SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
現在、毎日0時更新なのでよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
KNISTER(クニスター)
0
    【タイトル】KNISTER(クニスター)
    【プレイ人数】1人〜12人
    【年齢】8歳〜
    【プレイ時間】15分
    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★★☆☆

    今回紹介しますのは【KNISTER】です。
    こちらのゲームは毎ラウンド、すべてのプレイヤーは2個のダイスの出目を合わせた数字を5×5の枠のどこかに書き込んでいき、25ラウンド終わりましたらすべての枠が埋まっていますのでタテ、ヨコ、ナナメの列ごとに数の組み合わせによる得点を書き込み、合計得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

    ゲームで使用しますのはペンとダイスと得点シートです。

    ゲームの準備と流れとしましては各プレイヤーに得点シートとペンを配ります。ペンは4本しか用意されていませんので、足りない場合は他の筆記用具を使用して下さいね。
    ジャンケン等でスタートプレイヤーが決まりましたら、そのプレイヤーはダイスを2個とも振ります。すべてのプレイヤーはダイスの出目の合計を5×5の枠のどこかに書き込みます。
    全員が書き込みましたら、時計回りに次のプレイヤーがダイスを振り同じようにします。この流れを25回しましたらゲームは終了します。



    ゲームが終了しましたらすべての枠に数字が書き込まれていると思いますのでタテ、ヨコ、ナナメごとに数字の組み合わせで得点が獲得できます。
    組み合わせは2ダイス、3ダイス、4ダイス、5ダイス、2ペア、7があるストレート、7がないストレートです。
    同じ列にその組み合わせがあればよいので、ストレートにフルハウスその他にとキチンと数字が並んでいなくても得点になりますよ。

    ナナメだけは得点が2倍になりますので、うまく得点が高くなるように数字を組み合わせるとよいと思います。
    すべての列の得点を合計しまして、一番合計得点が高いプレイヤーが勝ちになりますよ。


    何回も遊んでいますが、25ラウンドとも同じ出目をみんなでそれぞれが記入していますのに、ゲーム終了時にはまったく合計得点が違います。
    期待値としましては7は出やすいはずですが、そんなこともないゲームがあったりまったく出ない出目があったりと何回遊んでも違う展開が楽しめますよ。
    ダイスの出目を信じながらも自分でうまく勝てるように数字を書き込んでいって下さい。
    プレイヤー人数も1〜12人と幅広く遊べますゲームで、ダイスゲームとしてオススメですので、是非楽しんでみて下さいね(*´∀`*)

    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
    海底探険
    0
      【タイトル】海底探険
      【プレイ人数】2人〜6人
      【年齢】8歳〜
      【プレイ時間】10分
      【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
      【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

      今回紹介しますのはオインクゲームズさんの【海底探険】です。
      こちらのゲームは一攫千金を目指す探険家が集まりまして、海底遺跡に財宝を取りに行くというものです。
      全員ライバル同士ですが我々は貧乏探険家なので、1つのオンボロ潜水艦を共同で借りているのです。オンボロ艦なので空気タンクも共有です。財宝を取らないと一攫千金となりませんが、空気がなくなる前に潜水艦に帰れないなら、あなたは財宝ともに散ることになるでしょう・・・。

      そんなゲームで使用しますのは特殊ダイス、探険家駒、空気マーカー、潜水艦ボード、ブランクチップ、遺跡チップです。

      特殊ダイスは1〜3の出目にしかなく、遺跡チップはレベル1〜4に分かれていますよ。

      ゲームの準備は潜水艦ボードを置きまして、空気マーカーを25に置いて下さい。
      次にすべての遺跡チップを裏向きにしましてレベルの低い順に並べて下さい。
      並べて方は一列になるようにし、並べ方は適当で大丈夫です。
      最後に各プレイヤーは好きな色の探検家コマを1つ受け取りまして潜水艦に置き、ジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたら準備完了です。


      ゲームは3ラウンド行います。ラウンドごとにしますことは手番になりましたら4つの手順を行います。

      手順でする1つめは「空気を減らす」
      こちらは自分が持っています遺跡チップの枚数だけ潜水艦ボードする空気が減ります。前のラウンドで獲得しました遺跡チップは関係ありませんよ。


