SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
宝石がいっぱい!
0

    【タイトル】宝石がいっぱい!

    【プレイ人数】2〜8人

    【年齢】6歳〜

    【プレイ時間】15分

    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

    今回紹介しますゲームは、ライフタイムゲームズさんの【宝石がいっぱい!】です。

    こちらのゲームは、カードをめくりまし原石のデザインが出てきましたら宝石を獲得できます。

    順番にカードをめくっていき、すべての宝石が無くりましたらゲームを終了して、宝石に書かれている数字の合計得点が高いプレイヤーの勝ちになります。

    カードには、原石以外に鑑定士や怪盗のカードもありますので最後まで勝負の行方がわからないゲームになっています。


    ゲームで使用しますのはこちらになっており、両面が岩になっているのはハズレになります。

    ゲームの準備としましては、すべてのカードを岩の面にしてしっかりとよく混ぜます。

    混ぜましたら重ならないようにテーブルに広げます。

    宝石カードは1→15となるように1つの山札にします。15の宝石カードが一番下になるようにします。

    これで準備完了です。

    ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーを決めましたら時計回りで手番を行っていきます。

    手番になりましたら、岩カードを1枚選びましてめくります。

    めくりましたカードが岩カードなら、そのままにしておき手番を終えます。

    原石カードなら、原石カードをゲームから除外(箱に戻す等)し、宝石カードの山札の一番上からカードを1枚獲得します。

    獲得しましたカードは、すべてのプレイヤーに見えるように手元に置いておきます。

    怪盗カードがめくれましたら、怪盗カードを除外してから他プレイヤーが獲得している宝石カードか鑑定士カードを1枚奪って下さい。

    誰もカードを獲得していないなら、奪うこと無く手番が終わりますよ。

    ゲームは、手番を順番に行っていき誰かが15点の宝石カードを獲得しましたらゲームを終了し、ゲーム終了時に一番得点を獲得していたプレイヤーが勝ちになります。

    鑑定士カードは2枚なら9点になります。

    3枚ならマイナス9点、4枚なら18点、5枚ならマイナス15点になります。


    「カードを1枚めくってみて下さい。」

    その一言とめくって貰うだけで、だいたいのことが理解できるゲームです。

    めくってみて岩ならハズレ、原石なら宝石の獲得、怪盗なら宝石を奪う、鑑定士は偶数で集めたいと説明もしやすい。

    1度めくった岩カードをまためくるなんてことも何度も起こって、自分の記憶は大丈夫かなって思うのも楽しさかな。

    ゲームの終了条件がすべての宝石が無くなることなんで、最後1枚が見つからないと少しだけ時間かかるかもですが、見つけるまでの時間もお楽しみ下さい。

    幅広い年齢で遊べますゲームなので、長く遊ぶならスリーブとかに入れないと強くめくるとカードが折れたり傷ついたりするので、気になる方は箱に入らなくなりますがスリーブを使用することをオススメします。

    機会がありましたら【宝石がいっぱい!】を是非遊んでみて下さいね(*´∀`)ノ

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    地下迷宮に潜る?海底に潜る?それとも呪う?
    0
      12月2日(月) 13時〜17時
      大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました。
      この日は、ふらっと行きましたのではじめは店主とゲムマの土産話をしたりしていました。
      中深煎りを飲みながら、苺のケーキを頂いて早めのおやつもしたかな。


      オープンから続いている賽翁ノートもNo.8になりまして、今回は表紙が凝っていますね。所々に賽翁が混じっています。
      来店された際にはNo.1から読んでみるといろんな歴史があって楽しめると思いますよ。


      ゆっくりしていましたら、知人が来店されましたので帰るまでにこちらのゲームを楽しみました。
      【アクアティカ】(初プレイ)
      はじめは同じ手札ですが、カードを購入したり土地を購入することで各々違った内容になってきます。
      目的としましては、ゲーム終了時に一番得点を稼ぐことで、そのために価値の高い土地を購入したり、カードを購入したりしていきます。

      ゲームが始まりましたら時計回りに手番を行っていき、手番になりましたら手札からカードを1枚プレイします。
      プレイして、お金や武力で土地を購入して個人ボードに差し込みます。
      土地にはアイコンがあり、アイコンを押し込むことで購入時にお金や武力を追加することもできます。
      土地には得点がありますが、購入しただけでは得点にはならず、アイコンを押し込んでいき、アイコンが消えたら得点化のアクションをすることで得点になります。
      得点化をしなければ、ゲーム終了時には0点になります( ̄▽ ̄;)

