて置きます。
            各プレイヤーは好きな色のペンギンコマ1色を選びまして、ボード上部の氷山に配置します。こちらはスタート氷山になります。
            シャチをボードの一番下にあります氷路に配置します。
            最後にジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたら準備完了です。

            ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。
            自分の手番になりましたら、ダイスを一回振りまして出目に従い、自分のペンギンの中から1体を選び前進させます。
            前進のさせ方は、任意のペンギン1体を南極に向かって氷山か氷の上を移動させて下さい。
            各氷の上には、ペンギンは1体しかのりません。すでにペンギンがいる氷の上に止まる場合は、次のなにもいない所まで移動して下さい。氷山と南極には何体でもペンギンがのりますよ。

            氷の中にもヒビが入っている氷がありまして、氷の上にはのれますが、ヒビが入っています氷の上にいるペンギンが他のペンギンに追い越されましたら、そのペンギンは一番近い氷山まで戻ることになります。
            これは、自分のペンギンか他のペンギンのどちらで追い越しても起こりますよ。



            シャチのシンボルマークがあります氷の上にペンギンが止まりましたら、シャチを矢印の方向へ1マス、移動させて下さい。

            ダイスの出目が『青』なら氷山にいますペンギンを1体選んで、次の氷山まで移動させられます。
            でも、途中にシャチがいたり氷山にペンギンがいなかったりしたら氷山への移動はできませんが、どれか1体を1マスだけ進められますよ。

            ゲームは、誰かのペンギンコマを3体とも南極まで到着させましたら終了し、そのプレイヤーの勝ちになりますよ。


            ペンギンをトコトコと南極目指して移動させます可愛らしいゲーム。時には海の上を滑り近道をする。ヒビの入った氷の上には要注意。自分のペンギンも他のペンギンも通り過ぎられると後戻りしちゃいます。抜きつ抜かれつの分かりやすいルールですが、ダイスの出目による盛り上がりがありますし、戦略的にどのペンギンを動かしていくかの考えることもあり終始楽しめました。人数が多いほうが、ペンギンがよく進みますので展開が早いですが2人でじっくり遊ぶのもよいですかね。ペンギンにシャチのコマも可愛く幅広い年齢で遊べますゲームなので、機会がありましたら遊んでみて下さいね。


            | - | 00:00 | comments(0) | - | - |