      2つめは「引き返すかの宣言」
      ダイスを振る前には進むか戻るかの宣言をします。戻るならコマの向きを変えてからダイスを振ります。宣言せずに振りましたらそのまま進みます。
      一度向きを変えると次の手番以降変えれませんよ。

      3つめは「ダイスを振りコマを進める」
      ダイスを振り2個合わせた出目の数だけコマを進めます。進む途中で他のプレイヤーのコマがある遺跡チップは数えずに飛び越えて進んで下さいね。


      ラウンド中に拾いました遺跡チップがありましたら、ダイスの出目合計から所持枚数だけ引いて進みます。引いてゼロやマイナスになるなら動けませんよ。


      4つめは「探索」
      こちらは止まりました場所で
      「なにもしない」
      「遺跡チップを拾う」
      「遺跡チップを置く」
      からを選びます。
      なにもしないはそのままの意味、遺跡チップを拾うはその場所の遺跡チップを裏向きのまま手元に置き、拾いました場所にはプランクチップを置いて下さい。遺跡チップは潜水艦に持って帰るまで表の確認はしてはいけませんよ。


      遺跡チップを置くは、止まりました場所がプランクチップだったなら、所持しています遺跡チップを置くことができますよ。
      プランクチップは、ストックに戻して下さいね。

      手順を4つ行いましたら左隣のプレイヤーに手番が移ります。これを繰り返していきましてラウンドは、全員が潜水艦に帰るか誰かの手番開始時に空気がなければラウンド終了になります。


      潜水艦まで帰れましたプレイヤーは遺跡チップを表にして確認します。表にした遺跡チップは財宝をになりますよ。

      潜水艦まで帰れなかったプレイヤーは、潜水艦から一番離れています遺跡チップの次の場所に持っていた遺跡チップを重ねて置いていきます。チップが3枚まで重なりましたら、4枚目は次の場所に置いていきますよ。


      重ねられた遺跡チップは次のラウンドで拾いましたら、3枚ではなく1枚扱いで空気を減らします。獲得しました際には3枚扱いになりますよ。

      すべてのプレイヤーが遺跡チップの処理を終わりましたら、場に出されていますプランクチップをすべて取り除きまして、できた隙間をすぐ後ろのチップで詰めて下さいね。


      一番潜水艦から遠かったプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーになります。全員帰れましたら最後に帰れたプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーです。
      ゲームは3ラウンド行いまして、3ラウンドの合計で一番多くの得点がありますプレイヤーの勝ちになりますよ(・∀・)
      同点ならより高いレベルの遺跡チップを所持しているプレイヤーの勝ちになりますよ。

      ゲームのほう、共通の空気を使用しますので誰がどのタイミングで遺跡チップを拾い出すかで戻れるか戻れないかの計算もしつつ、そんなのお構い無しにダイス運を信じるのも楽しいです。
      遺跡チップがあるだけ、進める歩数が下がるのがよいジレンマがありますし、たくさん持ち帰っても財宝の点数が低いと勝てなかったりやし逆もあるかな。
      ルールのほうも分かりやすいので、何人で遊んでも楽しめます。機会がありましたら、いっぱい財宝を獲得できるよう頑張って下さいね(*´∀`)ノ


      | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
      ダン×コロ
      0
        【タイトル】ダン×コロ
        【プレイ人数】2人〜4人
        【年齢】6歳〜
        【プレイ時間】60分〜120分
        【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
        【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

        今回紹介しますのは陽炎ゲームズさんの【ダン×コロ】です。
        こちらのゲームは、ダンジョンを探索して
        モンスターを討伐しレベルを上げたり、装備を魔法を集めたりして、最後にはプレイヤー同士で戦い最後まで生き残ったプレイヤーが勝ちってゲームです。
        ゲーム開始時にはステータスを振り分けられたり、レベルが上がってからもどのステータスを上げるかも決められますので、冒険しているような気分になれますね。

        ゲームで使用しますのはプレイヤーコマ、プレイヤーボード、ステータスマーカー、サイコロ、宝物トークン、ダンジョンタイル、コロシアムタイル、モンスターシート、モンスターHPマーカー、モンスターマーカー、モンスター保留トークン、各種カードです。