      アイコンは使用できるならアイコンによるコンボでアイコンを押し込んでいくこともでき、アイコンによってはカード購入や土地購入が安くなったり、アイコンを一気に押し込んだりもできますよ。

      ゲーム開始時からアクションマンタがありまして、こちらを条件を満たしてボーナスボードに送り込んでいったりして、誰かが4個のアクションマンタをボーナスボードに送り込むか土地かカードの山札が無くなりましたら、手番を一回ずつしまして終了になります。

      コンボ系ゲームは好きやけど苦手な1面もあるんですが、こちらのゲームは好みのタイプでした。初プレイ3人で一時間ぐらいかなぁで、初期カード以外の購入できるカードは9種類×人数分の枚数なんで1度遊べば効果も分かりやすいものばかりでした。
      勝てたと思いきや最後に逆転の得点行動をされて悔しい(;_q)

      説明もしやすい、何度も遊びたいタイプのゲームでした。



      終わってからは、近所のミロワールさんが営業されているとのことで、SweetSを買いに行きましてモンブランと和栗のロールケーキをほうじ茶と一緒に頂いて休憩。


      【呪術トリック】(初プレイ)
      マストフォローの切り札なしのトリックテイキングゲーム。カードは1〜14で、3人なら3色使用します。
      カードは、3枚をランダムに抜いて残りは配りきりましてゲームスタート。
      はじめに出されたカードと同じ色が手札にあるなら出さなくてはいけないマストフォロー。勝つと呪いを受けることになります。勝った時にはその色で一番大きい数字なら、そのカードは自分の前に置いておき、残りは裏向きにしておく。
      その色は呪いとなりそのままだと得点にならなかったりします。

      呪いを解くには、その色でトリックを獲得出来なかった際に一番小さい数字を出していたり、他のプレイヤーがその色でより大きい数字カードでトリックを獲得したりすると呪いが解除されたり移ったりしますよ。

      裏向きのカードは基本的に得点になりますが、呪いを受けていたら得点にならず2色集めていたら0点。
      3色の呪いを受けると即ラウンド終了して失点になります。

      1ラウンドは、全員の手札の偏りもキツくて理解できないまま終わった。
      2ラウンド目以降はどうにかこうにかなりましたが、呪いの解除が大変ですね。
      トリックテイキングゲームをいくつか遊んだりしていないと混乱しちゃうかも。

      3人での感じが分かったので、4人で遊んでみてどうなるかが楽しみかな。


      【地下迷宮と5つの部族】(初プレイ)
      こちらは、マストフォローの切り札ありのトリックテイキングゲーム。
      ゲームとしては、ラウンド終了時に誰かの駒が61〜70点にあったらゲームを終了し「66」に近いプレイヤーが勝ちになります。

      3人で遊んだ際には25点からスタート。
      ゲームの流れとしましては、ラウンド開始時には、各プレイヤーはカードを所持していません。
      スタートプレイヤーから順番に場にありますカードを得点を支払うことで手にしていきます。これは全員の手札が8枚になるまで行います。
      カードは数字が小さいカードほど安く手には入りやすいですが、トリックを獲得しにくくなります。
      切り札カラーや数字の高いカードは、高く手に入れることが多くなり得点が下がっていきます。
      ※カードの並びは、数字が小さい→大きい→切り札となります。カードを手に入れたら山札からすぐに補充されます。

      全員がカードを8枚獲得しましたら、任意でランクコレクション(同数字3〜5枚)、各色1枚ずつコレクション等を見せてトリック開始前のボーナス得点が獲得できたりします。
      はじめにカードをプレイするプレイヤーは、集めたカードの数字合計が小さいプレイヤーからになり、また本当かどうかを左隣のプレイヤーに確認してもらいます。
      手札を見られて悲しいですが、ボーナス点はありますよ。

      誰がどのカードを獲得したか、特に切り札カラーは勝負の行方を左右するカードなので気にしなくてはいけません。
      ラウンド中は、トリックを獲得するごとに5点を獲得できるのでまずないですが最大で40点獲得できます。
      カード購入で、それなりに得点も減りますから下手をするとラウンド開始前より得点が低いこともあったりするので、勝ちたいけどカード購入はどのようなバランスにするかと悩ましかったですね。
      プレイ時間は30分とありますが3人で5〜6ラウンドぐらいはしたと思うので、4人〜5人だともう少しかかるかもなぁ。