        カードに関しましては、説明書のほうに内訳は記載されていませんが許可のほう頂きましたので載せさせて頂きますヽ(´▽`)/
        デフォルトカード(16枚)
        ・ショートソード 4枚
        ・ウッドシールド 4枚
        ・ウェポンフュージョン 4枚
        ・シールドフュージョン 4枚

        宝箱Lv.1カード(23枚)
        ・ブロードソード 2枚
        ・パルチザン 2枚
        ・フランシスカ 2枚
        ・グレートソード 2枚
        ・ゴールドソード 2枚
        ・バックラー 2枚
        ・クロスシールド 2枚
        ・ナイトシールド 2枚
        ・ゴールドシールド 1枚
        ・へヴィシールド 1枚
        ・パワーグローブ 1枚
        ・マジックブローチ 1枚
        ・アイアンブーツ 1枚
        ・グロウペンダント 1枚
        ・ゴールドカード 1枚

        宝箱Lv.2カード(31枚)
        ・アイアンフレイル 2枚
        ・アロンダイト 2枚
        ・フォースブレイド 2枚
        ・雷切 2枚
        ・ミスリルスピア 2枚
        ・ディアボロスサイズ 2枚
        ・七星剣 2枚
        ・ミスリルシールド 1枚
        ・ホーリーシールド 2枚
        ・リフレクトシールド 2枚
        ・巨神の盾 2枚
        ・マジックシールド 2枚
        ・ウォーリアバングル 1枚
        ・ウィザードリング 1枚
        ・パラディンガントレット 1枚
        ・ペガサスシューズ 1枚
        ・ラッキー 4枚

        宝箱Lv.3カード(7枚)
        ・エクスカリバー 1枚
        ・ゲイボルグ 1枚
        ・バハムートアックス 1枚
        ・レジェンドシールド 1枚
        ・フェニックスシールド 1枚
        ・ミラクルストーン 1枚
        ・ファルコンリング 1枚

        魔法カード(40枚)
        ・ファイア 3枚
        ・エクスプロージョン 4枚
        ・アイスニードル 4枚
        ・ホーリーアロー 4枚
        ・トルネード 4枚
        ・ワープ 4枚
        ・サンダーボルト 3枚
        ・アーススパイク 4枚
        ・スーパーフュージョン 3枚
        ・シールドブレイク 2枚
        ・アクセルブースト 1枚
        ・スティール 1枚
        ・エナジードレイン 3枚

        モンスターLv.1カード(9枚)
        ・ゴブリン 3枚
        ・サハギン 2枚
        ・スケルトン 2枚
        ・ゴースト 2枚


        モンスターLv.2カード(9枚)
        ・キマイラ 2枚
        ・イフリータ 2枚
        ・ワイトキング 2枚
        ・トロール 2枚
        ・ドラゴン 1枚

        マップカード(5枚)
        ・7タイルマップ 1枚
        ・8タイルマップ 1 1枚
        ・8タイルマップ21枚
        ・9タイルマップ 1枚
        ・11タイルマップ 1枚

        NPCカード(2枚)
        ・NPC:鍛冶職人 1枚
        ・NPC:商人 1枚

        順番カード(4枚)
        ・順番11枚
        ・順番21枚
        ・順番31枚
        ・順番41枚

        サマリーカード(4枚)
        ・サマリー 4枚

        と大ボリュームですね。
        ※画像をのせていないのは、ゲームを遊んだときの楽しみにして下さいね。

        ゲームの準備としましては、各プレイヤーは好きな色を1つ選びまして、選んだ色のプレイヤーボード、プレイヤーコマ、サイコロ、ステータスマーカーを受け取ります。

        次に各プレイヤーにはデフォルトカードを配ります。こちらは全員同じカードです。 さらに魔法カードをランダムで1枚受け取ります。
        剣と盾のカードは初期装備になり、キャラクターボードに配置しますよ。

        次はゲームモードの選択をします。
        少し短く遊ぶならshortモード(60分)
        長く遊ぶならlongモード(120分)
        です。プレイ時間は目安ですが、プレイヤー人数やテンポによって短くなったり長くなったりはしますね。
        目的は同じですがlongモードは、より強力な装備を入手できたり、手強いモンスターが現れたりしますね。
        決まりましたら、それに対応するフロア情報カードを準備しますよ。

        準備できましたら、キャラクターの初期ステータスを割り振ります。
        ステータスマーカー6つのうち1つをEXP00に置き、もう1つをHP12に置きます。
        残りの4つは「筋力」「強靭」「魔力」「俊敏」の合計が5になるように割り振って下さい。筋力5で残りが0とかでも構いませんよ。
        「筋力」は攻撃時に参照し「強靭」は防御時に参照します。
        「魔力」は魔法使用時に参照しますし「俊敏」は高いほど行動順が早くなり、一定値になると特殊能力が解放されていきますよ。
        ステータスの割り振りが終わりましたら、俊敏値が一番高いプレイヤーから順に順番カードの1から受け取ります。
        順番は、俊敏値が同じか超えない限りは変わりませんよ。

        次にダンジョンフロアを作成します。マップカードを1枚引いて公開して、記載されている通りにダンジョンを配置します。
        スタートタイルとゴールタイルは事前に抜き出しておき、他のダンジョンタイルは裏向きでランダムに選んでください。
        ゴールタイルを裏向きにして他のダンジョンタイルと一緒に混ぜて裏向きに配置して下さいね。


        最後に宝箱カード、モンスターカードをレベルごとに分けて魔法カードも裏向きでしっかりとシャッフルし山札とします。
        モンスターシートやマーカーも置いておきます。
        NPCカードも置いておき、商人カードの隣に現在と同じフロアのレベルの宝箱カードと魔法カードを並べて置きますよ。
        各プレイヤーが、順番にスタートタイルにコマを配置しましたら準備完了です。

        ゲームの流れとしましては、順番1〜4の順に手番を行っていきます。
        手番では5つのアクションから2アクション実行できます。
        俊敏値が7以上になれば3アクション実行可能です。
        選択できるアクションは
        ・移動(1マス)
        ・待機
        ・武器攻撃(手番で1回だけ)
        ・魔法攻撃(手番で1回だけ)
        ・NPC呼び出し
        です。
        各アクション前に方向転換と装備の入れ替えは自由に行えますよ。

        ・移動
        こちらは他プレイヤーやモンスターがいなければ周囲8マスの好きなマスに移動ができます。
        移動する際に裏向きのタイルに移動するなら移動先を宣言してからタイルをめくって下さい。タイルをめくる方向は自由ですが、めくってから向きを変えたりはできませんよ。
        移動先にモンスターがいましたら移動失敗になり自動的に武器攻撃のアクションになりますよ。


        ダンジョンタイルをひっくり返して、タイルに宝箱マークがあれば宝箱トークンを置きます。宝箱トークンがあるマスに止まれば報酬を獲得できますよ。
        獲得できます報酬は宝箱カードか魔法カードです。B1Fなら1枚、B2Fならどちらか2枚を獲得できますよ。
        報酬を獲得しましたら、マスに置いてありましたら宝箱トークンは除去しますよ。


        モンスターマークがありましたらモンスターマーカーを、モンスターシートの番号が若い順に置きます。
        複数のモンスターマーカーがあるならどちらを若い順にするかは選べますよ。
        モンスターマーカーを置きましたら、モンスターカードの山札からカードを引いてモンスターシートに置いて下さい。
        モンスターカードは、B1Fならlv.1からでB2Fならlv.2から引きますよ。



        ・待機
        こちらはその場に待機してHPが2回復します。

        ・武器攻撃
        こちらはコマが向いている方向1マスへの武器攻撃を行います。攻撃範囲は武器によって変わったりしますよ。
        武器攻撃を行う際には攻撃ロールを行いましてサイコロの出目により計算式が変わります。
        1はミスでダメージ0
        2〜5は通常ヒットで筋力 武器攻撃力
        6はクリティカルヒットで筋力×2 武器攻撃力
        です。
        武器攻撃は手番では1回しか行えませんが、俊敏値が4以上になれば手番中に2回行うことが可能になりますよ。

        ・魔法攻撃
        手札の魔法を使用。使用の宣言をして公開します。カードに効果が記載されているので、その通りに処理をしたら使用した魔法カードは破棄し捨札になります。
        プレイヤーが対象でしたら、対象になりましたプレイヤーはサイコロを振りまして6が出ましたら回避成功になり、魔法は無効になります。
        魔法も手番中に1回しか行えませんが、俊敏値が2以上になれば1手番中に2回まで行うことが可能になりますよ。
        魔法を使用しましたら、手番終了時に山札から魔法カードを1枚引けますよ。
        1手番で魔法を2回使用しても引けるのは1枚だけですよ。