      最後に1トリック獲得できればで届かずで負け。遊びたかった「命中」がリメイクされるなんて嬉しいです。
      しっかりとした得点マット付きとかも嬉しいです(得点のミスプリントだけ残念)。
      カードのイラストが全部ユニークなんで、これもすごい。


      是非遊んでみて欲しいトリックテイキングゲームでした(*´∀`)ノ

      この日は、初プレイゲームばかりでルール説明や一緒に確認しながらにとありがとうございました。
      また、ご一緒しましたらよろしくお願いします(*´ω`*)
      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      そのダイスが残せると思ったかい?
      0

        11月30日(土) 18時半〜

        京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。

        この日は、2つのゲームを楽しんでいきましたよ。


        【ノコスダイス】

        新版のノコスダイスは初プレイかな。はじめてノコスダイスを遊んだのも2年以上前でずっと欲しかったゲームが新版になるとは、嬉しい時代ですよ。

        ゲームのほうは、トリックテイキングゲームでカードとダイスを使います。

        今回は4人で遊んだので4色各0〜7の数字カード、ダイス4色を使用かな。

        カードはしっかりと混ぜての配り切ります。ダイスははじめにランダムに2個受け取り振りまして手元に置いておきます。

        スタートプレイヤーを決めましたら残りのダイスを順番に1個ずつ選んでいきます(うち4個は毎ラウンド、ランダムに使用しません)。

        全員がダイスを5個になるように取っていきましたら、ダイスが1個余りますのでそれが今回のラウンドの「切り札カラー、切り札数字」になります。

        トリックは、マストフォローで行われスタートプレイヤーが手札からプレイした色のカードがありましたら必ずプレイしなくてはいけません・・・。

        あぁ、言い忘れていたのですがこのゲームはダイスもマストフォローでプレイしなくてはいけませんので、手札にその色のカードがなくてもダイスがあるならプレイしなくてはいけません。

        ダイスに関しては、5個中4個まではトリックに使用することとなり、最後に残りました1個はこのラウンドで自分が何トリック獲得できるかを決めるためのダイスになります。

        例としてはラウンド終了時に5トリック獲得していた時に、1トリックにつき1点になり5の出目のダイスが残っていましたら他に的中させたプレイヤーに応じて10〜30点のボーナスを獲得できます。

        1人だけ的中させるのが一番良いボーナスを獲得できるので、そうなるようにトリックを獲得したりさせたりとするゲームかな。

        カードを配られてからダイスを選んでからのトリックテイキング。または、ラウンド開始時に1トリックも獲得しない宣言をしてのダイスを1個選んでゲームから除外したりもできます。

        ラウンド中に1トリック獲得したら、ボーナスはないから最後までドキドキですよ。

        人数分のラウンドをして1〜3ラウンド目は、ボーナスを獲得できなくてキツかったぁ。

        みんなで「このトリックが獲得できなくて残念だったなぁ(棒)」となりながら、ダイスの出目通りのトリック獲得を目指して遊びました。

        ルールの説明書も分かりやすくなっているのと、カードも数字に小さな黒点がありますので、6と9を間違えないようにしてあったりと新版になるにあたり、デザインを良くしようとして遊びやすくなっています。