        ・NPC呼び出し
        2アクション消費することで商人か鍛冶職人を呼び出せます。
        商人は場に並んでいますカードを購入できます。購入は手札から同価値以上のカードを渡す必要があり、複数枚のカードを渡して同価値以上にしても構いません。
        購入は1度には1枚しかできませんし、多く支払ってもおつりはないですよ。


        鍛冶職人は、手札にあります武器または盾カードを合成したい能力と同価値以上のカードを渡せば、そのカードを合成したりできます。カードは複数枚渡すことも可能ですがおつりはなく、1度に合成できるカードは1枚だけですよ。
        鍛冶職人に渡したカードは、商人の商品になりますよ。


        モンスターに武器攻撃をする際には「攻撃ロールの結果」から「モンスターの防御力」でダメージ計算を行います。
        武器攻撃、魔法攻撃問わずにモンスター討伐ができましたら、モンスターカードの下部に記載されていますEXP(経験値)と宝箱カードか魔法カードを獲得できます。
        討伐できなくても1EXPは獲得しますよ。
        討伐したモンスターカードは破棄して下さいね。

        全プレイヤーの手番が終わりましたら、モンスターが攻撃してきます。
        攻撃はモンスターシートの若い番号順に処理を行いますよ。
        モンスターの攻撃範囲に入っていますプレイヤー全員がモンスターから攻撃を受けまして防御ロールを行います。
        防御ロールは他プレイヤーからの武器攻撃を受ける際にも行いますよ。
        防御ロールで出目が
        1なら強靭のみで防御
        2〜5なら強靭 防御力
        6なら強靭×2 防御力
        ですよ。
        攻撃力から防御ロールの結果でダメージ値を計算して下さいね。
        モンスターから攻撃を受けましたらEXP1を獲得です。

        EXPが一定値獲得するとレベルが上がります。レベルが上がりましたら、最大HPと能力Pが増加します。
        増加した最大HP分は体力が回復します。


        増加した能力P分は好きな能力に割振りますが、獲得した分だけ動かして下さいね。

        ダンジョン探索をしてゴールタイルの中央に移動しましたら、そのフロアから抜けます。抜けましたら次のフロアが開始されるまで手番アクションは行えなくなりますが、手番がまわってくるたびにEXP1を獲得します。
        抜けました際には宝箱カードをプレイヤー人数-1枚を引き、その中から1枚を獲得しますよ。残りは次に抜けたプレイヤーが同じように選びます。
        残り1人になりましたら、そのラウンドの終了時に現在のダンジョンフロアが崩壊し次のフロアへ移りますよ。

        ダンジョンフロアでの探索が終わり、コロシアムパートになりましたらコロシアムタイルを配置して、プレイヤーコマを配置します。
        各プレイヤーはHPを最大まで回復させてバトルロワイヤルの開始ですので鍛えた技で勝ちまくって下さいね。
        ラウンドですることはダンジョンパートと変わらないですが、コロシアムパートではEXPを獲得はしません。
        最後まで生き残りましたプレイヤーが勝ちですよ。



        遊んでみまして、ゲームは毎回マップがランダムに作られますので違う展開が味わえます。はじめのキャラクターのステータスも好きに割り振れまして、ゲームが始まる前から楽しくなりますね。
        宝箱からアイテムを獲得したり、はじめは苦戦しながらもモンスターと戦うことで経験値を稼いでのレベルアップ。レベルアップすることでステータスをアップできたりしますし、獲得した武器や防具は装備を入れ替えたり合成することでより強くなったりとキャラクター育成を楽しみながら、最後の戦いに向けて力をつけていきます。
        ショートゲームだとB1F→コロシアムの60分、ロングゲームだとB1F→B2F→コロシアムの120分のゲームで各プレイヤー、ショートだとレベル4〜6、ロングだとレベル5〜10ぐらいでのコロシアムになるかな。
        手番ですることも2アクションなので、ゲームは比較的にスムーズに進行しますが、レベルアップをするのにわざとモンスターになぐられての経験値を稼いだり、死亡時のデメリットも少なく、わざと死ぬこともロングゲームでは有効になってしまうのは残念かな。一体に攻撃するより4体のモンスターに囲まれて攻撃されたほうが効率よさそうやしね。一応、ダンジョンで他プレイヤーを攻撃することは可能なんですが攻撃するほうは、手札を一枚捨てるだけで殴られたほうは、経験値が入ったりして死亡したらさらに経験値が入るしコロシアム以外での死亡に対する緊張感は少ないかな。せっかく他プレイヤーに攻撃できるのにする意味が薄いからもったいないかな。
        攻撃も防御もダイスによっては失敗、成功、大成功とあり戦う度には盛り上がる。魔法攻撃は何回か遊んでみて弱い場面のほうが少ない。攻撃された側はダイスを振り6の出目以外は相手の魔力 αのダメージがあるのと基本的に近づかなくても攻撃はしやすいし、近づいてもハリケーンとかは喰らうと手札もなくなるしでツラい(--;)
        コロシアム時は魔法→移動で距離取られると近距離型は2マス以上攻撃の武器を合成しないと厳しかったね。
        魔法のダイスロール回避はこのままでも、魔法使用時にHP1〜2でも減ったら違ったかもね。
        ロングでのコロシアムにて、レベルMAX同士は少しずつの削り合いになったからちょっとしたバランスが難しいなぁって思いました。
        ゲームは、先に書いてた通り育成に合成も楽しいし冒険だし多少の理不尽も楽しんだらよいんじゃないかな(*´∀`*)
        ショートゲームもロングゲームも違う楽しみ方ができますので、よかったらゆっくり楽しんでみて下さいね。



        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        賽翁さんで走る、振る、考える
        0
          4月20日(金) 17時半〜22時半
          大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました(^∇^)
          この日は18時から待ち合わせしていまして、早めに着きましたがお相手の方も早く来られていましたので早めの合流になりましたね。
          他に知り合いの方も来られていまして、一緒に遊びましたぜヽ(´▽`)/
          【クウィント】
          3色のダイスを使ってのチェックシートに記入。親プレイヤーの時は必ず出目は記入しないといけないし、できないならマイナスにチェックかな。
          記入して埋めるほど得点は伸びるし、埋め方次第でもっと得点は伸びます。今回は一回もミスにチェックしないで終われた(* ̄ー ̄)ニヤリ
          初プレイ二人も楽しんでくれて嬉しかったよ。



          【ワイルドバイキング】(初プレイ)
          赤、黄、青の船タイルがありサイコロを振りその色の出目が出たら宝石トークンを置く、黒なら好きなところに置ける。
          家の出目が出たら家の近くにある船タイルの宝石の競りが始まります。
          出目を出したプレイヤーから一回ずつ、その色に対応する装備カードを出すかパスをして一番多くカードを出したら宝石を獲得します。


          ゲームは宝石が無くなって船タイルに宝石を置かないといけなくなった瞬間に終わります。

          自分がたくさん持ってる色の装備カードの船タイルで競りが始まればよいけど、出目によってはうまいタイミングでは始まらない。ちまちま稼ぐかドカンと稼ぐのかとか競り方も大事。カードは装備補充の出目が出ない限り補充されないからね。
          簡単な競りなのに、ダイスで「はよ競らしてヽ(´▽`)/」「まだ出ないで(;・∀・)」とか言いながら楽しめました。


          【ドレスル】
          遊びたいと言われていましたので持ち込み。絵柄が「可愛い(*´∀`*)」って言われていましたがゲームが始まると「可愛くない(;・∀・)」とバッティングゲームならではもどかしさについて言われていました。今回も全然ファッションポイントを稼げなくて残念だったよ(´;ω;`)


          【アクアリウム・デザイナー】
          4人でのプレイははじめて。2人でのプレイと違ってパスが有効な場面があったりしましたね。カード1枚で最大6点獲得できるが、繋げ方によりだいたい3〜5点かな。
          50点以上は無駄のない配置じゃないと無理やなぁ。出来上がりがそれぞれ違って、動物がたくさん並んで可愛らしいね。



          【クニスター】
          今回は6〜9の出目が中心で80点超えたし勝ったと思いましたが、90点超えた方が居られました。5ダイスを待ち続けたほうがよかったかなぁ。ついストレート狙っちゃった。次は100点超えたいなぁ。


          【9人の探偵、9人の容疑者】(初プレイ)
          ゲームマーケット2018春に発売される予定のゲームです。1〜9の数字の探偵がいるけど、こいつらは実は容疑者でもある。
          しっかりとカードをよく混ぜてから、各プレイヤーにカードを2枚ずつ裏向きに渡して、一斉に表向きにする。表向きになったカードの探偵の証言から犯人を当てる。
          当て方に詳しい遊び方はMob 宮野華也さんのTwitterで(・ω・)ノ
          5〜10分で遊べて面白いけど、僕は勝てない(。・ω・。)


          【グレートウェスタントレイル】
          チューチュートレインならぬモーモートレインヽ(´▽`)/
          グレートウェスタントレイル♪♪
          走り始めたら止まらねぇんだよ・・・
          3〜4ヶ月ぶりで細かいところ忘れてなぁ。なんとかなく点数は取れてたけど、毎回小さなミスの積み重ねで一人で勝手に点数伸びなかったね(。・ω・。)

          A面とB面のごちゃ混ぜで遊んだのがはじめてやったけど、また違うタイル効果おもろかったな。


          ちょっと、おじさんを買いすぎたかなぁ。

          結果としてはこんな感じでしたが、ゲーム終了と同時に体調が一気に悪くなって、心配かけてすみませんでした(´;ω;`)
          久しぶりに「あっ・・・これアカン」ってなったけど、なんとか持ち直せてよかった(;・∀・)

          久しぶりに遊んだら、また走りたくなるゲームだぜ・・・もう走りたくてたまらない。また、走りたがり屋を集めて走るかな。

          苺のモンブランに甘夏ミカンのパンナコッタを食べたりしながら、たくさん楽しみました賽翁さんでしたヽ(´▽`)/

          | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
          大阪八尾にありますボードゲームカフェ&ショップINST(インスト)さん
          0
            4月20日(金) 14時〜16時
            大阪近鉄八尾駅から徒歩2分のところにありますボードゲームカフェINST(インスト)さんに行ってきました。

            ビルの入り口に看板がありますので2階に上がりますと誘導してくれます。


            入り口がこちらです。

            店内入りますとボードゲームが飾られたりしていたり、久しぶりにきて分かってはいましたがボードゲームが増えているヽ(´▽`)/
            それでも棚はしっかりとキレイに並べられていますのは、素敵ですね。
            珍しいのも置かれてますよ。




            こちらのは買えますのが並んでいますよ。


            こちらはプレイ用のボードゲーム棚です。




            同人ゲームゾーンも充実していますよ。


            テーブルはこのサイズが3つと一回り小さいのが1つで24人ぐらいは座れますかね。

            店内の撮影が終わりましてからベーグルポテトセット、ナゲット、ペシェリキュールジンジャー、ピンクグレープフルーツと頂きました(*´∀`)
            飲み食いしながらのブログ更新は捗りますよ。


            他のメニューはこのようになっています。


            店長のてっちさん、店員のるっこさんの似顔絵があったり、ばっこちゃんとマレーバクのイラストに愛されているお店ですね。


            一周年記念商品もあるみたいなので、欲しい方はお早めに(・ω・)ノ

            みんなのらくがき帳が用意されていますので、よかったら来店時はらくがきしていってみて下さい。

            たくさんのイラストがありましたが、文字だけですが書かせて頂きました。

            欲しかった、気になってたボードゲームも帰る前に買わせて頂きました。袋にマスコットキャラクターがいて可愛らしい。

            あれやこれやと秘密のお話しやらしてのんびりさせて頂いての時間でしたが、今度来た時はゆっくり遊んで行きますので、よろしくお願いします(・ω・)ノ
            まだ、行かれたことない方は是非遊びに行ってみて下さいね。

            【営業時間】
            10:30〜22:30

            【定休日】
            水曜日

            【プレイ料金】

            【住所】
            大阪府八尾市北本町2-4-6加藤ビル2F

            【最寄り駅】
            近鉄八尾駅から徒歩2分
            | - | 00:00 | comments(0) | - | - |