        また、たくさん遊ばれたいゲームの流通にトリックテイキングゲームを好きな人が増えると嬉しいですね。


        【SCOUT!(スカウト!)】

        4人でプレイ。誰かがカードをプレイし出したら止まるまでラウンドは終わらねぇ。

        プレイかスカウトかにと自分が得点を獲得するために攻めるか機会を伺うかにタイミングを誤ると大量失点になります。

        枚数が多いほうが勝つから数字が小さくても連番とかは強い。突然のフォーカードは「これはマズイ・・・。」とダブルアクションで反撃。

        1ラウンドも短くて、ラウンドによっては厳しい手札なこともありますので、被害は最小限にね。

        もう少し、説明をうまくせねばならない。


        久しぶりに遊べたノコスダイス。

        最近よく遊びますスカウトにとありがとうございました。

        また、ご一緒しましたらよろしくお願いします。

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        無礼講ースター
        0

          【タイトル】無礼講コースター

          【プレイ人数】2人〜5人

          【年齢】対象20歳〜

          【プレイ時間】20分〜

          【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆

          【オススメ度】★★★★★☆☆☆☆☆

          今回紹介しますのは、クラフトビール醸造所「ヤッホーブルーイング」さんの【無礼講コースター】です。

          こちらのゲームは飲み会「無礼講」を自然に楽しめますコースター型トークゲームです。


          ゲームで使用しますのはYES/NOコースター、テーマコースターです。

          ゲームの準備としましては、みんなでカンパイをして、一番ビールが減っている人が最初の親になります。

          親以外のプレイヤーはYES/NOコースターを受け取りまして、 親はテーマコースターを受け取り裏向きにしてよく混ぜます。

          混ぜましたら山札としまして、テーブル中央(みんなが見える位置)に置いたら準備完了です。


          ゲームの流れとしましては、親はテーマコースターを1枚表向きにして場に置きます。置きましたら、みんなに聞こえるように読み上げましょう。

          読み上げましたら、親はコースターに対しての回答を考えまして、みんなに見えないようにYES/NOコースターを表向きにして、ビアグラスで隠して下さい。

          ※お茶でしています。

          親以外のプレイヤーは、親がどちらにしたかを考えてYES/NOコースターをビアグラスで隠します。

          隠しましたら、親以外のプレイヤーは一斉にグラスを持ち上げて回答を公開します。

          公開しましたら、その回答にした理由を親の左隣のプレイヤーから時計回りに話していきます。


          みんなが話し終わりましたら、親はビアグラスを持ち上げて回答を公開して、その理由を話します。

          話しましたら、正解者の中から一番理由が近いと思う人を選びましてテーマコースターを渡します。

          受け取りましたプレイヤーは、得点として手元にコースターを置いておきます。

          親役は左隣に移りまして、同じ様な流れをし、親が一周しましたらゲームを終了します。

          手元にありますテーマコースターの高さを比べまして、一番高いプレイヤーが勝ちになりますよ。

          ※盛り上がりにより何周でもよいみたいですよ。


          上下関係や立場に関係なく楽しめる飲み会が無礼講。その無礼講を実現させるために開発されたみたいです。

          ゲームってよりは、トークを楽しむために遊ばれてみるのがいいかもです。

          コースター等は、しっかりと防水加工がされているみたいなので、キンキンに冷えたビール等を飲みながら楽しんでみて下さいね。

          | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
          景色は奇数が欲しい。宝石はいくらでも欲しい。
          0
            11月27日(水) 18時半〜19時過ぎ
            京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
            この日は、仕事終わりにふらりと寄り2個のゲームを遊んで帰りました。

            【しずおか冨嶽六景】(初プレイ)
            3人でプレイ。6種類各6枚のカードを使用します。
            カードをしっかりと混ぜて、カードを全プレイヤーに配りきります。こちらは手札になります。
            手番になりましたら、手札からカードを1枚選びまして場に出します。カードを出しましたら左隣のプレイヤーが、自分を含むプレイヤー1人に出されたカードを裏向きに手元に置きます。
            置きましたら手番が移りまして手札からカードを出し、左隣のプレイヤーが・・・っと、すべてのプレイヤーの手札が無くなるまでプレイします。
            手札が無くなり、最後のカードが誰かの手元に置かれましたらラウンドを終了します。
            手元にあるカードをすべて表向きにしてしまして、種類別に分けます。
            カード枚数が奇数ならプラス点、偶数ならマイナス点になります。



            ある程度は覚えていて調整はできますが、カードを出したら左隣のプレイヤーにカードを振り分ける権利があるので、奇数にしていても偶数にされたりします。
            5枚ならプラス5点で最高ですが、6枚ならマイナス6点で最悪ですね。

            覚えられないことはない、覚えられないことはないんだ・・・グフッ(吐血)


            【宝石がいっぱい!】
            めくれば宝石が出てきたらいいなぁ〜って考えながらめくるけど、宝石なんて出てきやしねぇ(T△T)
            鑑定士に騙されてマイナス点になったりやら、怪盗で宝石を奪い奪われにとしました。めくったところはまためくる記憶力だよ( ゜o゜)



            遊びやすさと説明のしやすさとすぐに2回遊びましたね。

            初プレイ2人ともに気に入って頂けました。

            ホンマに短時間でしたが、ご一緒して頂きましてありがとうございました。
            また、お会いしましたらよろしくお願いします。
            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |